なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

水用火防

右読みの「防火用水」。
コンクリート製の防火水槽ですが、
残念ながらいまは使われていないようです。

「水用火防」

前回のフレミングタッチ: 駐車場出口のパトライト(09/09/23)
スポンサーサイト
更新日
2009/10/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

枯山水の砂紋

清洲城の日本庭園です。
砂地を水面に見立てる枯山水があって、
砂紋(箒目)で水の流れを表現しています。

足を踏み入れたくなる気持ちは置いておくとして、
手を櫛に見立て、流れに沿って梳いてみたくなりました。
(指を櫛代わりにするのは、フィンガーコーミングと
名づけてタッチの技法で一応触れました。)

実際近づいてみると、手の大きさよりはるかに
間隔が広く、両手でようやく四本ぐらい
梳けるかなというぐらいです。
もちろん、壊さないようにそっと実行します。

枯山水水面から見る清洲城入口

線に沿って指を動かすということで
パストレーシングの一種と分類してみました。
指の動きを垂直方向にすればグリッサンドですが、
今回は対象を破壊してしまうので無理です。
前回のパストレーシング: ワイヤークラフト風キンモクセイ(09/10/14)
更新日
2009/10/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

量水器の蓋

四角い量水器の蓋です。
左右二つに分かれているタイプのようですが、
こうやって無造作に置いてあると、
まるで斬鉄剣で真っ二つに切断されたみたいです。

「量フ|」「|く器」
更新日
2009/10/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

カラー(造花)

青みがかった白色のカラーです。
葉っぱは本物の植物っぽいですが、
花は造花を鉢に挿してあるようです。

ほの青いカラー
更新日
2009/10/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ブランコ

ここのブランコに乗ると
真正面にツインタワーが望めます。

ブランコとJRセントラルタワーズ
更新日
2009/10/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ダブルアクションホイッパー

写真だとわかりにくいですが、
泡立て器のワイヤーで閉じ込められた空間の中に、
やはりワイヤーでできた球が入っています。
これによって泡立てが楽に早くできるようです。

風船の中に風船が入っている
(インサイドバルーン)のと同様で、
球体の中に何かが束縛されていない状態で
入っているという構造はどうしても気になるのです。
振って中身を動かしてみたくなったりします。

「このタグ(ピン)は、使用時には、ハサミ、ナイフ等で切って使用して下さい。」
更新日
2009/10/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

蓋の開いたコーヒー樽

傘立てか何かとして使っているでしょうか。
いままでコーヒー樽をドラムや太鼓に
見立てて触れたことがありますが
(コーヒー樽(07/08/14)樽のディスプレイ(09/05/20))、
今回は肝心の蓋が取れている状態なので
それができません。

しかし、架空の蓋があるかのように叩くこともできます。
エアギターならぬエアドラムですね。
残念ながら架空の音しか鳴らないのですが。

空き樽

よくよく考えてみれば、
というか考えるまでもないのかもしれませんが、
蓋じゃなくても側面を叩けばいい音がします。
前回のパーカッショナイズ: 公民館の木札(09/06/23)
更新日
2009/10/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

薄型自販機のワイヤー

普通より薄い省スペース型の自販機です。
転倒防止のためワイヤーが側面を支えています。

こういうのを見ると、指で弾いて
振動させてみたくなります。
音になるわけではありませんが、
巨大なベースみたいなものです。

「CocaCola」
更新日
2009/10/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ススキみたいな穂の先が、舗道上に転がっていました。
箒みたいにして地面を掃く振りをしたり、
筆のように何かを書く振りをしてみました。
遊んだあとは元の位置に戻しましたが、
やがて風で飛ばされてしまうでしょう。

穂先
更新日
2009/10/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

鶴舞公園の布

鶴舞公園で。
百周年記念の「つるまこうえん・百歳・祭!」というのが
開催中のようで、公園内の芝生に巨大な折り鶴が
展示されています。

さらに、芝生全体をキャンバスにして、
花壇と色付きの布を絵の具にして
水辺から飛び立つ鶴を描いているらしいですが、
近くで見たのでよくわかりませんでした。

さすがに立ち入りはできそうにないので、
手前の、布の部分に少し触れてみました。
(ほんとうはここも二歩ぐらい芝生に入るので
いけないことかもしれません。)

鶴と布
更新日
2009/10/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

土嚢大中小

放置自転車禁止区域のA型バリケード。
重しの土嚢のサイズが何通りかありますね。
小さな土嚢は、持ち運びに便利そうなサイズです。
もちろん、土嚢を持ち歩くことに意味のある
シチュエーションがちょっと思いつきませんが。

今回は、一番小さくて軽い土嚢を持ち上げてみました。

中と小は黒い土嚢
更新日
2009/10/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

栄養ドリンク瓶の梃子

一見何気なく捨てられているような、
栄養ドリンクの瓶と木の板切れです。
しかし、よく見ると瓶の口の部分が板の重みで
押し下げられ、肩の部分を支点に、お尻のほうが
少し持ち上がっているのがわかります。

お尻のほうを指でそっと押さえてみて、
刹那に生まれた梃子の原理によって
板切れが持ち上がる様子を体験してみました。

瓶レバー
更新日
2009/10/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

カエルの甕

カエルをかたどった、陶器製の甕(かめ)です。
手の部分の立体感が薄いのですが、
半立体的な握手というのもありだと思います。

貯水中

前回の握手: ミニミニ君(09/09/29)
更新日
2009/10/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

栗の実(造花)

店頭ディスプレイの添え物です。
本物の栗の実(08/08/05)に触れた身としては、
あまり痛くなく、安全なタッチだったといえます。

「パンフレット 自由にお持ち下さい」
更新日
2009/10/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

電子ピアノの鍵盤見本

ローランドのPHA2という電子ピアノ鍵盤の見本です。
「最高級のグランドピアノ」のようなタッチだそうですが、
もちろん私にはわかりません。
それでも実際に触れてみたくなることには変わりありません。

「まるで最高級のグランドピアノ。象牙の風合いと自然な鍵盤タッチ。」
更新日
2009/10/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

張りつめたチェーンポール

駐車場と公道を仕切るチェーンポール。
普通はチェーンがゆるくたるんでいてUの字状の
曲線(カテナリー曲線と呼ぶそうです)を描くのですが、
ここでは三本あるポールのうち真ん中が引っ込んで
しまったため、直線状に張りつめられています。

なんだか少しだけ緊張感が漂っていますね。
「張りつめる」という言葉に釣られている
せいもあるかもしれませんが。

撥弦楽器のごとく、指で弾いて振動させてみました。
音がするわけではありませんが、周りの空気は
少し動揺しているはずです。

\/
更新日
2009/10/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

干したモップ

立てかけて干してあるモップです。
先っぽの糸ラーグが乾いていて糸どうしが
引っ付いているため、一枚の布のように振舞います。

モップ
更新日
2009/10/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ワイヤークラフト風キンモクセイ

天白区にある島田公園の入り口。
区の木であるキンモクセイを、鉄の細い棒を
曲げたり溶接したりしてかたどっています。

左端から右端に向かって、
たまに寄り道しながら指で辿ってみました。

「島田公園 区の木 キンモクセイ」

前回のパストレーシング: 仮路面標示「止マレ」(09/10/06)
更新日
2009/10/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

壁に擬態する扉

まわりの壁と同じ石材を使った扉です。
取っ手がないと扉だと気づきにくいです。
しかし、扉なので、取っ手を引っ張ると少し動きます。

壁のようなもの
更新日
2009/10/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エフレックス

工事中の場所で見かける、地中から伸びる管です。
前にも一度触れました(07/04/21の記事)が、
それよりもずっと太い管で、商品名も書いてありました。
エフレックスという名前の波付硬質ポリエチレン管・
電線ケーブル用可撓管路材、のようです。

前回は教育テレビに出てくるニャッキを彷彿とさせたので、
もともと愛着みたいなものを感じていましたが、
名前がわかるとより親しみも湧いてきますね。
巨大イモムシ風のキャラクターが道路の下で、
私たちのあずかり知らぬ間に地中を這いまわって、
電気的接続関係を維持してくれているわけです。

「エフレックス 200mm 古川電工」

今回は太い管で開口部が開いているものもあるため、
ちょっと腕を突っ込んでみたりしました。
更新日
2009/10/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

おみくじ

大須観音で。
お金を投入口に入れて、福引箱のような
箱の中から一枚くじを取り出します。
野菜の無人販売と同じで、
良心に委ねられるタイプの決済方式となっています。

誤解を招く行為なのであまりおすすめできませんが、
中のくじにさわってみました。
お金を入れていないので、もちろん取り出してはいけません。

「大須観音 おみくじ」
更新日
2009/10/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

測量鋲から伸びる三線

路面の測量鋲。
ここを基点に、三方向に線が伸びています。

親指・人差し指・中指の三本をこの角度に
合わせて広げ、置いてみたくなります。
いつものデカルトタッチやフレミングタッチの
変形版みたいなかたちです。

「115」

前回の測量鋲: 測量鋲のリボン(09/08/25)
更新日
2009/10/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

忍び返し(刃物のようなもの)

キャスターゲートの上部。
侵入者を防ぐ忍び返しが付いています。
ナイフをずらっと並べたような感じになっていて、
いかにも痛そうな外見です。

刃先が研いであるわけではないので、
実際は鋭利な刃物というほどではないですが、
先っぽに触れるときは慎重にならざるを得ません。

ナイフのようなもの
更新日
2009/10/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

取っ手つき重し

再びスタンド看板の重石。
こんどは文字通り自然の石を使っています。
しかし、天然石そのままではなくて、てっぺんに
リング状の取っ手みたいなものを取り付けています。
(ロープ等を引っ掛ける可能性もありますが。)

指がちょうど入る大きさのリングなので、
人差し指で持ち上げてみたくなりますね。
指一本に、石全体の荷重がかかります。

「UCC COFFEE」
更新日
2009/10/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

N-06Aモックアップ

携帯電話のモックアップ。
何となくいじりたくなってしまうもののひとつですが、
たまに開けかたがわからず、関係ないところに
力を入れてしまうということがあります。

写真向かって右の機種(docomo N-06A)は、
ひねって開けるような動作をします。
180度回転して通常のスタイルにすることもでき、
90度だけ回して画面を横向き(T字形)にもできる模様。
これに気づくまでの数秒間、何か簡単なパズルでも
解いているような感じです。

「NTTdocomo」
更新日
2009/10/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

仮路面標示「止マレ」

雨水を弾く、出来たてのアスファルトの上。
「止まれ」の標示ができていないので、
テープで暫定的に書いてあるようです。
通常の太さの文字に慣れていると、
妙にすっきりと洗練されたように感じてしまいます。

「止マレ」

今回は「止」の文字を指でなぞってみました。
文字をそのままなぞるというのは
パストレーシングの基本かもしれません。
前回のパストレーシング: 迷路椅子(09/08/23)
更新日
2009/10/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

スタンド看板の重り袋

スタンド看板の下を支える、バッグ状の重りです。
逆Uの字の両側に重しが付いたかたちになっていて、
細長いものでも安定させることができそうです。

上の持ち手の部分を指で引っ張ってみると、
バランスを保ったまま、Uの字の左右が開きます。
つまり、これはヤジロベエの一種だったんですね。

錘袋
更新日
2009/10/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

手水舎の水面

神社で手を清める場所です。
この時点では清水が供給されておらず、
静かな水面を形成しています。
水をなみなみと湛えていて、
水面と水盤の面がほぼ一致していますね。

前にも触れましたが(09/02/17の記事)、
平面が一致している「ツライチ」の状態を見ると、
手のひらを広げて触れることによって
平面を体感してみたくなるようです。

手水舎の静寂

二次元のタッチと言うと、
今までデカルトタッチだけを挙げていましたが、
こうやって手のひらを広げて平面に触れるというのも
立派なタッチの技法かもしれません。

とすると、また名前を考えないといけませんね。
即席のネーミングですが、さしあたりフラットネスとか
プラナリティー(planarity)とでも呼んでおきましょう。
意味が変だったらあとで訂正するかもしれません。
更新日
2009/10/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コロコロ滑り台

すべり面がコロコロ回転する滑り台です。
手でコロコロを回してみたり、あと実際に滑ってみたり。

滑り台・下から
更新日
2009/10/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

「INF_RMA__ON」

プラスチック製の切り文字です。
もともと「INFORMATION」と書いてあったのでしょうが、
最初のOとT、そして二番目のIの計三文字が欠けています。

ということは、左からグリッサンドすれば、おおよそ
「タタタンタタタンンタタ」
というリズムになるはずです。
実際は文字自身の凹凸もあるので複雑ですけど。
12拍(本当は11拍ですが最後1拍休んだことにします)の
リズミカルな音の配列を楽しんでみました。
簡単ですが一度こういう体験をすると、
視覚的にもリズミカルに見えてくるから不思議です。

「INF RMA  ON」

前回のグリッサンド: 棟瓦(09/09/21)
更新日
2009/10/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

はみ出た牛乳パック

牛乳パックのリサイクルボックスです。
蓋から一枚の牛乳パックがはみ出ています。
このパックを指で弾くと、蓋に振動が伝わって
思ったより大きな低音が響きます。

「押す」
更新日
2009/10/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。