なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


雪の結晶プロジェクションマッピング

夜のナディアパーク入口付近。
雪の結晶が地面でぐるぐる回っています。
プロジェクションマッピングというやつでしょうか。

投影された雪の結晶(1) 投影された雪の結晶(2)

もちろん実体のある物体ではないので、
さわっても地面のテクスチャーを感じるだけですが、
雪にさわってみます。
更新日
2016/12/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

彫刻「共生 '97」

丸栄の入口にある彫刻。
「共生 '97」というタイトルがあります。
作者名未記載。二人の女性の銅像。

「共生 '97」

衣服の部分のテクスチャーが特徴的です。

「共生 '97」(近くから)

正方形を凹ませたような模様。
部分的に規則正しく、ウエハースのようになっています。
Keyword: 握手
更新日
2016/10/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

雨上がりの手すり

丸い手すりの下に並行する、平らな金属の部分。
雨水による水たまりが半規則的に並んでいて、
模様のように見えます。

雨上がりの手すり

Keyword: 一次元テクスチャー
更新日
2016/09/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

歩道橋のスロープ

歩道橋の自転車スロープ。
滑りにくい緑色の素材を使ってありますが、
経年劣化でひび割れ、下地が見えかけています。

歩道橋のスロープ

下地は縞鋼板だったんですね。
Keyword: テクスチャー
更新日
2016/05/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

陶壁

日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)。
地下鉄金山駅から階段を昇っていくと
荒々しい陶器の壁が出迎えてくれます。

陶器の壁 陶器の壁(近くから)

ネットで調べると、加藤唐九郎さんのものらしいです。
といっても私にはピンときませんけどね。
とにかく、過剰なまでの立体感には好感が持てます。
Keyword: テクスチャー
更新日
2016/05/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

天神みくじ

上野天満宮。
牛の銅像の周りに、天神様の小さな人形がびっしりと。
「天神みくじ」とあります。

天神みくじ(横から)

上から見ると、

天神みくじ(上から)

二次元グリッサンド風なテクスチャーに映ります。
もちろん実際にグリッサンドすると倒れてしまうので、
上から手のひらでそっと押さえるだけにします。
更新日
2016/03/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

街の彫刻「樹」

広小路中央商店街の彫刻。
タイトルは「樹」で、作者は「共同制作・G-SSS」とあります。

「樹」

全体としては、緩やかなカーブを描く
ジャガイモか何かっぽい形の部分が、
木の葉っぱたちを表しているんでしょうね。

近づいてみると、

「樹」(テクスチャー拡大)

無数の小さな四角形を押し当てて凹ませたような
テクスチャーになっています。
個々の木の葉っぱ、ひょっとすると木漏れ日をも
表しているのかもしれません。
更新日
2016/02/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

日泰寺の滑り止め

覚王山日泰寺。

日泰寺本堂

本堂へ向かう広大なスロープは、
大理石製の凹凸による滑り止めになっています。

日泰寺滑り止め

Keyword: グリッサンド, テクスチャー
更新日
2015/12/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ドアの取っ手3態

別にコレクションするつもりもないのですが、
お店のドアの取っ手にいくつか触れたので挙げてみます。

異形鉄筋ドアハンドル
最初に、鉄筋コンクリートの鉄筋を使ったと思わしきもの。
異形鉄筋というのでしょうか。
引き抜き力に抵抗するための凹凸(リブ)があるのですが、
それがそのまま、手で掴んだときの滑り止めとしての
役割を果たしているのでしょう。
へーそんな使い方もあるのか、と思いますね。

ねじれ鉄棒ドアハンドル
次に、ねじり模様の鉄棒を使ったものです。
こちらは滑り止めが最初から装飾として
意図されているものでしょうね。

竹製?ドアハンドル
最後は竹製または木製のもの。
今までよりピッチは大きいですが、
やはり凹凸が付けられています。

今回は客でもない私が
勝手に開け閉めするわけにもいきませんし、
店の前で長居するわけにもいきませんので、
いずれも一瞬でタッチしただけです。
グリッサンドの余裕もありません。
Keyword: 一次元テクスチャー
更新日
2015/08/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

STEP POWER

「STEP POWER」とある鉄製段差スロープ。
滑り止めのテクスチャーが面白いですね。
これは何をかたどった模様でしょうか。

「STEP POWER」
別写真: テクスチャーとロゴ拡大

全体的には一枚一枚に半円が二つずつ描かれていて、
左右に連結することで半円どおしが繋がり
円の模様になります。
そして、それは三角形のコーナー部分でも
繋がるようになっています。
三角コーナー部分では半円どおしが重なり合います。

ところで、メーカーのロゴは「TS」と読めますが、
どこかで見たような気が…と検索すると、
須賀工業株式会社製の送水口や
散水栓の蓋が出てきます。
デザインが違うので間違ってるかもしれませんが。
参照: 送水口倶楽部 14/12/06の記事
参照: 東京蓋散歩 ~マンホール巡り~ 14/09/20の記事
更新日
2015/08/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

FC2 Management