なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


山崎川の桜2011

なぜか毎年恒例となっている、桜タッチです。
今年の名古屋の開花は27日だそうで、
去年よりは9日遅かったようです。
それよりさらに4日遅れて訪れたので、
割と咲いている枝を見つけることもできます。

桜と空

過去の類似記事: 山崎川の桜(2010年版)(10/03/19)
更新日
2011/03/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エレベーターの非常ボタン(6)

愛知芸術文化センターのエレベーター。
普通の「押すと引っ込む」ボタンではなくて、
ボタン表面の金属部分に触れると反応する
無接点のタッチスイッチを採用しています。

黄色地に黒の受話器マーク

いままで、アンタッチャブルな非常ボタンに対しては
「表面にごく軽く触れる」ということで、
効果を発動させることなくタッチできていました。

ところが今回の非常呼び出しボタンは、
触れるだけで本当に作動してしまう可能性があるので、
表面にさわることすらできません。
文字通りのアンタッチャブルですね。

ということで、今回は正面からのアプローチは
あきらめて、横からそっと触れることにしました。

ただし、非常ボタンだけ黄色い非金属の地なので、
ひょっとしたら機械式のボタンかもしれません。
しかし、もちろん試すことは許されません。
前回のアンタッチャブル: エレベーターの非常ボタン(5)(11/03/21)
更新日
2011/03/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

段差スロープコーナー

滑り止めテクスチャーに触れるシリーズ。
段差スロープのコーナーの部分ですが、
とてもかわいらしく見えます。
面積が小さくて形も扇形となっており、
こうなると模様というよりは、一つの顔といっても
いいぐらいの表情を見せているようです。

滑り止め模様デザイナーさん
(そんな人がいるのかどうか知りませんが)
にとっては、腕の見せ所かもしれません。

キュートな段差スロープコーナー

段差スロープつながりで…
過去の類似記事: キャスコーナー(11/01/31)
小面積テクスチャーつながりで…
過去の類似記事: ミニ縞鋼板(11/02/19)
更新日
2011/03/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

フレキシブルパイプ

蛇腹状の排水パイプが、経年劣化したものです。
配管自体はかなり失われていて、
コイルのらせんがむき出しの状態になっています。

バネ感のあるパイプ
更新日
2011/03/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

トゲトゲシートによる電柱の犬よけ

電柱の犬除けに、
猫よけのトゲトゲシートを配置しています。
効果が疑わしいペットボトルに比べると、
いかにも接近を阻むような見た目ですが、
実際はどうなんでしょう。

放射線状に配置されるトゲトゲシート

過去の類似記事: トゲトゲシート(07/11/19)
更新日
2011/03/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

真っ赤なドラム缶

太鼓に見えるものを叩いてみるシリーズです。
鮮烈なまでの赤の着色からすると、
これは防火用水なのかもしれませんが、
蓋は鋲打太鼓のように、完全に閉じられています。
ひょっとすると、いざというときは缶切りで
こじ開けるのでは…と想像してしまいます。
長期間保存可能な防火用水です。

赤一徹のドラム缶

前回のパーカッショナイズ: 金属製電柱(11/02/23)
過去の類似記事: 切り株を保護する金属板(11/01/02)
更新日
2011/03/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

横向きの忍び返し

この門には忍び返しが上にあるのですが、
それを横向きにも配置して、門と壁の間を
潜り抜けるのを防ぐ役割も果たしています。

→→→
別写真: 本来(上向き)の忍び返し

刺さると痛そうな先っぽに対しては、
畏怖の念を持って接したいものです。
過去の類似記事: 神社の門(08/11/22)
過去の類似記事: 忍び返し(刃物のようなもの)(09/10/09)
更新日
2011/03/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

縦格子と自転車のタイヤ

自転車置き場と道路との境界が
縦格子のフェンスになっています。
そのため、道路側から見ると、
フェンスの隙間からときどき自転車の
タイヤが顔を出している状態になります。

不規則に自転車が顔を出すフェンス

グリッサンドで触れてみると、
フェンスの規則正しいリズムの間に
ときどき不規則な拍が乱入する感じです。
前回のグリッサンド: 犬矢来とツタ(11/03/08)
更新日
2011/03/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

木製電柱と街路灯

背の低い木製電柱。
もとは普通の高さの電柱だったのかもしれません。
いまでは上部は失われたものの、
路地の街灯を支えています。
人の身の丈に近い高さから明かりを照らしてくれるというのは、
心強いやさしさを感じます。

昼間灯る街路灯
更新日
2011/03/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

芝生の穴

この棒で穴を開けたのか、あるいは
穴があったから棒でつついてみたのか。
いずれにせよ、ちょこっと追体験してみたくなります。

穴の水たまりに映る空(写真には写ってません)
更新日
2011/03/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エレベーターの非常ボタン(5)

先日に引き続き。
今回のは、ちゃんと保護カバーが付いています。
カバーとボタンの間の距離にゆとりがあって、
そこに指を入れてみたくなりました。

「非常時 押しつづけると 外部に連絡できます」

前回のアンタッチャブル: エレベーターの非常ボタン(4)(11/03/20)
過去の類似記事: エレベーターの非常ボタン(4)(11/03/20)
更新日
2011/03/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エレベーターの非常ボタン(4)

「非常呼」と書かれた、
エレベーター非常呼び出しボタンです。
今回のは、誤押しを防止するプラスチック製の
覆いがない、普通の裸ボタンとなっています。

「非常呼」

周りと比べて凸にも凹にもなっていなくて、
いわば平面性の高いボタンです。
ある意味謙虚なたたずまいといえましょう。
過去の類似記事: エレベーターの非常ボタン(3)(11/02/28)
前回のアンタッチャブル: エレベーターの非常ボタン(3)(11/02/28)
更新日
2011/03/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

土の湿り気

壁面を撤去する作業によって、
かつて地面の下だった土が露出しています。
まだ湿り気のあるうちに触れてみました。

日の目を見ることになった土
更新日
2011/03/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エキスパンドメタルフェンス

用水路のフェンスです。
バネみたいな見た目による先入観かもしれませんが、
面全体が心地よく揺れる感じがします。

アイスグリーン色のエキスパンドメタル

過去の類似記事: エキスパンドメタル床の駐車場(11/01/25)
更新日
2011/03/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

土に還りつつある土嚢

花壇の一部に土嚢が積んであります。
その袋の表面が経年劣化で失われてゆき、
むき出しになった中の土から草が生えつつあります。
このまま、花壇の土となりそうです。

花壇と同化しつつある土嚢

過去の類似記事: 土嚢からホトケノザ(11/01/24)
過去の類似記事: プランターとしてのドラム缶(10/12/22)
更新日
2011/03/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コンクリートの鉄筋

崩れたコンクリートから、縦横に二本。
触れれば揺れます。

足場を失ったバリケードも一本
更新日
2011/03/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ぽてパリくん

スナック菓子を売っている自動販売機。
売っている商品は、
・ラーメン丸
・チップスター(うすしお・コンソメ)
・ふわまきミルクケーキ
・チョコあ~んぱん
・プリッツサラダ味
です。
ちょっと古い感じですが、現役のようです。

「POTATO BOY」「ぽてとがパリパリ!ぽてパリくん」
別写真: ボタンと商品ディスプレイ部分拡大

上には「POTATO BOY」という文字があります。
前に触れた、ランチボーイと同じ会社かもしれません。
過去の類似記事: ランチボーイ自販機(07/12/14)
前回のスイッチオン: クレーンゲームのボタン領域(11/02/17)
更新日
2011/03/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

桜色の十字

測量用のマークがピンク色で描かれています。
コンクリートの表面に咲いた、
小さな一輪の花のようにも見えます。

春の色がする十字

前回のデカルトタッチ: 金属製コーナーガード(11/03/06)
更新日
2011/03/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

木曽川の渡船

今月30日に廃止される、
葛木渡船と日原渡船(塩田の渡し)に乗ってきました。

風や風景はもちろんのことですが、
触れるという点で、手に伝わるエンジンの振動も
ちょっと意識ながら乗船してみました。

第八塩田丸
写真は、第八塩田丸が右岸から出航しているところです。
昼休みで運行しない時間が終わった直後なのと
ニュースで知った人も多いせいか、
定員が埋まるぐらい混雑していました。
更新日
2011/03/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

五条橋の路面

路面の滑り止めテクスチャー。
石を並べて、扇のような模様を作っています。

五条橋を下向きに望む
更新日
2011/03/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

戸笠池の遊具

先日の駅の近くに、戸笠池と戸笠公園があります。
やはり圧倒的に気になるのは、この幾何学的な遊具。
外枠の骨組みは正八面体のかたちになっていて、
内部のロープの網目は、おそらく切頂八面体という
かたちになっています。

Jupiter: 正八面体の結晶
別写真: 頂点拡大ロープ正方形ロープ正六角形

骨組みの頂点部分に会社名があるので調べてみると、
Berliner Seilfabrik社の
Universというシリーズの遊具のようです。
(JupiterかMini Jupiterというモデルでしょうか。)

強引ですが、骨格の頂点に、フレミングタッチ
みたいなものをやってみました。
頂点から4本の辺が出ていますから、
いつもと違い、指は4本必要ですね。
まるで、自分の手が原子レベルの大きさになって、
結晶構造に直接触れているような気持ちです。
もちろん、ぶら下がってみることもやってみます。
更新日
2011/03/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

相生山駅入口

今月26日に延伸する、地下鉄桜通線の駅です。
シャッターが半開きになっていて、
エレベーターと階段を臨むことができます。

もちろんコーンバーより先には入れないのですが、
指先だけは数歩分(人差し指と中指で歩く歩幅で)
バーの下をくぐって入ってみました。

シャッター半開きの駅入口

過去の類似記事: 福袋(09/12/31)
更新日
2011/03/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ワイヤーラックの星

お星様とリングタッチできます。

ルミナス卓上ラック

前回のリングタッチ: ソフトクリーム・イルミネーション(10/11/17)
更新日
2011/03/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

犬矢来とツタ

日本料理店の犬矢来です。
端っこから枯れたツタみたいな匍匐性植物が一本だけ、
這うように枝を伸ばしていています。

枯れた雰囲気の犬矢来

文字通り枯れた雰囲気になりますね。
グリッサンドのときは
枝に触れないよう気をつける必要があります。
前回のグリッサンド: アンモナイト(11/03/01)
更新日
2011/03/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

めくれるトタン板

カーテンの布のような動きをそのまま
凍結したら、こんな感じになるのかもしれません。
ある意味、彫刻に似ています。

壁がむき出しのトタン板

もちろん私も、カーテンをめくったつもりになってみます。
更新日
2011/03/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

金属製コーナーガード

ちょくちょく触れている、出隅を守る素材です。
今回のはガソリンスタンドの柱ですが、
やはり自動車がぶつかる危険性があるからなのか、
角を金属製のコーナーガードでがっちり守っています。
安心してデカルトタッチができますね。

アルミ製出隅コーナー

前回のデカルトタッチ: 外堀の名鉄境界杭(11/02/04)
更新日
2011/03/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

鉄製側溝蓋

鉄製の格子蓋です。
普通のグレーチングと違い、重厚な感じがします。

溝蓋の135度角

安定した規則正しい模様も、
交差点角の「面取り」で生じる135度の角度で、
若干の破綻をきたします。
斜めに切り取ったことで生じる尖った部分は
触れたくなるポイントです。
更新日
2011/03/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

足場のシルエット

建築現場の真っ白なフェンスです。
明かり窓に足場の骨組みのシルエットが
影絵のように投射されています。

工事の様子を窺うことはできませんが、
西日が素通りしているところからすると、
まだほとんど更地の状態なのかもしれません。

足場の骨組みレントゲン写真

今回は、影に触れてみます。
更新日
2011/03/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ベンチのようなもの

一見コンクリート製のベンチにも見えますが、
小さな正方形のレンガが規則正しく突き出ています。
あくまでここは座る場所じゃなくて
デザインの一部なんだよという主張なのでしょう。

座ることを拒否するベンチ

今回は手というよりもむしろお尻で
凹凸を感じてみたくなります。
更新日
2011/03/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コンパスのように回る金具

段差解消の縞鋼板を止める金具だったのでしょう。
板と接続する部分が外れてしまい、
地面に打ちつけたボルトを中心に
回転できる状態になっています。

コンパスのような金具
更新日
2011/03/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

アンモナイト

壁に埋め込まれた飾りです。
本物の化石ではありません。

渦巻きグリッサンド

凹凸模様が渦を巻いているので、
グリッサンドしながらのスパイラルタッチになります。
前回のグリッサンド: 下向きの噴水(11/02/26)
前回のパストレーシング: 橋の継ぎ目(11/02/24)
更新日
2011/03/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ