なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


電球用カバー

針金製のカバーです。
熱い電球への偶発的なタッチから我々を守ります。

電球用カバー

網目のような徹底したガードではないので、
意図的に電球に触れるのは容易です。
今回は中身に触れてしまいました。
もちろん点いていたらアンタッチャブルです。
更新日
2015/08/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

テープをはがして使う非常ボタン

トイレの非常ボタン。

テープ on 非常呼出ボタン

体調のすぐれないお客様はテープを剥がして
コチラのボタンを押して下さい。

実際に緊急時にテープを剥がしている余裕が
あるのか…と一瞬思いましたが、
テープの上からボタンを押しても
何の問題もなく動作しそうで、一安心です。

あくまでも心理的な障壁としてのテープでしょうね。
物理的な防御力は意図的にゼロにすることで、
いざというときに使えないという
あってはならない事態を防いでいるんだと思います。
Keyword: アンタッチャブル
更新日
2015/05/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

「あやしい人に追われたら中のボタンを押す」

防犯用の非常通報ボタン。
これを押すと上にあるベルが鳴動するようです。

「あやしい人に追われたら中のボタンを押す」
別写真: 押しボタンの箱, 上にある非常ベル

110番は自動的になされるものではなく
あくまでべルに気付いた周りの人がするようですし、
そもそも万一のときこのボタンまで
たどり着けるのかという不安もあります。
でも非常ベルとそのスイッチという
原始的な仕組みだけを利用して、
少しでも街を安全にしようという意気込みは伝わります。
Keyword: アンタッチャブル
更新日
2015/02/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

踊るアンタッチャブルサンタ

踊るサンタさんです。

サンタさんスイッチオン

足元のボタンを押すと歌いながら踊ってくれます。

踊るサンタさん

「さわったらダメよ~ダメダメ」というプレートを
首からかけていて、サンタさん本体には
触れられないことを示しています。

可動部のある精密なサンタさんですから
扱いはデリケートになりますよね。
残念ながら握手もできません。
Keyword: スイッチオン, アンタッチャブル
更新日
2014/12/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

オレカバトルの筐体

ドラクエのひとくいばこみたいな筐体。
オレカバトルというゲーム機だそうです。

オレカバトル筐体

筐体のモチーフは、
パンドラという宝箱型のモンスター(?)のようです。
指を突っ込んだら蓋というか口が閉じて
いかにも噛まれてしまいそうな形状。
とはいえあくまでデザインなので実際は動かず、
当然触れても安全です。

ただし、開いた口の部分にあるカード取出口には

「カードでぐちのおくに、ゆびや
てをいれてはいけません。」

との注意書きがあります。
奥の部分は本当にアンタッチャブルなんですね。
更新日
2014/11/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

「危険 カエンタケ」(掲示)

引き続き平和公園の緑地内。
カエンタケという毒キノコへが付近で発見されたらしく、
それへの注意を喚起する掲示です。

「危険 カエンタケ」

「見つけましたら絶対に触らないでください。」

この真っ赤な指のような形状のキノコは、
食べて猛毒なだけではなくて、
触れるだけでも皮膚に炎症を起こしてしまうそうな。

幸いこのキノコを見つけたことはありませんが、
もし見つけていたら毒性のことなど露知らず
嬉々としてタッチしていたに違いありません。
だって色といいかたちといい魅力的じゃないですか。

アンタッチャブルなキノコが存在する。
これに限らず、タッチには未知の危険が伴うことを
心得たほうがよさそうです。
ちなみに私は、過去にやけどしそうになったことが
2回ほどあります…事故には気を付けましょう。

今回のタッチは掲示された写真に対してのものなので、
安全です。
更新日
2014/11/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

停電時洗浄ボタン

「環境に配慮した洗浄装置」をうたう木村技研製の、
水洗トイレの手かざしセンサー。
右下の凹んだ位置に、小さく
「停電時洗浄ボタン」というものが付いています。

「停電時洗浄ボタン」

やはり万が一にも水が流れないということは
重大な事態だとメーカーが認識しているのでしょう。
やはりバックアップシステムが必要ですよね。

このボタンは非常時に使われるボタンではありますが、
アンタッチャブルというわけでもなさそうですので、
水を流す時に押してみました。
(もしいけないのでしたらごめんなさい…)
凹んだ位置にあるので爪で押すような感じになりますが。

しかし、残念ながら作動しませんでした。
通常時は無効化されているのかもしれません。
Keyword: スイッチオン
更新日
2014/07/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

フロントガラス

車のフロントガラスと思わしきもの。
なぜか道路脇に落ちています。事故があったのでしょうか。

フロントガラスが落ちている

割れたガラスと言えば、「危険」という意味での
アンタッチャブルの代表みたいなものですが、
今回は全体がまんべんなくひび割れていて
飛散もほとんどなく(合わせガラスだからでしょうか)、
概ね一つの面であり続けているためか、
危険度は比較的少ないようにも見えます。
とはいえ慎重に触れますけどね。
手のひらでベタッと触れるなんてもってのほかです。
(とわざわざ書くということは、ちょっとだけ
そんなことをしてみたかったということです。)
更新日
2014/05/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

非常ボタンを守るテープ

エレベーターの非常呼出ボタン。
上下に金具があるので本来はカバーが取り付けられて
いたのだと思いますが、それが壊れたのでしょうか。
テプラか何かで「非常」と書いたテープを、
ボタン全面を覆うように貼ってあります。
手製で急ごしらえのような防衛策。

「非(受話器マーク)常」

一種の封印のような役割です。
守備力ゼロだけど、突破するためには
破壊しなくてはならない護衛を置き、
破壊を躊躇させることで本体を守るわけです。
そしてもちろん、万一のときは
躊躇なく容易に破壊できることも重要です。

タッチはいつも通り、表面にごく軽く触れるだけです。
Keyword: アンタッチャブル
更新日
2014/05/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ノーガード室外機

室外機のファンガードが一部破れていて、
中のファンが丸見えです。
さすがにこれは危険な状態。

室外機ファンガードの破れ

かつて扇風機のファンに指を突っ込んでみたいという
衝動に駆られたことのある人は少なくないと思いますが、
これはいくらなんでもそんな気持ちには
ならないでしょう…というぐらい、
ブルンブルン機体を揺らしながら
力強く回転していました。

もちろんタッチも、危険ゾーンから
遠く離れた安全な場所で行います。
Keyword: アンタッチャブル
更新日
2014/02/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

FC2 Management