なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


避雷針

ショッピングモールの屋上駐車場。
避雷針と思われるものが複数立っています。

避雷針

根元を見ると太い電線がつながっています。

避雷針のケーブル

よく見ると屋上の周囲(パラペットと言うんでしょうか)
にも、やはり電線が這っています。

建物の周りを這うケーブル

今回のタッチはリングタッチですかね。
でもせっかく電線に触れるのですから、
フレミングの法則とセットで習う「右手の法則」を
使ってタッチしてみたいところです。

右手の親指だけを開いて残りの指を軽く丸めると、
親指が電流の向きで、残りの指の回る方向が
磁界の向きに対応する、というやつですね。

ではさっそく…と思ったのですが、
実際に雷が落ちたとしたら
電流の向きはどっちなんでしょうか。
わからないので、両方の向きで触れてみます。
Keyword: リングタッチ
更新日
2015/12/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

踏切地蔵

名鉄上ゲ駅の南北の踏切にある踏切地蔵です。

踏切地蔵(上ゲ駅北) 踏切地蔵(上ゲ駅南)

Keyword: 握手, リングタッチ
更新日
2015/02/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

空き缶入れの穴

空き缶入れは、空き缶を投入する丸い穴が
二つ付いていることが多い気がします。
一つで十分な気がするのになぜなのか
理由はよくわかりませんが、
片方が詰まったときのバックアップみたいな
ものなんでしょうか。

「Coca-Cola zero」

今回のは縦に穴が並んでいて、ちょっと珍しい印象です。

両手を突っ込んで、裏で両手の人差し指どうしが
接触するかどうかを試してみました。
両手でリングタッチするかたちです。
実際は距離がギリギリで、どうしても
手のどこかが本体に触れてしまいます。
Keyword: リングタッチ
更新日
2014/03/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

中央分離帯の謎リング

先日の続き。普段は近づくことすらできない中央分離帯。
謎の金属製の物体が立っています。
現在は使われていない何かでしょうか。

中央分離帯の謎リング

結果として、その中は植え込みの低木が生えておらず
雑草の刈り取りも行われていない、
いわば無法地帯となっています。
自然にのびのびと植物たちが生えていますね。

リング状の部分に触れてみました。
Keyword: リングタッチ
更新日
2013/11/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

門扉のノブ

県庁本庁舎の分厚い門の扉。
リング状の取っ手も重量感があり、
特に付け根から離れた部分ほど太くなっています。

重厚な門扉の取っ手

今回はリングタッチではなく、
ノブでドアをノックするような動作をしてみました。
更新日
2012/11/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

異形ロープ止め

なぜ「異形」なのかはわかりませんが、
異形ロープ止めという名前だそうです。
縞鋼板の一部のようなしましまの凹凸は、
滑り止めなのでしょうか。

「LIFELEX 異形ロープ止め 丸型 φ13×900mm」

触れかたとしては、リングタッチ、グリッサンド、
ミミクリー(ロープを模倣する)が思いつきます。
更新日
2012/07/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

シーソーの持ち手

持ち手の部分はリングタッチができる形状です。
シーソーの反対側が着地する際に、
古タイヤのクッションで細かく何度もバウンドしますが、
指で作ったリングでその様子に触れることができます。

シーソー

前回のリングタッチ: 傾いたツリーサークル(12/02/10)
更新日
2012/04/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

傾いたツリーサークル

何度か出ていますが、街路樹の植えてある地面を保護する、
グリル状の金属板です(tree grillとも言うみたいです)。
起伏のある斜面上なので、地面とは相対的に傾いていて
隙間ができています。

ツリーグリルと地面の隙間

ということは、網穴とリングタッチができますね。
隙を突いたタッチと言えるでしょう。
前回のリングタッチ: 節穴(11/10/08)
更新日
2012/02/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

節穴

木板の節が取れて、穴が開いた状態です。
指が入る大きさなので、リングタッチが似合います。

穴の開いた板

指でぐっと押せば取れてしまいそうな節(別写真)
ありましたが、そっと触れるだけにします。
前回のリングタッチ: 護国神社の巨大茅の輪(11/07/15)
更新日
2011/10/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

護国神社の巨大茅の輪

愛知縣護國神社の茅の輪。
まるで巨大コイルの磁場の向きに従うように
ぐるぐるとくぐり、穢れを落としてきました。

夏越の大祓
別写真: くぐり方の解説文

今回は、まさにスーパーリングタッチと呼ぶに
値するような、スケール感のあるタッチになりますね。
両腕で抱えるように輪を作って、
カヤの束を抱きかかえるように触れてみました。
何とか手が届いて輪が作れる程度の太さです。
前回のリングタッチ: ワイヤーラックの星(11/03/09)
更新日
2011/07/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

FC2 Management