なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

殺虫灯

中には高電圧の電流が通っているらしいので、
「触れないで下さい」という旨の注意書きがありました。
ということで残念ながら、触れるのは
明らかに害のない本体外観部分にとどめます。

それにしても、私は昆虫ではないとはいえ
紫のランプにはなにか惹かれるものを感じます。
蠱惑的という言葉がぴったりかもしれません。

蠱惑的紫色
スポンサーサイト
更新日
2009/06/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

冷や麦のカーテン

ギフトコーナーで。
ひやむぎ(またはそうめん)を使ったカーテンです。
よく見ると折れたものが何本か下に散らばっていますので、
作り物ではなくて本物ということがわかります。

簡単に壊れてしまう「生の」素材を使うのは大胆ですね。
(生といっても乾燥していますが…)
それによって繊細で涼しげな感じが生まれています。

ゆるゆると波打つカーテンを、
そっとグリッサンドで触れてきました。
不用意に触れると折れそうなので、
羽に触れるような感じになります。

冷や麦とアサガオ

前回のグリッサンド: 畑から出る雨水パイプ(09/05/26)
更新日
2009/06/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

速度制限標識の顔

私有地の車がはいれそうにない場所になぜか。
縁取りの赤い部分は褪色して真っ白になっており、
数字の部分の上に縦棒二本と横棒二本が
加えられて顔のようになっています。

頭をなでるように触れてみました。

「20」の上の目と鼻
更新日
2009/06/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

送水口のプレート

本来は「送水口」の表示の下に送水口が
設置されるのですが、この部分に何もなくて
横に送水口を付け足したような形です。
これだと建築物に穴を開けずにすむのでしょうか。
事情はよくわかりませんがとにかくこうなっています。

のっぺらぼうの金属板平面に触れてみました。

「送水口(消防隊専用)」

前回の消防隊専用: 送水口(消防隊専用)(09/06/13)
更新日
2009/06/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

室外機のグリッド梱包

エアコンの室外機だと思います。
黒いビニール袋で梱包された上に、
白いビニール紐で格子状に結わえられています。

日常にあるものだけを使っているのに、
とってもおしゃれに見えてきませんか。
黒地に白でグリッド感が強調されていて、
しかもとても正確な正方形なのです。

フレミングタッチもデカルトタッチも
両方楽しめるかたちです。
今日はなんだかいいものを見つけたような、
うれしい気分になれました。

黒基調格子型梱包

前回のフレミングタッチ: 郵便局の境界標石(09/06/18)
前回のデカルトタッチ: 西枇杷島歩道橋(09/06/07)
更新日
2009/06/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

曲がったフォーク

いわゆるスプーン曲げのトリックで
使用されたフォークでしょうか。
曲がった部分を触れた限りでは
仕掛けはなかったと思います。

グレーチングの上にあるフォーク
更新日
2009/06/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

サツキとメイの家

愛・地球博記念公園にある「サツキとメイの家」です。
見学は予約制ですが、空きがある場合は
当日券もあるので入ることができました。
家の中は一部立ち入り禁止の箇所を除き、
基本的に自由に引き出しを開けたりして
触れる楽しみがあるのがとてもうれしかったです。

レトロなスイッチがあったのでそれも押してみました。
(もし触れてはいけない箇所でしたらごめんなさい。)

写真は外にある井戸部屋です。
もちろんポンプを押して水を汲み出してみました。
水の持つ抵抗感と、あと必ずしもスムーズに
動かず少しカクカクする感触を覚えています。

井戸を斜め後ろから
更新日
2009/06/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

公民館の木札

公民館の入り口で。
着到板みたいなものでしょうか。
触れて音を出そうと思ったら、
弱い風が吹いて自然に音が鳴りました。

「三組」「二組」「一組」「七組」「六組」「五組」「四組」

前回のパーカッショナイズ: 樽のディスプレイ(09/05/20)
更新日
2009/06/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

旗立のS字フック

お店の壁に斜めに立てかける旗です。
S字フックと結束バンド、そして小型の金属製かご
などを使って、旗立を工夫して作っています。

こういう一種の結び目に相当する部分は
気になって触れてみたくなります。

Sと逆S
更新日
2009/06/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

折れた門柱

解体中のアパートでしょうか。
門柱が折れていますが、鉄骨一本だけが
辛うじてつながっているようです。

ひょっとして動くかと思って片手で
揺らしてみましたがびくともしませんでした。

梅雨のコンクリブロック柱
更新日
2009/06/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

「とまれ」の足型

歩行者に対し、いったん止まって安全を確認してから
横断するように促す路面標示です。
逆ハの字に開いた足の形が目に留まりますよね。

実際に両足をこの角度でこの上に乗せることは
ちょくちょくやってしまう人も多いかと思いますが、
今回は足の代わりに両手を置いてみました。

「タッチの技法」のほうでミミクリー
(擬態: 何かのまねをする)というのを紹介したのですが、
書いただけで実はまだ一度も実践していませんでした。
今回は手が足のまねをしたわけですから、
晴れてミミクリー第一号となるわけです。

「とまれ」

これを書いた時点では検索しても1件しかないですが…
タッチの技法: ミミクリー
更新日
2009/06/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

タバコ屋のアジサイ

今年二回目のアジサイです。
ちょっと肉厚の花でした。

アジサイと鐘堂
更新日
2009/06/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

郵便局の境界標石

前に電電公社の境界標(09/03/17)に触れましたが、
今回のは郵便局にあるものです。
おなじみの〒マークが2箇所に刻印されていて、
本来はマークが赤色のはずなのですが
だいぶ色が落ちています。

てっぺんの矢印の部分は直線一本だけで
表現されていて、矢の部分がありません。
ということで、全体では3×2+1=7本の線分だけで
構成されていることになります。

「〒」

前回のフレミングタッチ: ジャングルジム(09/05/29)
更新日
2009/06/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

神社の押しボタン

神社にある白い押しボタン。
本来なら社務所の玄関チャイムに
つながっているのでしょうが、
明らかに配線が切れてしまっています。

押しても何も起きないはずですが、
それでも勇気が要りますね。
誰にも迷惑をかけずにピンポンダッシュができる
またとないチャンスだったのですが(音は鳴らないけど)、
ボタンに軽く手をかけるだけにして帰りました。

「御用の方はボタンを押して下さい」
更新日
2009/06/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

いかのおとし子

イカの足の甘酢漬けだそうです。
握手というとちょっと違うかもしれませんが、
手というか足に触れてコミュニケートしてみます。

「北食 いかのおとし子」
更新日
2009/06/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

グレーチングに咲くマンネングサ

側溝にあるグレーチングの蓋。
ボルトで止めるための、方形の小さな穴が
四隅に空いているのです(全体写真はこちら)が、
そのうちの一箇所だけが黄色い花で埋まっています。
花の名前はコモチマンネングサか
メキシコマンネングサあたりでしょうか。

小さいとはいえ、一面の花畑と呼ぶに値する風格です。
手のひらで全面を覆うように触れてみました。

手のひらサイズの花壇(拡大)
更新日
2009/06/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

立体案内地図のレンガ煙突

今日は常滑のINAXライブミュージアムに寄りました。
(中には入っていませんが。)
敷地内の案内地図がブロンズ製の
立体マップになっています。
公式サイトに触りながら場所を確認できます
書いてあるとおりいろいろさわってみました。

真っ先に触れてみたかったのは
やはり一番高さのあるレンガ煙突ですね。

地図・煙突の部分
他の写真: 地図全体煙突(実物)散歩道のレンガ煙突
最後に挙げた、やきもの散歩道にある煙突は
実物に間近で触れることができました。
更新日
2009/06/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

送水口(消防隊専用)

ガムテープで蓋をしてあります。
本来付けるべきプラスチック板だと
何度設置し直してもイタズラで破壊されるので、
もうあきらめてしまったのかもしれません。

いざというときは簡単にはがせますから、
これでも安全上は問題ないのでしょうか。

雨水を吸うのと天日で乾燥するのを
繰り返すことでできた表面に触れてみます。

「送水口(消防隊専用)」

前回の消防隊専用: 送水口の三角柱(09/05/08)
更新日
2009/06/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

斜線入りマンホール

道路工事中の歩道上で。
マンホールに黄色い線が多数引かれています。
滑り止めか何かでしょうか。
それにしても目立ちます。

たぶん工事が完了したら普段の目立たないマンホールに
置き換わってしまうのでしょうが、
それはちょっと名残惜しい感じもします。

黄色い縞模様

斜め一直線に指でたどりました。
前回のパストレーシング: ゴム製の蛇(09/06/01)
更新日
2009/06/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

スミポールの銘版

標識か電灯の柱だったと思います。
「スミポール」の銘版がリベットで留めてあるのですが、
一箇所が外れプレートが破れています。

柱すれすれで通過する歩行者が
怪我をする可能性もあるわけですが、
こういうちょっと危険なものがあると
逆に触れたくなってしまいます。

破れた箇所をバネみたいに軽く弾いてみました。

「スミポール 住友金属工業」(以下欠落)
更新日
2009/06/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

カッター付ひも専科

思わず引っ張ってみたくなりますが、
商品なのでそうするわけにはいかないのです。

「箱にそってひもを真下に引いてください。」
更新日
2009/06/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

枯れた稲苗

田植えで余った稲の苗です。
水分を失って枯れてしまったようですが、
薄茶色のきれいな枯れ具合になっています。

若い稲藁といえばいいのでしょうか。
ヤングコーンみたいなものですね。
茶色い毛並に触れてみました。

茶髪の稲苗
更新日
2009/06/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

スポットクーラー

ひんやりした風がダクトから送られてきます。
手をかざしたり、首周りを近づけてみたり。

送風口を覗きたくなる
更新日
2009/06/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

西枇杷島歩道橋

今日は尾張西枇杷島まつりの見物ついでに、
西枇杷島歩道橋に寄ってきました。
1959年にできた日本一古い歩道橋だそうですが、
間もなく撤去されるとの話です。
すぐ横では道路の建設工事中なので、
これの関係なのでしょうか。

コンクリート製の階段は年月を経て表面も削れ、
大き目の砂利石がむき出しになっている
ところもあります。
角も一部削れて丸くなっていますが、
記念のデカルトタッチを実行してきました。
このくらい丸いほうが手にフィットします。

西枇杷島歩道橋(階段)
他の写真: 南西下から手すり全部(html)

前回のデカルトタッチ: 三星のネコ(09/05/01)
更新日
2009/06/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ウゴウゴ

公園のバネ式ライドです。
球を三つつなげたイモムシみたいな形状です。
調べてみると「ゲンキーズ」という名の
遊具ブランドに属するようで(株式会社コトブキ)、
この遊具の名前は「ウゴウゴ」なんだそうです。

またがって乗ってみたことは言うまでもありません。
本体自体はもちろん人が乗るので硬い素材ですが、
角の部分がソフトで、有機体っぽいイメージ通りです。

「3~12歳向け ゲンキーズ」
更新日
2009/06/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

風船コーナー

正式名称はわかりませんが、ゲームコーナーの一角で。
アトラクションの内部は送風機のおかげで、
風船が常に舞い踊る状態になっています。

年齢制限があって子供しか入れませんので、
私にできることは中に誰もいないときに
外から風船に触れてみる程度です。

色とりどりの風船たち
更新日
2009/06/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ホテイアオイ

ガーデニング売り場で。
まだ花は咲いていません。

水に浮いているものは、ちょっと指で
押さえて沈めたくなってしまいます。
狭い水槽にみっしり詰まっているので
あまり沈みませんでしたが。

発泡スチロール水槽に浮くホテイアオイ
更新日
2009/06/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

二宮金次郎像

理髪店の横で。
小学校以外の場所にあるとビックリします。

金次郎さんの持っている本の一部が
欠けた状態になってしまっていますが、
それでも一心不乱に読書していますね。
失礼を承知ながら握手をお願いしました。

草陰で読書中の金次郎

前回の握手: 動物ライド梱包済(09/05/18)
更新日
2009/06/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

アジサイの花

毎年恒例になりつつありますが、
今年のアジサイ初タッチです。

アジサイと歩道
更新日
2009/06/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ゴム製の蛇

ぐるぐる。

「Snake ヘビ」

前回のパストレーシング: 測量鋲の星座(09/05/10)
更新日
2009/06/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。