なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


擬宝珠(ギボシ)

中村公園園内(豊国神社)の橋で。
欄干の柱のてっぺんに付いている金属製の、
ドラクエのスライムみたいな形状の部分です。

両手の親指と人差し指で円を作り、
下から上へ、断面をスキャンするように
触れてみました。
上へ搾り出すようなかたちですね。

メタルスライムがあらわれた

過去の類似記事: スマイルスライムぬいぐるみ(08/04/24)
更新日
2010/03/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

横断歩道の旗(2)

横断歩道の黄色い旗です。
おそらく誰かに持って行かれるため、
はかない命の存在かと常々思っていましたが、
今回目撃したのはそうでもないかもしれません。

というのも、旗の上部が経年劣化して
捧からはがれかけているからです。
ある程度の期間を耐え忍んだ証拠ではないでしょうか。

しばらくして再びここを訪問する機会があれば、
そのときも会えるかもしれませんね。

「横断」

過去の類似記事: 横断歩道の旗(08/09/13)
更新日
2010/03/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

芝生のスプリンクラー

手でぐるぐると。

水の出る穴の位置が気になります
更新日
2010/03/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

アンバランスな土嚢

バスの臨時停留所です。
左右に一つずつ土嚢をぶら下げて
安定化を図っていますが、
向かって左の土嚢はお尻を地面につけているのに対し、
右の土嚢は少し空中に浮いています。

右に極端な荷重がかかっているはずなので、
バス停さんが肩こりしてしまいそうです。
ただ、触れてもアンバランスな感じはないので、
見た目ほど心配は要らないのかもしれません。

「名古屋市交通局」
更新日
2010/03/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

黒塗り賽銭箱

頑丈そうな金属製の賽銭箱です。
ペイントが黒く厚塗りされ、凹凸を形作っています。

賽銭箱
更新日
2010/03/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ヒメオドリコソウの絨毯

公園で。
一面をじゅうたんのように覆い尽くしています。
じゅうたんの表面に手のひらで触れるような
かたちでタッチしてみました。
もちろん、じゅうたんとみなすには
さすがに手が小さすぎますけどね。

触れると花が簡単に落ちてしまうので
あまり不用意に触れられないようでした。
思ったよりデリケートな存在のようです。

群生するヒメオドリコソウ
更新日
2010/03/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ダブル象さん

ゾウさんの空気ビニール人形。
二頭いるので、ダブル鼻タッチです。

「中部エリア30周年記念」

過去の類似記事: サトコちゃん人形(07/02/20)
過去の類似記事: 象のようなオブジェ(06/11/15)
更新日
2010/03/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

モータ駆動ボリューム

ONKYOのA-973というプリメインアンプ。
回転式のボリュームなんですが、
リモコンでも音量調節できる関係上、
リモコン操作で自動的に回転する仕掛けです。

おそらく高級なオーディオ機器では
当たり前の仕掛けなんでしょうが、
私としてはこういうギミックでも
つい気になって遊んでしまいます。
ゆっくりスムーズに動く感じが楽しいです。

「INTEGRATED AMPLIFIER A-973」

前に触れたのは自動しないタイプです。
過去の類似記事: 半球状ボリュームつまみ(10/02/26)
更新日
2010/03/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

破れた結界(立入禁止テープ)

舗装ブロック一枚分の狭い区画を工事して、
表面をセメントで覆ったようです。
塗りたてのコンクリートに足を踏み入れないように、
正方形で「立入禁止」の黄色いテープが囲ってありました。

街なかに一時的に現れる立入禁止の区域って、
一種の結界みたいですね。
工事業者の人がテープを正方形に張って
おそらく呪文か何かを詠唱することで、
進入を妨げる不思議な力が働くのです。

しかし、もうコンクリートは十分乾いているので、
結界も役目を終えたのか、
テープの一辺もはがれてしまっています。

「立入禁止 入らないでください」(壊れている)
別写真: 近くにまだ有効な正方形の結界が

実は、写真右上を拡大してみると(別写真)
何者かが侵入した形跡があるようです。
つまり、結界を破る特殊能力を持つ者が、
塗りたてのコンクリートに足跡を残したのでしょう。

過去の類似記事: 塗りたてコンクリート(2)(08/02/27)
過去の類似記事: コの字形フェンス(10/02/07)
前回のデカルトタッチ: 防草シートとホトケノザ(10/03/03)
更新日
2010/03/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

雨どいの先のペットボトル

雨どいの水の出口です。
先っぽの部分がペットボトルで延長されています。
流速か流出点を変更する意図があるんでしょうか。

軽く揺らしたら、水が少し出てきました。

雨どい出口
更新日
2010/03/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

仮横断歩道

道路の仮舗装で横断歩道の一部が欠けていて、
スプレーペイントで仮の標示が描かれています。
写真の向こう側とこっち側で、
仕事の丁寧さがちょっと違うような気がします。

斜線とぐにゃぐにゃ線

いずれの線も指でたどってみます。
前回のパストレーシング: 蓋付きプラスチックコンテナ(10/03/05)
更新日
2010/03/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

植物の切り口

ちょっと幾何学的できれいな切り口です。

切り口
更新日
2010/03/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

山崎川の桜(2010年版)

毎年恒例になっている、桜の花タッチです。
今年の名古屋は18日に開花宣言が出たので、
今日はその翌日ということになります。

もちろんほとんどの木はまだつぼみの状態で、
探せば咲いている枝もあるかなといった程度です。
ですが、なんとか手が届く場所にある桜の花を見つけて
そっと触れることができました。

少し咲いている桜の枝

過去の類似記事: 山崎川の桜(09/03/27)
過去の類似記事: 山崎川・桜の花とつぼみ(08/03/23)
過去の類似記事: 山崎川の桜のつぼみ(07/03/26)
更新日
2010/03/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

壁に写った文字

土地の内と外を仕切る壁。
壁の黒ずみが模様になっていて
どうやら文字を形成しているようです。
「志位和夫」とも読めそうなので、
日本共産党のポスターが写った可能性がありますが、
でも紙のポスターの文字が写ることなんて
あるんでしょうか。

そっと触れてみました。

壁に写る文字の跡
更新日
2010/03/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

蓋付き香炉

大須の大光院にある大きな香炉です。
どんぶりの蓋を少しずらして空けて
湯気が出ているような感じですね。
ホカホカしていて温かそうですが、
触れてみると金属の冷たさがあります。
まだちょっと冬の名残を感じました。

「鳥瑟沙摩明王」
更新日
2010/03/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

境界杭の上の測量鋲

年季が入っていて装飾がはがれたり錆びていますが、
境界杭の上に挿してある測量鋲です。

なんだかシャツオンシャツというか
屋上に屋を架しているような気もしますが、
境界杭は永続性が高いものの
ピンポイントで場所を特定できないので、
「点」で測量する都合上こうなったのでしょうか。

境界杭から伸びる影

前回の測量鋲: 測量鋲から伸びる三線(09/10/10)
更新日
2010/03/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

リスの重石

漬物用の重石です。
表面が全面つるつるのプラスチック状なので
洗うのも簡単そうですね。
なんだかカーリングのストーンを連想してしまい、
氷の上で滑らしたくなります。

「#60R リスの重石」

普通に持ち上げて重みを体験するだけではなく、
実はリングタッチもできます。
持ち手の部分の上下にリングが二つあるような、
「日」の字とある意味同じかたちです。
前回のリングタッチ: オリエンタルな車止めポール(10/01/29)
更新日
2010/03/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

南京錠

横向きの南京錠です。
Uの字(ツル)の部分が掛金とこすれて、
細かい傷がたくさん走っています。
爪でグリッサンドできますね。
いつもよりミクロなグリッサンドです。

横向きの南京錠(拡大)
別写真: 遠くから全体像

前回のグリッサンド: ショッピングカート(2)(10/03/04)
更新日
2010/03/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

魚のぬいぐるみ

魚屋さんの低い軒にぶら下がっていました。
小さい胸びれと握手です。

表面の光沢が魚っぽい

前回の握手: ペガサス像(10/02/21)
更新日
2010/03/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

鳥よけCD-R

街路樹にぶら下がっているCD-Rです。
数日前(10/03/09「火災報知器」)、押してはいけない
ボタンにあえて触れる行為を「アンタッチャブル」と
命名しましたが、触れてはいけないものは
なにも非常ボタンに限りません。
CDの記録面も触れてはいけない箇所の代表です。

鳥よけのCDは、記録媒体としては
役割を終えているわけで、その点では
まったく触れていけないわけではないでしょうが、
表面の光の反射で鳥を近づけないという
機能がある以上、不用意に光沢面に
触れるのは慎むべきでしょう。

ということで、通常のCDと同様に
縁を持つようにしました。

「TOUGHNESS CD-R」

前回のアンタッチャブル: 火災報知器(10/03/09)
過去の類似記事: 割れたCD(08/05/26)
更新日
2010/03/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

四角ポールの跡

駐車場で。
かつて四角いポールが立っていたのでしょうが、
根元から切り取られて、邪魔にならないように
余った部分を折りたたんで穴を塞いでいます。
過去に触れたものに比べると、
やや無造作で不定形の切り口になっています。

経年で錆びてはいるものの、
ふだん車に踏まれているわけですから、
安定感のある力強いタッチができます。

錆びたポール切断面(真上から)
別写真: 横から

過去の類似記事: 元消火栓標識のポール(09/01/20)
過去の類似記事: 標識ポールの跡(08/04/30)
更新日
2010/03/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

八王神

瑞穂区の津賀田神社。
お地蔵様や巨木などがある一角に、
それほど大きくない石も祭ってあります。
何の装飾もないシンプルな丸い石にみえるのですが、
近づいてよく見ると、「八王神」と読めそうな文字が。

ごく薄く彫られた文字の凹凸に、注意深く触れてみました。
神聖なものに少々失礼なタッチをして恐縮なのですが、
いつものことです。

「八王神」
更新日
2010/03/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

火災報知器

日常に遍在するアンタッチャブルなボタンです。
ランプの覆いが外れて、中の回路やLEDが
むき出しになっているところも気になります。

「National 非常警報設備」

いまアンタッチャブルという言葉が出たところなので、
押してはいけないボタンにそっと触れてみる行為に
「アンタッチャブル」というタッチの技法名を
与えてもいいかもしれません。

過去のアンタッチャブル一覧:
AEDボックスのボタン(10/01/15)
ガソリンスタンドのボタン(10/01/10)
駅の三色ボタン(09/12/11)
駅トイレの非常呼出ボタン(09/11/17)
排煙装置のボタン(2)(09/07/28)
神社の押しボタン(09/06/17) (これは押してもOK)
地下街シャッターボタン(07/09/29)
駅集中管理システムのインターホン(07/08/17)
排煙装置のボタン(07/04/02)
非常停止釦(07/02/02)
火災報知器のボタン(06/11/26)
更新日
2010/03/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

木の芽

薄い黄緑色の葉っぱが、
ほんの少しだけ開いたところです。
最初、布でできた造花に見えました。

黄緑の芽
更新日
2010/03/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

床下用シリカゲル

床下調湿材としてのシリカゲルです。
食品用に小袋に入っているものを見慣れているので、
何キロという単位で積んであるのを見ると
桁違いのボリュームに圧倒されます。

サンプルで袋から出したものを
一平方メートルぐらいの仕切りの中に敷いて
自由にさわれるようになっていました。
米びつの米のように両手でシリカゲルを
思う存分すくい取れるのは、なかなか
できない体験だと思います。

シリカゲル砂漠
更新日
2010/03/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ポール灯上面の水たまり三態

ショッピングセンターの入口にある、腰の高さのポール灯。
雨上がりで上面がまだ濡れている状態です。
たまたまそのときの偶然なのか、
平坦に見える面にもかすかな凹凸や勾配があるのか、
水たまりの形もさまざまです。

形を変えないように、そっと水面に触れてみました。

ポール灯(端の一部が欠けたもの)
ポール灯(輪になったもの)
ポール灯(三日月になったもの)
上から、端欠け環状三日月状
更新日
2010/03/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

蓋付きプラスチックコンテナ

寿司の丸忠で。
物流用の真っ赤なプラスチック箱です。
蓋の綴じ目の部分が、ファスナーを
拡大したようなギザギザになっています。
ここを押すとパチッと閉められるのでしょうか。
パチッとやってみたいのですが、
いまはギザギザに沿って指で辿るだけで我慢します。

「名北(忠)工場」

前回のパストレーシング: 回転貫入鋼管杭(10/02/03)
更新日
2010/03/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ショッピングカート(2)

スーパーのショッピングカート置き場は
持ち手部分が等間隔でずらっと並ぶかたちになるので、
グリッサンドに最適です。

ここのショッピングカートの持ち手部分は、
左手部分と右手部分がつながっていません。
罫線素片で図示すれば ┌─┐ ではなく ┌ ┐ なので、
中央部で空中グリッサンドみたいなこともできます。
実在しない架空の平行線群を補完して
それに触れるかたちです。

エスカレーター横のカート置き場

前回のグリッサンド: フェンスからはみ出る葉(10/02/24)
過去の類似記事: ショッピングカート(09/02/09)
更新日
2010/03/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

防草シートとホトケノザ

防草シートの端っこから
たくましくも生えてくるホトケノザです。

まだ花は咲いてないホトケノザ

親指と人差し指でつくるL字の位置に
ホトケノザが触れるかたちになります。
前回のデカルトタッチ: 変圧器塔の竹垣(10/01/24)
過去の類似記事: 西日の当たる防草シート(10/01/30)
更新日
2010/03/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

有松駅の昔話レリーフ

再開発された有松駅前です。
歩道のガードレール部分に、むかしばなしを
モチーフとするレリーフが飾ってあります。

下の写真は花咲かじいさんのものですが、
おじいさんが有松絞りの服を着ていますね。
絞りによる複雑な表面を金属製レリーフで
再現してあって、さわりがいがあります。

ここ掘れワンワン
別写真: 枯れ木に花を咲かせましょう
更新日
2010/03/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

マールボロ・揺れるLED広告

タバコの自販機に引っ付けるミニ広告。
Marlboro BLACK GOLDという新製品のPRのようです。
薄い透明プラスチック板の先に、
ぶらぶらと揺れる広告があって、
LEDで点滅することでアピールしています。

LEDの軽量さと消費電力の低さ
(たぶんボタン電池1つで動いています)
をうまく利用した広告といえるでしょう。

もちろん、指でぶらぶら揺らしてみました。

「BLACK GOLD」

過去の類似記事: 「ジョージア上出来カタログ」(09/02/10)
更新日
2010/03/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ