なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


キャスコーナー

鉄製の段差スロープです。
錆びた色で風合いが出ています。

「キャスコーナー」

星形のようなテクスチャーに触れてみます。
前回のインプリンティング: 電柱の鎧(11/01/01)
更新日
2011/01/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ピースするマネキン

指の関節が動かせるマネキンです。
イタズラというほどのものでもないですが、
指の形をピースサインにされています。

黒服を着てピース

二本指に対しては、やはりこちらも
二本指で握手するのが礼儀のように感じました。
前回の握手: クリスマスくまさん(10/12/19)
更新日
2011/01/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

錆びた南京錠

駐車場フェンスの、かつて扉だった場所です。
南京錠と金具が錆びて一体化してしまい、
反対側の金具もろとも取れてしまっている状態です。

ここだけ見ると防犯上の問題がありそうですが、
もう扉は動かないので心配は要りません。
足元の部分がコンクリートで埋まっています。

対向側の金具と一体化した錠前
別写真: 扉の足元部分

この鍵は、役割を終えてからもずっと
動かない扉を守り続けていたのでしょうが、
人知れずいつしか力尽きてしまったようです。
そう思うとちょっと悲しい光景です。
更新日
2011/01/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ゴム製の袖ビーム

ガードレールの端っこの、カーブして丸まったところを
袖ビームと呼ぶのだそうです(カッコいい名前ですね)。
その部分を、黄色いゴムみたいな
樹脂製のもので置き換えています。
角にぶつかった時のショックが緩和されそうです。

黄色いビーム

色が目立ちますし、硬いとはいえゴムが持つ
弾力がありますので、当然のように触れたくなります。
色違いですが、過去に触れたことがあるようです。
過去の類似記事: 交差点のガードレール(07/04/22)
更新日
2011/01/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

水銀灯柱

水銀灯の金属柱です。
コーンフレークみたいなかたちの区画で
区切られたような模様になっています。
溶けた金属が冷えてできたときの結晶の向きの関係で
こんなふうになるのかもしれません。
ある意味、自然の風合いを生かした模様です。

触感でわかるテクスチャーというわけではありませんが、
とにかく触れてみます。

水銀灯柱の肩の部分(太さが変わる箇所)
更新日
2011/01/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パイロン六人衆

門型標識柱の工事でできた穴。
6人のパイロンが身を寄せ合って、穴を防衛しています。
というか、人が穴に落ちないようにしているわけですが。

パイロン・セクステット

タッチ対象は6つになりますね。
前に思いついたドレミタッチを実践するなら、
ドレミファソラと6つの音階を頭の中で
奏でることになります。

「数に触れる」。
抽象的なものに手で触れるというのも変ですが、
要は指で一個一個さわりながら対象を
数えればいいわけですから、簡単ですね。
これからもちょくちょくやってみるかもしれません。
過去の類似記事: 三つ並んだパイロン(10/12/27)
前回のドレミタッチ: 排煙装置のハンドル×3(10/12/28)
更新日
2011/01/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エキスパンドメタル床の駐車場

床テクスチャーシリーズ。高い部分にある駐車場です。
床が金属網(エキスパンドメタル)になっていて、
シースルーというか実際に透けています。
小物を落とすと階下に行ってしまいそうです。

網で車の重量を支えられるというのは
ちょっと意外でワクワクします。

鍵を取り出すとき何か落としそうでちょっと怖い駐車場

過去の類似記事: 縞鋼板+金属網(11/01/07)
更新日
2011/01/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

土嚢からホトケノザ

土嚢というのは中は要するに土ですから、
このように破れ目があるとそこから
生命をはぐくんでしまうわけです。

これから温かくなったら、
小さな花を咲かせるかもしれません。

土嚢からホトケノザ

過去の類似記事: 防草シートとホトケノザ(10/03/03)
更新日
2011/01/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

工事規制看板の裏

工事による道路規制の看板。
日付などを表示するマグネットシートが
裏で待機しています。

「1」「2」「3」…、「います」

いつものように、ちょこっとはがしてみたくなります。
幸い、はがしても元に戻るものですし。
過去の類似記事: マグネットシート「休工中」(09/03/12)
更新日
2011/01/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

残雪と棒倒し

六日前の雪がまだ残っています。
誰かが木の棒を突き立てたようですが、
もういつ倒れてもおかしくなさそうです。

自然棒倒し

あるいは、砂場の棒倒しみたいなことを、
自然の精霊たちがこっそりやっているのではないでしょうか。
昼間の気温で少しずつ溶かしながら、
倒さないように遊んでいるに違いありません。

ということで、ゲームを邪魔するのは申し訳ないのですが、
試合結果に影響しないように、棒にそっと触れてみます。
更新日
2011/01/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

三目並べのタイル絵

絵が描いてある路面のタイルです。
次の一手を指してみたくなります。

左上が×、中央に○

過去の類似記事: 三目並べができる遊具(06/11/21)
更新日
2011/01/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

路上の赤青マーク

先日同様に、路上に付された赤青二色のマークです。
十字は刻んでいないので、測量とは違うかもしれません。
二色のマークが二つ仲良く、連星のように並んでいます。

赤青連星

先日もそうでしたが、赤と青の二色というのは、
何か二つのものを対比させる記号として、
もっとも自然な色分けなんでしょうね。

もちろん、二本の指を使って両方とも触れてきました。
更新日
2011/01/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

境界杭に赤青十字

境界杭の上にさらに測量鋲を打ち込んだタイプの、
シャツオンシャツ測量鋲は何度か出てきました(検索)。
しかし今回のは、コンクリート杭に直接
十字を刻み込んだ簡素なタイプです。
ただでさえ経年で角が丸くなっている境界杭が、
さらに傷つけられている姿は少々気の毒です。

赤青ダブルカルテシアン

二つの十字があって、赤と青の二色でマークされています。
一つじゃないのは何か事情があるのでしょうか。
前回のデカルトタッチ: 中電の引照点(10/12/23)
過去の類似記事: 境界標の上の境界プレート(10/08/25)
更新日
2011/01/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

送水口(消防隊専用)

送水口の破壊板にはふつう、
割れやすいように十字の刻みが付いているものです。
しかしこの送水口の板にはありませんね。
不透明の青色一色で、独特の目つきです。

「送水口(消防隊専用)」

前回の消防隊専用: 送水口(消防隊専用)(10/12/30)
更新日
2011/01/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

一枚板ベンチ

背中側の壁から、金属板が一枚出ているだけの
シンプルなベンチです。
板はそんなに厚くないですし、また足や支えが全くないので、
一見、体重をかけるのに不安のある形状です。
実際手で押してみると、多少のたわみは感じますが、
意外と問題なく座れそうです。

一枚板ベンチ
更新日
2011/01/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

積雪

ぐっと手のひらの跡を付けたくなるのはやまやまなのですが、
今回は表面の形を崩さないように、
触れるか触れないかぐらいの位置に、
雪面と手の平面を合わせてみました。

雪テクスチャー
更新日
2011/01/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

点字ブロックお立ち台

ビル駐車場の出口で。
2×2の正方形に並べられた点字ブロックのエリアが
気になりますが、誘導係員の立ち位置でしょうか。
だとすると、点字ブロックの本来の目的を離れ、
滑り止めとして転用されていることになります。

点字ブロック正方形
更新日
2011/01/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

月夜に動く電信柱

この電柱の足元を見るとわかるように、
アスファルトをめりめりと押しのけながら
少しずつ移動しているのではないでしょうか。
きっと月夜の晩には、一晩に0.1ミリぐらいのスピードで、
ゆっくりと歩いているに違いありません。

ドッテテドッテテ、ドッテテド

しかし昼間はこうして静まり返っています。
もちろん力で押しても、動く気配はまるでありません。
前回のパワータッチ: 巨大マンホール(11/01/11)
更新日
2011/01/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

鈍角コーナーガード

このブログではたまに出てくる、出隅保護材です。
普通は直角の角(かど)を保護していますが、
今回のは180度に近い鈍角のコーナーです。

ストレッチでたまに足を広げるぐらいなら
この姿勢はいい体操になるでしょうが、
ずっとこの角度をキープしなくてはいけないのは
大変そうです。

鈍角コーナー

さわり方は、親指と人差し指でフィットさせる、
いつものセミデカルトタッチです。
ただ今回は、自分の指もストレッチが必要のようです。
更新日
2011/01/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

段差スロープ

車より人の出入りする場所で。
プラスチック製の段差スロープですが、
表面の滑り止めの凹凸模様が削れてきています。
滑りそうでちょっと怖そうなテクスチャーです。

ひょっとすると、車で踏むより人間の靴で踏むほうが
案外ダメージが大きいのかもしれません。

滑りやすそうな段差スロープ
更新日
2011/01/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

巨大マンホール

交差点上にある巨大なマンホールの蓋です。
工事用の仮設のものでしょうか。
縞鋼板の蓋ですが、一枚じゃ足りないみたいで、
複数枚溶接してつなぎ合わせてあるようです。

「Z06」

取っ手の部分を実際に手で取って、
引っ張って開ける動作がしてみたいですね。
もちろん力をかけても開きません。
そもそも自分自身が蓋に乗っている状態ですし。

なお、パワーを込めて取っ手を握り締めると、
思いっきり油みたいなものが手に付きます。
手を汚すタッチというのは、当ブログでは異例のことです。
前回のパワータッチ: 自然石グレーチング(10/10/14)
更新日
2011/01/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

街の彫刻「未来への手紙」

栄町商店街のモニュメント整備事業の作品の一つ。
秋吉かずきさんによる2010年作の彫刻です。
三つある直方体ピースの一つがずれているので、
私としては当然のように、これを動かして
本来の位置にはめてみたくなる衝動に駆られます。
軽く掴んでみましたが、もちろん動きません。

「未来への手紙」「137億年の孤独を定められし人間の営みとして。」

こういう彫刻が持つ、動かせそうなのに
静寂さを保つ姿には何か惹かれるものがありますね。
作者による設置作業中の写真を見ると、
ますます動かせそうな気がするのですが。

過去の類似記事: 街の彫刻『石曼荼羅』(08/03/31)
更新日
2011/01/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

顔認証タバコ自販機

顔による成人認証ができるタバコの自販機です。
音声案内にしたがってミラーに顔を向け、
ボタンを押せば認証されるようなのですが、
とにかく、注意書きの貼り紙だらけです。

・メガネ・帽子着用ではいけないこと
・顔を動かさずまばたきする必要があること
・まばたきのコツ「一度軽く目を閉じてからパチパチッ」
・顔認証に失敗した場合車の免許証による認証になること
・万一免許証が排出されなかった場合の対処法

などがあります。
まだまだ複雑で実験的な要素もあるのでしょうね。
しかし、これはこれで目立つので、
通行人への広告効果は十分にあると思います。

「まばたきのコツ 一度軽く目を閉じてからパチパチッ」
更新日
2011/01/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

駐車場のU字形白線

車の位置を仕切る、Uの字形の白線です。
余ったスペースを少々無理やり有効利用しているためか、
斜めの用地界の直線と、Uの字の底のカーブが、
接するように線が引かれています。
まるで数学に出てくる接線みたいです。

細く引き伸ばしたU

ものとものとが触れ合う場所に、タッチする。
「触れる」という行為の、一種の共同作業といえましょう。
というか、勝手に私が便乗しているだけですけどね。

でも、また新しい名前を付けるなら、
コラボレーションなどと呼びたいところです。
過去の類似記事: 街路樹と鳥居支柱の結び目(10/12/16)
更新日
2011/01/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

縞鋼板+金属網

テクスチャーに触れるシリーズです。
もともと縞鋼板には滑り止めの凹凸がありますが、
さらにその上に金網を溶接して止めることで
深い凹凸を作り出し、滑り止め効果を磐石にしています。

ただしそのために、隙間にゴミが入りっぱなしになったり、
コケが生えかけていたりします。

ダブル滑り止め鋼板
更新日
2011/01/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エキスポール

上下式の車止めです。
車を通行させたいときは、このように下げて
地中に埋没させています。
いたずら防止なのか、マイナスドライバーみたいなもので
開閉(上げ下げ)をロックできるみたいです。

「エキスポール」「閉←→開」

今回は爪を使って、
マイナスドライバーを模倣してみます。
前回のミミクリー: manacaチャージ機?(10/11/16)
更新日
2011/01/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

トイレ案内図

引き続き東静岡駅で。
ちょっと古い感じがする、トイレの点字マップです。
和便器・洋便器・小便器のアイコンが、
それぞれ上から見たようなかたちとなっています。
これは何か共通のデザインとかあるんでしょうか。

「トイレ案内図」
更新日
2011/01/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ガンダム

東静岡に展示されている、等身大のガンダムです。
「タッチ&ウォーク」で、実際に台座のところ入って
足元に触れることができます。

下の写真は足元にある、「MANUAL RELEASE」と
書かれたスイッチ状の金具です。
このように、実際にモビルスーツの整備を行う人を
想定した文字や注意書きもあります。

「MANUAL RELEASE」

前回のスイッチオン: 光輪のあるLED(10/12/20)
過去の類似記事: シャアコスチュームセット(08/07/05)
更新日
2011/01/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

水かけ地蔵

笠寺観音の手水舎で。
毛糸で編んだニット帽をかぶっています。
これだと防寒というよりは、
むしろ長時間濡れたままになってしまう気もします。
きっと、常に頭をクールな状態に保ちたいのでしょう。

「水かけ地蔵」

昨年の初詣のときと同様に、
不浄の手で触れて穢してしまった部分を
キャンセルするように水をかけました。
過去の類似記事: 八事山之霊水(10/01/04)
更新日
2011/01/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

切り株を保護する金属板

木の切り株。
痛まないように上面を金属板で覆ってあります。
縁の部分は丁寧に切り折りして釘で止めてあります。

端の処理が丁寧な切り株

木と金属が触れる端っこの部分も気になりますし、
あと全体的には和太鼓にも見えるので、
膜に相当する部分を叩いてみたくもなります。
前回のパーカッショナイズ: 送水口(消防隊専用)(10/12/30)
更新日
2011/01/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

電柱の鎧

電柱には、車両との衝突を防ぐため、
虎縞の腹巻き(電柱標識板)がよく取り付けられています。
よく見かけるのは樹脂製のやわらかい素材なんですが、
ここで見つけたのは何とアルミ製のものです。
鎧で武装したような頼もしさがあります。

武装した電柱

ちなみに突起模様があるのは、過去に述べたように
貼り紙を防止するものらしいです。
過去の類似記事: 貼り紙防止シート(10/09/01)
金属製で大き目の凹凸なので、
手のひらにしっかり跡が付きます。
前回のインプリンティング: 貼り紙防止シート(10/09/01)
更新日
2011/01/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ