なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

崩れかけている壁

今月はちょっと壁月間みたいな様相ですが、
今回のは部分的に膨らんで崩れてきている壁です。
表面をペンキで一色に塗装しているので
より目立つ感じです。
傷口に触れるような感じになりますね。

灰色に塗られた壁
スポンサーサイト
更新日
2010/09/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

はがれている壁

今月は壁がシリーズ化していますが、
今回のは表面の薄い層がはがれてめくれ上がっています。
もちろん、少しでも剥離部分を増やさないよう
そっと触れてみます。

壁の表皮
更新日
2010/09/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

指差す熊

「くまちゃん」という焼肉屋です。
お店が路地裏にあるため、路上広告に一工夫があります。
まず表通りに指差すくまさんがいて、
その差した先が路地裏の店先、
木登りするくまさんがいるという仕掛けです。

指差されるくまちゃん 指差すくまちゃん

指差すその手と握手をしてみたいのですが、
届かなかったので足握手をしました。
前回の握手: パイプにまたがる土嚢(10/09/14)
更新日
2010/09/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

中華料理店の壺

でんと店先に鎮座する陶器製の壺です。
あまりに大きいので、つぼの持ち手の部分は
片手でリングタッチできませんでした。
両手で輪を作って触れてみます。

でかい壺

前回のリングタッチ: 文字の縁ではがれる旗(10/08/31)
更新日
2010/09/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

園芸用支柱

緑色にコーティングされた、やわらかい金属の棒です。
ここではアーチ状に曲げて、簡単な柵代わりにしています。

アーチに曲げた園芸用支柱

よく見ると太さが均一でなくて、
意図的な凹凸があります。
前回のグリッサンド: ケーブルドラム重ね置き(10/09/23)
更新日
2010/09/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

池田亮司 spectra[nagoya]

名古屋城二の丸広場で。
あいちトリエンナーレの出展作品というか、
昨日と今日限りのイベントです。
名古屋城をバックに、空に向けて
強烈な白色光のビームを発射しています。

会場では、実際にサーチライトが並んでいるところまで
入ることができ、触れることも、手で光を遮ることも
(圧倒的な光量からすればほんのわずかですが)できます。

今回は、サーチライトの上で
手をグーチョキパーの形にして、
宇宙に向けてじゃんけんを発信した
つもりになってみました。

spectra 真下から
更新日
2010/09/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

注連縄の緩いカテナリー

神社の鳥居を飾る注連縄です。
垂れ下がりかたが通常より大きめで
緩めのカテナリー曲線状になっています。

市内にある普通の神社ですが、
多湿系の深い杜の中にあるイメージになりますね。
ジャンプすると手が届くので、
もちろんいつもどおりタッチしてみました。

ウェットなカテナリー
更新日
2010/09/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ケーブルドラム重ね置き

電線を巻くためのドラムだと思います。
大量に積み重なった状態で(最大13段)、
壁に寄りかかるように置いてありました。

「大量に重ねて置いてある」

それだけのことですが、
数で圧倒するというインパクトと繰り返しの効果、
それに不安定な配置というスリル感も合わさって、
とても気になる存在になります。

十三段ケーブルドラムタワー

今回は「工」形のものが縦に並んでいるかたちなので、
縦グリッサンドで触れてみました。
前回のグリッサンド: 塗り壁(10/09/19)
過去の類似記事: 消火器の山(07/09/17)
更新日
2010/09/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

トクサと送水口

送水口の下にトクサが植えられています。
このままトクサが伸びてくると、
送水口を邪魔してしまうような気もします。

「送水口(連結送水管)」「送水口(スプリンクラー専用)」
猫草稲苗の時のような、てっぺんから
ツンツンするようなタッチを行ってみます。
前回の消防隊専用: 送水口(消防隊専用)(10/08/10)
更新日
2010/09/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

色のあるペットボトル

資源ごみの回収場所。
緑色のペットボトルの実物が置いてありますが、
このような色付きのものは回収していません
という意味のようです。

夕日で緑の透過光が生まれています。
ボトルがつぶれてくしゃくしゃになっているので
それが模様を織り成していてきれいです。
自分の手に映し取ってみました。

「色のあるペットボトルは回収してません」
更新日
2010/09/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

半分レンガの壁

再び壁テクスチャーシリーズです。
今回のはレンガの壁ですが、周辺部だけ配置されていて、
中央は壁画を描くスペースとなっています。

ということでレンガは横に何列か並べてあるだけで、
どの横列にもに端があります。
モルタルの端がミミズかイモムシの頭みたいで、
妙に生き物っぽいので気になって触れてみました。

レンガとモルタルの端

横に長いレンガで一本だけ飛び出ている箇所は、
接着部分が少ないので、力を入れれば
捥げてしまいそうな不安定さがあります。
実際の強度はわかりませんが、
もちろんそんな触れ方は厳に慎みます。
更新日
2010/09/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

塗り壁

先日に続き壁のテクスチャーです。
今回は櫛で横に梳いたような模様になっています。
櫛が離れるときのスッと払うような動きが、
書道の筆跡のような感触で面白いですね。

書道でいう払いみたいな箇所

今回は見たまんまですが、指を櫛代わりにして
フィンガーコーミングしたいところです。
垂直に触れればグリッサンドです。
前回のグリッサンド: タイヤの内層(10/09/12)
更新日
2010/09/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

丸栄の壁

丸栄のコンクリート壁のテクスチャーです。
平らな生コンクリートの表面を
スプーンで掬い取ったような模様です。

大まかには蜂の巣のような六角形の並びですが、
ほどよく不規則になっていて
たまに五角形や七角形も見かけます。

波立つアイスクリーム表面

指でアイスクリームを掬い取るように、触れてみました。
過去の類似記事: アイスクリームの壁(10/08/03)
更新日
2010/09/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

七色に透ける夕日

しゃぶしゃぶ屋の店先。
前に触れましたが、パトライトのかわりに
風で回転する電力不要の風車です。
今回のはちょうど夕日で透けるかたちで
七色の羽根を回転させていました。

「9月末までしゃぶしゃぶ食放・飲放」

残念ながら、風車自体には手が届きません。
過去の類似記事: 広告塔としての風車(08/10/15)
更新日
2010/09/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ご意見カード投入口

ここに自分で意見を書いて投入することなんて
おそらくないと思いますが、
意見になったつもりで手を入れてみます。

「ご意見カード投入口」

前回のミミクリー: アウトドアバーナー(10/07/13)
更新日
2010/09/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

玉神

パチンコ屋の店先に祀られている
木製の巨大な玉です。
直接さすってください。
あなたの運気が
アップするかも。
とあります。
もちろん、そう言われたからには
触れずにいられません。

これで本当にパチンコ運がアップしたら
お店の人は商売あがったりでしょうが、
道行く一般の通行人たちの
パチンコ以外の運気も向上してくれそうで、
その点では太っ腹な計らいです。

「玉神」

「ご神体に触れてもよい」つながりで…
過去の類似記事: ドアラのしっぽ(08/10/02)
「球体は水晶玉のようにタッチ」つながりで…
過去の類似記事: 車止めポールの球体(10/04/02)
更新日
2010/09/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パイプにまたがる土嚢

バリケードの横に渡る金属パイプの上で。
安定化のために土嚢を両端にぶら下げてますが、
まるで平均台にまたがって
座っている二人のように見えます。

長時間このポーズを取るのは、
捧がお尻に食い込んでちょっと痛そうかも。
軽く持ち上げて、一時的にでも
重量負担を軽減させたい気持ちになります。

平均台の両端で向かい合う二人

今回はそれに加え、足握手というのはどうでしょうか。
前回の握手: アルパカで作ったアルパカ(10/09/11)
過去の類似記事: 土嚢に食い込む金具(10/02/04)
更新日
2010/09/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

断熱材付きダクト

お店のダクトホースです。
スポンジ状の断熱材で包んだ上で、
表面を薄いアルミ蒸着したような素材で覆っています。

無機質ながらも
ちょっとぬいぐるみのようなモフモフ感が
あるため、気になる存在です。

下に伸びるダクト
別写真:
更新日
2010/09/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

タイヤの内層

公園の車止めとして使われているタイヤ。
経年劣化して外側の層がはがれ、
普段見ることのない内側のレイヤーが見えています。
複数の向きの異なる繊維状の
構造でできているのがわかりますね。

タイヤのレイヤー

内側の繊維を横断するように、
爪でグリッサンドしてみました。
前回のグリッサンド: 波打つ横引きシャッター(10/07/15)
更新日
2010/09/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

アルパカで作ったアルパカ

再び大須で。
読んで字のごとく、文字通りアルパカのぬいぐるみです。
フォルクローレ専門店のPukioという
お店のディスプレイのようです。

アルパカ
別写真:

前回の握手: 緑色のマネキン(10/07/31)
更新日
2010/09/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

総見寺の壁

大須にある総見寺。
お寺の周囲を囲う壁が面白いです。
壁に瓦を積み重ねて埋め込んでいるようで、
モールス信号のようにも見えます。
基本的に直線ですが、
ところどころ曲線の瓦でアクセントが付けてあって、
まるで抽象画でも見ているようです。

ところでこの壁、どこかで似たものを
見たことがあると思っていたのですが、
熱田神宮にある信長塀ですね。
これも瓦を重ねて作った土塀です。
総見寺は信長ゆかりのお寺ということで、
ようやくつながりました。

「――・・・―――・・―・―」

今回は、やはり横一線に指で
モールス信号を辿りたいところです。
前回のパストレーシング: 整列する針葉(10/09/07)
更新日
2010/09/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

自転車屋の空気ポンプ

昔ながらの自転車屋の店先で。
店主休養のため店はお休みですが、
ポンプは使える状態で置いてあるという
心遣いです。

空気入れとハンガー
更新日
2010/09/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

重石としてのそろばん

平らに積んで売られているタオルの上で。
パチパチと懐かしいタッチでした。

「日本製キッチンタオル 1枚 ¥70」
更新日
2010/09/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

整列する針葉

前にも触れた、NTTのマンホールです。
模様の凹側が卍に見えるというものでした。

今回のマンホールには、針状の落ち葉がちらほらと
凹側の窪みに入っています。
模様からして当然のことですが、
縦または横に整列しています。

斜めにならない針状葉

卍を指で書く、文字パストレーシングです。
前回のパストレーシング: ぐるぐる模様の彫刻(10/08/19)
過去の類似記事: NTTマンホールの模様(09/12/09)
更新日
2010/09/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ゴール直前のフウセンカズラ

手が届くぐらい低い位置にある電線です。
フウセンカズラの蔓が巻きついていて、
電線の頭端に到達目前の状態です。
この先どう進むか見当が付きませんので、
少し不安ではあります。

ともあれ、先っぽに触れてみます。

フウセンカズラのその先に
更新日
2010/09/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

滑り止め舗装タイル

ビルの駐車場出口。
地下から急勾配で車が登ってくる場所なので、
滑り止めの凹凸が付いたタイルを敷いています。
×印にちょっと似た模様です。

×っぽい滑り止め

手よりも大きな模様なのでインプリンティングは
できないですが、十字(×印)のデカルトタッチは
できそうです。
前回のデカルトタッチ: “米電”(10/09/04)
更新日
2010/09/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

“米電”

電気関係の埋設標か何かでしょうか。
米印みたいな、中心から八方に広がる
矢印の記号が、なんだか輝くような神秘性を
見せています。

「※電」

さわり方としてはちょっと困ったのですが、
見方によっては直角が8つあるわけですから、
八方デカルトタッチを行ってみました。
指で作ったL字を、45度ずつ角度をずらしながら
触れていくわけです。
前回のデカルトタッチ: 面取りしていない路側帯(10/08/26)
更新日
2010/09/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エンジンテレグラフ

お店の入り口に、ディスプレイとして飾ってあります。
これは何のためのものかはよく知らなかったのですが、
操舵室から機関室の機関士へ、エンジンの出力や方向
(AHEAD=前進 ASTERN=後進)などを伝える装置のようです。
今では、操舵室から直接エンジン操作できると思います。

もちろんいろいろ回してみたいのですが、
一応ディスプレイですので
軽くレバーに触れるにとどめます。

「FULL - HALF - SLOW - DEAD SLOW - STAND BY」
更新日
2010/09/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ギャラリーの彫刻

ギャラリーの入り口を飾る、石の彫刻です。
枠の四辺から四本のにょろっとしたものが
伸びているのですが、互いに接続を
拒否するような方向に進んで途切れています。

こういうものを見ると、本来接続しそうな
方向につなげてみたくなるものです。
硬い彫刻は曲げようがないので、
指で空中に補助線を書くようにして
つないだ振りをしてみます。

タイトル不明
更新日
2010/09/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

貼り紙防止シート

電柱の腹巻きです。
細かいドット模様による凹凸の付いたシートですが、
実はこれ、貼り紙を防止するシートなんだそうです。
確かにこれだと張りにくくてはがしやすくなります。

ここでは二重に腹巻きをしているようで、
上にちょこっと見えるのが比較的粗い凹凸で、
新しく巻いたのは細かい凹凸です。
(写真をクリックして拡大してください。)

凹凸腹巻き

このテクスチャーには
前にも一度触れているのですが(下記類似記事参照)、
そのときはまだ用途を知りませんでした。
何気ない模様にもちゃんと意味があるんですね。

さて、凹凸といえば、手のひらに跡を残してみるのが
いつものパターンです。
前回のインプリンティング: メッシュドア(10/07/26)
過去の類似記事: 凹凸虎縞模様(09/07/30)
更新日
2010/09/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 1
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。