なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


束石(台形金具付)

この金具の部分を指で弾くと、いい音がするのです。

おそらく未使用の束石

Keyword: パーカッショナイズ
更新日
2012/10/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

巨大な陶器製の壺

居酒屋で「全品二百八十円」を謳う、
巨大な壺のディスプレイです。
中国語で刻印が打ってあって、それによると
容量は1000升(リットル)だそうです。

「全品二百八十円」
別写真: 中国語の刻印

相撲の突っ張り稽古(鉄砲)みたいに、
力強く手のひらで叩いて音を鳴らしてみました。
パーカッショナイズとパワータッチの複合技とも取れます。
過去の類似記事: 中華料理店の壺(10/09/27)
前回のパーカッショナイズ: エキスポール(2)(11/04/13)
更新日
2012/02/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エキスポール(2)

埋没式の車止めです。
稼動中は写真のように、鍵付きの棒と蓋によって
ロックが掛かった状態になっています。

「エキスポール(R)」

蓋は本体と鍵の間なら動かすことができるため、
本体と触れるときに音が鳴ります。
ドラムセットのフットペダルみたいな動きです。
音声はこちら(mp3)
過去の類似記事: エキスポール(11/01/06)
前回のパーカッショナイズ: 真っ赤なドラム缶(11/03/26)
更新日
2011/04/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

真っ赤なドラム缶

太鼓に見えるものを叩いてみるシリーズです。
鮮烈なまでの赤の着色からすると、
これは防火用水なのかもしれませんが、
蓋は鋲打太鼓のように、完全に閉じられています。
ひょっとすると、いざというときは缶切りで
こじ開けるのでは…と想像してしまいます。
長期間保存可能な防火用水です。

赤一徹のドラム缶

前回のパーカッショナイズ: 金属製電柱(11/02/23)
過去の類似記事: 切り株を保護する金属板(11/01/02)
更新日
2011/03/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

金属製電柱

先日の神社のすぐ近くにあった、電話線の電柱。
なんと金属でできています。

メタリック電信柱

銘板には「2010 日鐵住金建材株式会社」とあります。
前に触れた照明柱(スミポール)なども作っているようです。

ここは軽く弾くように叩いて、音を鳴らしたいところです。
小さい金属音ですが、巨大な鉄琴が振動して周りに
音波を伝えていると考えるとワクワクします。
前回のパーカッショナイズ: 切り株を保護する金属板(11/01/02)
更新日
2011/02/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

切り株を保護する金属板

木の切り株。
痛まないように上面を金属板で覆ってあります。
縁の部分は丁寧に切り折りして釘で止めてあります。

端の処理が丁寧な切り株

木と金属が触れる端っこの部分も気になりますし、
あと全体的には和太鼓にも見えるので、
膜に相当する部分を叩いてみたくもなります。
前回のパーカッショナイズ: 送水口(消防隊専用)(10/12/30)
更新日
2011/01/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

送水口(消防隊専用)

金槌で板金したような素朴な蓋を、
ガムテープで止めてあります。
鉄製のその蓋は全面が錆びてしまっていますが、
プラスチック板と違い破壊される心配がなさそうです。

「送水口(消防隊専用)」

指の第二関節で、コツコツと叩いてみたくなります。
一種のスチール製ドラムみたいなもんです。
音階は鳴りませんけどね。
前回の消防隊専用: 使用中の消防用ホース(10/12/18)
前回のパーカッショナイズ: セロテープ5巻パック(10/04/12)
更新日
2010/12/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

セロテープ5巻パック

5巻セットで包装した、お買い得のセロハンテープ。
包装がドラムのヘッド(膜)みたいになっています。
音を鳴らすというと少々無理がありますが、
それでも指で軽くたたいてみたくなります。

「Scotch 透明粘着テープ お買い得5巻パック」

前回のパーカッショナイズ: 缶(10/01/14)
更新日
2010/04/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

指の第二関節で、コツコツと叩いて音を出してみました。

ラベルの取れた缶

前回のパーカッショナイズ: 蓋の開いたコーヒー樽(09/10/25)
更新日
2010/01/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

蓋の開いたコーヒー樽

傘立てか何かとして使っているでしょうか。
いままでコーヒー樽をドラムや太鼓に
見立てて触れたことがありますが
(コーヒー樽(07/08/14)樽のディスプレイ(09/05/20))、
今回は肝心の蓋が取れている状態なので
それができません。

しかし、架空の蓋があるかのように叩くこともできます。
エアギターならぬエアドラムですね。
残念ながら架空の音しか鳴らないのですが。

空き樽

よくよく考えてみれば、
というか考えるまでもないのかもしれませんが、
蓋じゃなくても側面を叩けばいい音がします。
前回のパーカッショナイズ: 公民館の木札(09/06/23)
更新日
2009/10/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

FC2 Management