なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

文字の縁ではがれる旗

標語が書いてあるのぼり旗。
経年劣化していて、
プリントした文字の縁から切れ目が発生しています。
印刷によって強度に差が出るのでしょうか。

「住まいの防火」

特に、「の」の部分は文字が脱落して
穴が開いてしまっています。
風でどこかに飛んでいったのでしょう。

穴といえばリングタッチですが、
もちろん風ではためいて激しく動いているので
手や腕にふれまくります。
「触れていないのにつながったことになる」という
リングタッチの極意とは正反対の方向です。
まあ結局いつも何らかの形で物理的に触れているので、
これはこれで面白いです。
前回のリングタッチ: 旗立ての金属リング(10/08/04)
スポンサーサイト
更新日
2010/08/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

水道番号プレート

「昭和 (上水) 専用」と書いてあるのでしょうか。
本来は玄関に張ってあるプレートだと思いますが、
なぜかここでは公園のバリケードに
針金で取り付けてあります。
柔らかい金属板なのであちこちゆがんでいて、
「昭和」の文字のとともに古びた感じを出しています。
(ただし、この昭和は昭和区の意味でしょう。)

「昭和 上水 専用」
別写真: その裏側

過去の類似記事: 水洗プレート(10/07/16)
更新日
2010/08/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

脱着式ガードパイプ

駐車場の片隅で。
コの字を横にした(Πの字状の)パイプですが、
三つが重なるように配置されています。

ΠΠΠ待機中

ここはあまりにも頻繁に車がぶつかるので
三重の強固な防衛ラインを築いている
…というわけではなくて、
よく見ると抜き差しできる可動式です。

営業時間外になると、駐車場入り口に移動させて
車が入れないようにするようです。
そのため入り口にはこれらを差し込む穴が並んでいます。
(別写真: 駐車場入口の防衛線)
営業時間内はここで待機しているわけですね。
更新日
2010/08/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

通天閣ジャングルジム

通天閣を太くしたような、
タワー状のジャングルジムです。
径が太くなる箇所(展望台に相当する部分)が
てっぺんに登るのを阻むようで挑戦的です。

なので、登らずに単にぶら下がるにとどめます。

狭い公園のジャングルジム
更新日
2010/08/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ヒロヘリアオイラガ

茶色と緑色の翅を持つ蛾。せっかくの擬態も、
コンクリートの上では目立ってしまいます。

逃げられない程度にそっと触れてみました。
ちなみに、幼虫は毒があるのでアンタッチャブルだそうです。

あまり動かないヒロヘリアオイラガ
更新日
2010/08/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

面取りしていない路側帯

あまり広くない道どおしの交差点。
角の路側帯は、面取りというか緩い曲線を
描いてよさそうなものですが、
ここでは直角になっています。
車がこれを踏まずに曲がるのは難しそうです。

肩身の狭い交差点

前回のデカルトタッチ: 井桁状の枠(10/08/13)
更新日
2010/08/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

境界標の上の境界プレート

屋上に屋を架しているような、
シャツオンシャツ測量鋲の仲間です。
今回は、境界標石の上に、接着するタイプの
境界プレートを貼り付けています。

「→」

過去の類似記事: 名古屋市測量鋲(10/06/05)
更新日
2010/08/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

「名古屋市下水取付管」標

「名古屋市 下水取付管」と書いてある、
丸ボッチの測量鋲みたいなもの(埋設標?)です。
中央に「下」と書いてあるので、
ポチッと押すと何らかの装置が下に動きそうです。

「名古屋市 (下) 下水取付管」

前回のスイッチオン: マルチマネー対応自販機(10/06/18)
前回の測量鋲: 境界杭の上の測量鋲(10/03/16)
更新日
2010/08/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

階段の手すり子

階段の手すりです。
手すりを支える等間隔の柱が、Cの字に曲がっています。
(こういう柱の名称が相変わらずわからないのですが、
手すり子・バラスターというのでしょうか。
ただし、装飾のある石柱とは違い単なる金属棒です。)

この曲線によって優雅な感じがするのはいいのですが、
手すりがカーブする部分では柱の間隔が
極端に狭くなって窮屈そうになってしまいました。

指も入らないほどの隙間。
入れてみたくなりますが、無理は禁物です。

間隔が狭くなるバラスター
更新日
2010/08/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

網の痕跡

コンクリートの壁。
かつて金属製の網が表面に付いていた
痕跡があります。

錆びた網の痕跡
更新日
2010/08/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

サボテン・金色の棘

金色の細いとげを持つサボテンです。
とげというよりは毛並みに見えてきますね。
触れてもあまり痛くなさそうな雰囲気ですが、
そこは慎重にします。

黄金色の毛並

過去の類似記事: トゲのないサボテン(10/05/25)
更新日
2010/08/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

五角形の境界標(その4)

何度か触れていますが、
ビルの角入り口の左右を飾る
狛犬のような五角形境界標の一対です。
「朝」という文字は、このビルの名前
(朝日丸の内ビル)によるものです。

「(朝)」-1
「(朝)」-2

過去の類似記事: 五角形の境界標(中部電力)(10/07/19)
更新日
2010/08/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ぐるぐる模様の彫刻

愛知国際プラザで。
釉薬による黄色い渦巻き模様があります。
ということは、いつものスパイラルタッチですね。

ぐるぐるする釉薬

ガラス質の螺旋(釉薬の付いたほう)はつるつるしていて
指どおりもスムーズです。
前回のパストレーシング: スパイラル車止め(10/08/06)
更新日
2010/08/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

郵便受

青銅製の郵便受け。
金型で作られたと思われる「郵便受」の明朝体が
落ち着いていて深みを感じさせます。

「郵便受」

インプリンティングしたいところですが、
もちろん押せば蓋が動いてしまいます。
更新日
2010/08/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

磁器の破片

コンクリートの表面に埋め込んであります。
手のひらを広げて、一度にたくさん触れてみました。

磁器とシャッター
更新日
2010/08/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

駐車場のエノコログサ

コインパーキングで。
車止めを設置するために舗装カッターで刻んだ
細い隙間から生えてきています。

植物の生命力の強さを感じます。
でも、ここは車に踏まれる確率が低いので、
意外と安全なのかもしれません。

井桁状の隙間とエノコログサ
更新日
2010/08/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

モイスチャーミスト

高速道路のパーキングエリアで。
大砲みたいな口から霧が吹き出して
周辺を涼しくしてくれます。

観光客が多数訪れる所に設置されることがあるようで、
NEXCO中日本管轄のサービスエリア・
パーキングエリアの設置例が載っています。
(参考: 双葉リース・2009年度設置事例)

「機械には ふれないで! アー 涼しい!」

機械自身に触れてはいけないので、
霧の出口に接近して指を湿らせてみました。
今回は霧にタッチしたことになります。
前回のアンタッチャブル: ボタン式南京錠(10/08/09)
更新日
2010/08/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ガラスショーケースの木柱

先日の記事に引き続き、角があるのに
フレミングタッチが不可能なケースです。
ガラスの直方体でできたショーケースですが、
太い木の柱が障害になっています。

まあ、いつも厳密に三辺にフィットさせている
わけじゃないので、今回のような場合でも
フレミングタッチしてしまうのですが。

ガラスケースに入った定食

前回のフレミングタッチ: 歩道ブロック(10/06/01)
更新日
2010/08/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

井桁状の枠

和料理店の電飾スタンド看板。
黒い木製の、井桁状の枠が特徴です。
前に触れた角(10/06/30)と同様、
これもフレミングタッチを妨害するかたちです。
しかし三方でなく二方がはみ出ているだけなので、
平面のデカルトタッチなら可能です。

「うなぎ」

過去の類似記事: フレミングに挑戦する角(10/06/30)
前回のデカルトタッチ: 四分岐する埋設標(10/08/07)
更新日
2010/08/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

整列するボラード

ビルの入り口。写真左側が車で右が人間用です。
間に歩車道分離用の石柱(ボラード)が並んでいます。
丸型の小さい反射板が目や鼻に見えて、まるで
R2-D2みたいなロボットが整列しているみたいです。

左右を分けるロボット隊列
更新日
2010/08/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

重機の通路としての畳

おそらく家だったところの解体工事です。
入り口に畳が二列に並べてありますが、
奥に見える重機のキャタピラの通り道でしょう。

もしかして、畳はもともとこの家にあったものでしょうか。
だとすると、突然外に出された上に
重機に踏まれてしまうという、ずいぶん
過酷な仕打ちを受けているように感じます。
しかし、そのまま捨てられるよりは
最後のお役目を果たすのも悪くないと
思っているのかもしれません。

外に出されても土にまみれても畳は畳。
その表面にはやさしいぬくもりがあります。

解体完了が近い光景
更新日
2010/08/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

送水口(消防隊専用)

おなじみのプラスチックプレート。
セロハンテープみたいなもので止めてあります。
見るからに新品なのに、何か事情があったのでしょうか。

「(消防隊専用)」

前回の消防隊専用: プレートを失った送水口(10/08/02)
更新日
2010/08/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ボタン式南京錠

0~9の数字のあるボタンの組み合わせで
開けることができる、暗証番号式の鍵です。

押して偶然開くということはめったにないとはいえ、
人のうちの鍵ですから、もちろん勝手に
押すわけにはいきません。
とはいえ、押してみたいボタンではあります。
今後お店でこのタイプの鍵に触れる機会があれば、
しばらく遊んでいるに違いありません。

「1234567890」

前回のアンタッチャブル: 割れたブラウン管(10/07/30)
更新日
2010/08/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

お寺の門ストッパー

お寺の門。
正式な用途や名称はわかりませんが、
左右の門が閉じる中央の位置に、
大福餅みたいに盛り上がった石の部分があります。
門のストッパーみたいな役割なのでしょうか。

面白いのは、木の仕切りがこの部分だけ
形に合わせて半円状にくりぬかれていることです。
ということで、自分でもまねして
親指と人差し指でアーチを作ってあわせてみます。

大福門扉ストッパー
更新日
2010/08/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

四分岐する埋設標

地中に管が埋まっていることを示します。
今回のは写真の上側を北だとすると、
西・北・東・南東の四方向に分岐している
ということでしょう。
複雑な配管になっていることをうかがわせますが、
こういうやや特殊なケースにも
対応できる埋設標示杭が売られているのでしょうか。

四分岐埋設標

手の形で四分岐を模倣するのは大変そうです。
前回のデカルトタッチ: 出隅保護材の節約(10/07/25)
更新日
2010/08/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

スパイラル車止め

ぐるっとらせん状に一周する車止めです。
スパイラルなので、いつもどおり指でたどってみました。
今回は、ジェットコースターになった気分です。

スパイラルボラード

前回のパストレーシング: 割れたガラス板(10/07/18)
更新日
2010/08/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

取っ手付きマス蓋

金属製の取っ手がある四角いマス蓋です。
取っ手が持ち上がってしまうと
歩行者の邪魔になりますから、
手がかりとなるスペースも最低限です。
本当に持ち上げられるんでしょうか。
あるいは工具が必要なのかもしれません。

笑顔にも見えるマス蓋
更新日
2010/08/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

旗立ての金属リング

神社の入り口にある旗立てでしょうか。
金属製のリングですが、
使用していないときは下端に集まります。
単体では見逃しそうなものでも、集まると
重量感が出てきて見ごたえがあります。

リングがぎっしり

リングがたくさんあるので、
ダブルリングタッチができました。
前回のリングタッチ: 羽根のない扇風機(10/06/15)
更新日
2010/08/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

アイスクリームの壁

壁の装飾です。
まだやわらかいうちに、アイスディッシャーで
丸くくりぬいたような装飾になっています。
色も乳白色なので、お店にある掬い売りの
アイスクリームみたいです。
そう思うとなんだか涼しげでいいですね。

本当は冷たくないアイスクリーム壁

ここはやはり、自分の手でアイスを
掬い取るような触れ方をしたくなります。
一種のミミクリーかもしれません。
更新日
2010/08/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

プレートを失った送水口

送水口のプレートが剥がれて失われていて、
壁の地肌というか一枚内側の層が現れています。
長方形の周囲に沿って、弾力感のある
接着剤らしいものが残っているので、
触れてみました。

「放水口配置図(3階~8階)」

前回の消防隊専用: 部品手配中の送水口(10/07/14)
更新日
2010/08/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

蝉穴

崩れないように注意しながら、
そっと小指を入れてみました。
たまにアリが入っていくのですが、
何かいいものが中にあるんでしょうか。

暗黒へ通じる穴
更新日
2010/08/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。