なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

埋設標「給水」

「給水」と書かれた埋設杭。
直角の矢印に沿って給水管が埋められているのでしょう。

「給水」

Keyword: 境界標
更新日
2017/02/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

「これより手前に駐輪願います。」

駐輪場と通路の境界を示す上下式ポール。
これがないと自転車が入口のドアまで
溢れてきちゃうんでしょうね。

「これより手前に駐輪願います。」

上下式の車止めポールは、歩車道の境界や
公道と私有地の境界を表すイメージがありますが、
これはそれらとは違う使い方です。
公道との境界に平行ではなく、垂直に二本並んでいます。
更新日
2015/11/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

角の丸くなったすみ切り

先日に続き、135度すみ切りの角。
長年の歩行者との接触によって角が丸くなっています。
河原の石が丸くなっていくのと同じですね。

角の丸くなったすみ切り境界

敷石のタイルも一部剥がれていますが、
切り口というか欠損部の境界も尖っていません。

境界標は通常の正方形タイプでした。
Keyword: 境界標
更新日
2015/09/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

岐阜信用金庫の境界標

135度のすみ切り境界標。
「岐信」と、漢字2文字で所有者を表しています。

「岐信」

Keyword: 境界標
更新日
2015/09/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

黒大理石の境界標

黒い大理石か何かの標石です。
土地に敷いてある石とお揃いになっています。
ちょっと離れてしまっているのが若干残念ですが、
それでも統一感をもたらすとともに
同一の所有者であることを強調する効果は十分です。

黒大理石の標石

Keyword: 境界標, デカルトタッチ

更新日
2015/09/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

山崎川の桜2015

毎年恒例、意味もなく続いている桜の花タッチです。

桜に夕日

先ほど意味はないと申し上げましたが、
後付けで強引に意味を考えてみるなら、
「季節の境目に触れる」ということではないでしょうか。

そして境目というのはつまり境界ですから、
実は当ブログの王道を歩んでいたわけです。
更新日
2015/03/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

矢印が太い境界標

JR武豊駅の境界標。
天面の矢印が太くて印象的です。
矢印だけで面積の何割かを占めている勢い。

境界標(地面に埋まっている)

上の境界標は地面に埋まっていますが、
埋まっていないものはこんなふうです。
前に八草駅で見た「工マーク」のやつですね。
線の太さも似ています(下記類似記事参照)。
境界標(地面に埋まっている)

矢印が太くないものもあります。
境界標(地面に埋まっている)

Keyword: デカルトタッチ, フレミングタッチ, パストレーシング
過去の類似記事: 工マーク境界杭(09/11/16)
更新日
2015/01/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

反境界標

境界標を「図地反転」させたようなオブジェ。

反境界標

実際は断面が正方形の柱を立てるため、
塩ビ管を立てた円柱の中にコンクリートを流し入れて
作ったもの(そして柱が抜けた跡)なのでしょうけど、
何かだまし絵を見ているような不思議な感じがします。

今回は角に対してフレミングタッチのしようがないので、
無理やり円柱にフレミングの形で触れてみました。
Keyword: フレミングタッチ
更新日
2014/12/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

三角点

引き続き平和公園内。
メインの散歩道をちょっと外れたところにある、
標高105.0mの三角点です。

三角点(遠くから)
別写真: 近くから

三角点と言えば我々の住んでいる国土の
座標上の位置を定めるための重要な点で、
いわばデカルトタッチのキングみたいなものですが、
そういえばまだタッチしたことがなかったですね。
いまさらですが、記念の初タッチとなります。
Keyword: デカルトタッチ, フレミングタッチ, 境界標
(境界ではないですが、標石の一種ということで…)
更新日
2014/11/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

隅切り境界標

おなじみ、交差点角を面取り(すみ切り)してできる
135度の角に合わせた境界標石です。

隅切り135度境界標

今回のは花崗岩で、通常の直方体型の標石の
角を面取りしてできたようなかたちです。
いわば、標石自身が隅切りされているわけです。
(隅切りされていない同素材の標石も近くに
ありました…写真は撮ってませんが。)

標石自身が持つ2つの135度角のうち
片方だけに矢印が示されており、
こちらが実際の角に一致するようになっています。
角から見ると非対称のかたちです。
Keyword: 境界標, フレミングタッチ
更新日
2014/10/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。