なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


百均の数取器

百円均一のセリアで見つけた数取器です。
商品名は「チェックカウンター」となっています。

日本野鳥の会みたいにカチャカチャとカウントする姿に心惹かれる人は、
けっこう多いのではないでしょうか。

パッケージ越しにカウントボタンを押そうとしましたが、
プラスチックカバーに傷がつくおそれがあるので途中で断念。
カウントアップ寸前で手を離したら元の数字に戻ってしまいました。

どうやら実際に買ってからでないと、憧れのカウントアップはできないようです。

「0053」

更新日
2007/08/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ルービックキューブ状オブジェ

トヨタファイナンスのTS3 PLAZA(ティーエスキュービックプラザ)の玄関にある
モニュメントです。
ルービックキューブを巨大にしたような、金属製のオブジェです。
本物のルービックキューブとは違い、回転することはもちろんはできませんが、
円形の低い台座を登ればさわることができます。

巨大金属製キューブ

更新日
2007/08/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

犬鑑札

犬の鑑札。楕円形の金属板です。
消火器の赤い箱の上になぜか置き去りにされていました。
ほこりの付き具合からして、一度場所がずらされていることがわかります。

すごくレトロな雰囲気で、相当昔からここにあるんだろうなと思って調べたら、
デザインは今も昔もあまり変わっていないそうです。
飼い犬には装着が義務付けられているのですが、
実際はあまり付けられていないとのこと。
特に小型犬にこれを付けるのはあまりにもかわいそうです。
それで、有名なデザイナーさんに頼んで装い新たにする計画もあるようです。
世田谷文化生活情報センターの犬の鑑札リデザイン展というのもありました。

「犬鑑札 名古屋市」

更新日
2007/08/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パーキングメーター

栄界隈でよく見かけるパーキングメーターです。
道路交通法が改正になってから目に付くようになりました。

メーターの前でしばらく立っているとセンサーが反応するのか、
カチャッという音とともに未納ランプが点灯してびっくりします。

領収書発行ボタンを押してきました。
何も入れてないんですからもちろん何も起きません。

「経過    0.分 未納」

更新日
2007/08/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

クレーンゲームの三角ボタン

クレーンゲームの操作ボタンです。
照光式押しボタンスイッチというのでしょうか。
普通はクレーンの移動方向を矢印で示しているのですけど、この機体では
ボタンそのものが三角形になっていて自ら方向を示しています。

やはり三角形というところに心がくすぐられます。

三和電子さんのページなんかを開くと、いきなり五色に輝く三角LEDスイッチが
目に飛び込んできてまばゆいばかりです。


「奥移動↑ 右移動→ 左移動←」

更新日
2007/08/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

動く招き猫

おみやげ屋さんに売っていた金色の招き猫です。
左手が電池仕掛けでゆらゆらと前後に動きます。
つまり、この手の前に指を差し向けておくと、
ごく弱い猫パンチを延々と受け続けることになります。

「手招き猫」

更新日
2007/08/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

非常扉のドアノブ

非常用というか防災用の部屋に通じるドアです。
表札には「スプリンクラー制御弁」「スプリンクラー試験弁」と書いてあります。

ドアノブは何の変哲もない普通の回転するタイプのものですが、
無色透明プラスチックのカバーで覆われています。
多くの人間が行き交う場所ですが、いたずらされることもなく
きれいな状態でした。

例によってそっと触ってみます。

「非常の場合はカバーを割り、サムターンを回してからノブを回す。」

更新日
2007/08/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

送水口(消防隊専用)と猫

消防隊専用の送水口。
プラスチックのカバーが割れているものはよく見かけますが、
これは割れてできた穴が猫の形に見えます。

送水口のカバーには、いざというとき簡単に割れるようだと思いますが、
×印の切れ目が入っていますよね。
上部が切れ目に沿って割れているため、そこが猫の両耳になっています。

耳と耳の間の直角のエッジに、恐る恐るタッチしました。

送水口(消防隊専用)

更新日
2007/08/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

制水弁の蓋(2)

前回(6月23日の記事)に、名古屋市章の入った制水弁の蓋に
タッチしましたが、今回はそれとよく似たデザインの蓋です。

文字がいい具合につぶれていて、相当に年季の入ったものと見受けます。
つぶれて読みにくい文字は、「弁」の旧字体だと思います。
右から左に、「制水辨」と読むのでしょう。

縦に見れば、丸八マークの下に「水道」と読めるのは前回と同じです。


「辨水制 (八)水道」

更新日
2007/08/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

「焼津のまぐろ」

ネコ用のえさの缶詰です。
公園の「ネコにエサをやらないで」の看板を支える木の棒の上に
かぶせてありました。

実際に公園でエサを与えている人がかぶせたのでしょうか。
だとすればメッセージ性を感じます。

「ネコにエサをやらないでください 名古屋市」/「焼津のマグロ カニカマ入り まぐろと国産若鶏ささみ」

更新日
2007/08/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

クジラのビニールプール

街なかの歩道に、家庭用のビニールプールが置いてありました。
もちろん水も入っていますが、子供が水遊びするような場所ではありません。

どうやらこれはヘアサロンのディスプレイのようです。
場所柄ちょっと意外性があり、涼しげで懐かしさも感じるすてきな演出ですね。

クジラのデザインもかわいらしいです。ちょっと調べてみましたが、
「クジラさんのスプレープール」(WHALE SPRAY POOL)という商品だと思います。

ぷにぷにしたビニールの壁面を指で押してみました。
決して強くはない空気の圧力でも大量の水を湛えていることを実感できる、
久しぶりの触感です。

ビニールプールとビート版とヘアサロン

更新日
2007/08/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

白いサルスベリ

街路樹の花です。
花のかたまりを手でそっと包むようにタッチしました。

「ミソハギ科 サルスベリ」

更新日
2007/08/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

彫刻「形-III」

歩道にある街の彫刻です。
前にタッチした作品(1月29日の記事)のと同じ通りにあります。
頭・両手・右足は球体で形作られているけど、左足はすっと伸びて
ハイキックしているような感じですね。

「形-III 岩井義尚」

更新日
2007/08/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パイロンと工事灯

歩道と駐車場の境目が工事中。
パイロン(三角コーン)が並んでいました。
それぞれのコーンの上には、夜に赤く点滅する工事灯がついています。
工事灯の足元が円錐形になっていて、そのままパイロンのてっぺんに
かぶせるだけで取り付けられるようになっています。

本当にかぶせてあるだけなので、簡単にはずせてしまうわけで、
ちょっと動かしてしまいたくなりますね。
工事灯の円錐が若干ゆとりを持って大きめに作ってあるせいで、
それぞれが少しずつ傾いていて楽しい感じです。

工事灯を被ったパイロン

更新日
2007/08/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

駅集中管理システムのインターホン

名鉄の駅ホーム内です。
名鉄では駅集中管理システムというものを導入しているそうで、一部の駅は
自動化・無人化され、少数の管理駅でまとめて面倒みるようになっています。
無人駅側で何かあったときは、客が管理駅係員と連絡を取る必要があるわけで、
そのためにインターホンが付いています。

ただこれだとちょっと経路などを聞くときは勇気が要りますね。
でも逆に、ホームでもいざというときは聞けるということはある意味
便利なのかもしれません(たいていはホームに駅員はいなかったので)。
あと応対する駅員の姿が見えないので、どんなところでどんな顔で
接しているのか気になるかも。どうでもいいことですが。

いつもどおり呼び出しボタンに軽くタッチしました。
用もないのに実際に押すわけにはいきません。

「インターホン」「お待ちください」「お話ください」

更新日
2007/08/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

名古屋市測量基準点

マンホールを小さくしたような蓋です。測量基準点と書いてあります。
緑地のペイントの上にしゃちほこが二頭、左右対称に陽刻されています。
この蓋を開けると、本物の基準点が下から現れてくるのでしょうか。
でも蓋にも中心を示す十字が付いていますけどね。

あと北を示す方角の矢印も描いてあるので、測量と関係ない
一般の人でも見て役に立つ機会があるかもしれません。

「名古屋市 測量基準点」

更新日
2007/08/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

排煙装置のハンドル

ファストフードの店内。
右回りにハンドルをまわすことで動く排煙装置です。

装置から細いパイプが、店内のどこか別の場所に伸びています。
たぶん管の中にワイヤーか何かの紐が入っていて、
排煙用の窓につながっているのだと思います。
ぐるぐる回してワイヤーを巻き取り、窓を開けるわけですね。

こういう手動のワイヤー仕掛けを見ると、
なんかわかりやすくてほっとします。

実際に回すわけにはいかないので、ちょっとさわるだけにします。

「排煙装置」

更新日
2007/08/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コーヒー樽

コーヒー豆を売っているお店のディスプレイです。
小さめの樽が三つ並んでいて、それぞれの樽には「BLUE MOUNTAIN」などの
文字がステンシルで描かれています。

太鼓のように叩いて音を鳴らしてきました。

「BLUE MOUNTAIN」

更新日
2007/08/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ジョーバとロデオボーイ

乗馬フィットネスマシン。
これにまたがって電源を入れると、馬に乗っているように揺れます。
乗っているだけでフィットネス効果があるそうです。

このお店では三台が置いてあって、ナショナルのJOBA(ジョーバ)と
大東電機のロデオボーイ、あと一台(忘れてしまいました)がありました。
値段はさまざまで、機能の詳細は見ていないのですが、
高価なもののほうがボタンがたくさんついているのがわかります。

さっそく試乗してスイッチを入れてみましたが動きませんでした。
よく見るとコンセントが入っていません。
子供が遊ぶと危険だからでしょうね。

「JOBA 乗馬フィットネス機器[ジョーバ]」

更新日
2007/08/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

メダル刻印機

観光スポットに置いてある記念メダルの刻印機です。

昔はダイアル式で一字一字打ち込むタイプでしたが、
今のはコンピューターを使うようになっています。
スタートボタンを押さない限りは入力ミスの訂正も可能です。

ボタンはフラットなキーボードになっていて、自分で機械を
ガチャンといじっている感じはあまりなくなったかもしれませんが、
それでも機械っぽさを感じ取れるところは二ヶ所ほど残っています。

一つは緊急停止用の「非常 STOP」ボタンが付いているところ。
もう一つは写真左上のメダル取り出しボタンは、
ぐっと強く押してメダルを押し出すようになっているところです。

(茶平工業さんのところに昔の刻印機の写真があります)

「メダルは別に買って下さい」「字の打てる面を上に強くはめ込む」

更新日
2007/08/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

証明写真の取出口

スピード証明写真機の取り出し口。プラスチックで無色透明の蓋です。
上にスライドして開け、手を離せば重力で自然に閉まります。
ギロチン型の扉と言えばいいのでしょうか。

「取り出し口」「↑」

更新日
2007/08/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

刈り取られたアジサイ

街路樹の周りに生えていたアジサイです。
ほぼ乾燥していました。

街路樹と刈り取られたアジサイ

更新日
2007/08/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パイカッター

ダイソーでみかけました。
刃物でしかも回転するとあれば、さわらずにはいられません。

「Confortable Cooking パイカッター」

更新日
2007/08/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

Dreamcastのキーボード

ゲームセンターになぜかキーボードがありました。

これは、「THE TYPING OF THE DEAD」というゲーム機のようです。
調べてみると、セガが2000年に出したタイピングゲームで、
Windowsなど家庭用の移植版や英語版もあり、今年12月には
Windows版の続編(THE TYPING OF THE DEAD II)も出るそうです。

続編の予告動画を見てみると、
ゾンビをやっつけるちょっと怖いゲームですが、その反面
出題されるキーワードは笑えます。

キーボードは二台並んでいるので、二人プレイもできるようですね。
(PC版だとどうするんでしょう…なんかできるみたいです)

キーボードの右上に「Dreamcast」の文字とマークを発見。
ドリームキャストのキーボードというものに始めてさわりました。

「THE TYPING OF THE DEAD」/「AGENT 1」

更新日
2007/08/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

メタセコイア

公園の針葉樹です。
低い枝から出ている葉っぱにタッチしました。

メタセコイアの葉/メタセコイアと蝉の声

更新日
2007/08/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パイプから湯気

「ク」の字に曲げられたパイプから、湯気が出ています。
病院の出口で見つけたのですが、何のためにあるものなのかは
よくわかりません。

熱いのかなと思いましたが、あたたかったです。
さわれる温度でした。

湯気パイプ

更新日
2007/08/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

勾配標

鉄道の標識です。
木の棒に木の板が斜め上向きに取り付けられていて、
板に「12.5」という数字が書かれています。
つまり、ここから12.5パーミルの上り坂が始まるという意味です。

設置される場所柄、ふつうは手が届かない危険な所にあるのですが、
今回は、線路脇の道からちょっと手を伸ばすだけで届くような
位置にありました。

なかなかさわれないものにさわれるとうれしいものです。

「12.5」

更新日
2007/08/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

路面の記号「PEφ100」

工事中の路面に描かれる記号です。
普段何気なく歩いている道路の下に、何らかの配管なり配線がいろいろと
埋まってるんだなということを、改めて思い起こさせてくれます。

今回見つけた記号は、白のペイントで描かれた線の上に、
赤色があちこち部分的に足されています。

どういう意味で付け加えられたのかはよくわかりませんが、
線に少し立体感が出た感じがします。

「GMφ100 H:0.9」「PEφ100 H:0.6」

更新日
2007/08/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

タコ滑り台

タコの形をした滑り台です。
コンクリートで複雑な曲面を創り出しています。

検索してみたら、全国に同じようなデザインの滑り台があるようです。
これの正式名称は「タコの山」といい、いずれも前田環境美術株式会社さん(現社名)が
手がけたもののようです。

以下のサイトなどに解説と一覧があります。参考になりました。
・酉さんの滑り台保存館
・D-oneさんの滑り台記録

美しい赤塗りコンクリートの肌にタッチです。

タコの山

更新日
2007/08/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

手製駐車禁止ポール

車のホイールを土台に、金属棒を立てて作ったポールです。
これに虎縞ロープ(トラロープ)を張って、駐車場内の進入を防いでいます。

「駐車お断り」

更新日
2007/08/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

塗りたてコンクリート

塗りたてのコンクリート。
町を歩いていてさわりたくなるものの代表といっていいでしょう。
足で跡を付けてしまいたくなるイケナイ衝動を抱く人も多いでしょう。

そんな人が多いのか、単にうっかり踏み入れてしまう人が多いだけなのか、
A型バリケードで両脇をしっかりガードされてます。

わくわくしながらタッチしてみましたが、残念ながら肝心の
コンクリートはほぼ固まっていたような気がします。
とはいえ新しい表面に触れるのはうれしいことです。

「安全+第一」

更新日
2007/08/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ