なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

土蔵のなまこ壁

斜めにクロスするなまこ部分です。
かまぼこ状の凸部分が交差することによって、
縦横の十字模様ができていることに気づきました。

土蔵のなまこ壁

ということは、十字架が45度ずれて二重にできている
ダブルカルテシアンなのです。
前回のデカルトタッチ: 御影石の壁の角(11/05/29)
ダブルデカルトの初出…まだこれしか例がないですが。
過去の類似記事: 中電の引照点(10/12/23)
スポンサーサイト
更新日
2011/05/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

重軽地蔵

大須で。
一度お地蔵様を持ち上げてから、
願いを込めてお参りし、再び持ち上げたときに
前より軽く感じられれば、願いが叶うそうです。

二人のお地蔵さん
別写真: 解説板

お願い事は特にはしませんでした。
お参り後のほうが重かったらショックですし。

神聖なものに堂々と触れられるシリーズです。
過去の類似記事: 石神社の石(11/02/22)
更新日
2011/05/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

御影石の壁の角

赤い花崗岩か何かを張ってできた壁面。
おなじみの角の部分は、
こんな風に少し凹むかたちになっています。

赤い花崗岩の角

むき出しの角は強度的にデリケートなので、
結果的に強度を上げる効果があるのかもしれません。

触れかたは、いわば空中デカルトタッチです。
角に直接フィットできないのは少々残念ですが、
こういうタッチも面白いと思います。
前回のデカルトタッチ: ソーラーパネル(11/05/21)
更新日
2011/05/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

食器用洗剤4L

緑色の洗剤がたっぷり入っています。
中の液体の周期に合わせて、
容器をゆったりと揺らしてみました。

「DISH WASHSING LIQUID 食器用洗剤」
更新日
2011/05/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

止水栓の蓋と植物

周りの歩道ブロックとの境界にある
狭い土の領域から、雑草が生えてきています。
散髪に行かずにボサボサになった髪の毛のようです。

「(八)止水栓」
更新日
2011/05/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

点字ブロックタワー

ワッフルタワーみたいです。

点字ブロック積み重ね

二次元的なものが積み重なることによって、
三次元的になるという例です。
デカルトタッチがフレミングタッチに昇格します。
前回のフレミングタッチ: 街路灯柱の溶接線(11/05/17)
過去の類似記事: 正方形の床マット(10/12/08)
更新日
2011/05/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

自転車ゲート

自転車が急に飛び出してくるのを防ぐため、
二本のポールがわざと互いに近づく方向に
曲げられています。

「自転車ゲート」

ポール間に、なにかアーク放電のような
電流が流れていそうな気がしてきます。
あるいは、目に見えないビーム状の何かが
出ていて結界を張っているのかもしれません。

少なくとも、接続を求めて何らかの存在が
媒介しているのは確かでしょう。
なので、やってみたくなることは、
その媒体を模倣するように振舞うか、
または媒体を手で一時的に遮るかです。

下記の記事は、接続を拒む方向に曲がっている例です。
過去の類似記事: ギャラリーの彫刻(10/09/02)
更新日
2011/05/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

片方だけ動くパトライト

ほっかほっか亭のスタンド看板。
二台のパトライトが点灯していますが、
片方は回転していません。
片方がじっと相方を見つめているかたちです。


別写真: いつもの静止画

ドンと軽く叩いて揺らせば、止まっているほうも
動きそうな気がしなくはないですが、
もちろんそれは控えます。
更新日
2011/05/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

南京錠と鎖

駐車場の進入禁止用の鎖。
鎖とフックの間を南京錠が仲立ちしていて、
シャックル(U字部分)がチェーンの一つの駒に
なるように働いています。

「50 No.1000-50m/m」

私も便乗して、チェーンになったつもりで
指を引っ掛けて軽く引っ張ってみました。
ただでさえ常に張力を受けているところに、
さらに力が加わるのは気の毒ではありますが。
前回のミミクリー: エキスポール(11/01/06)
更新日
2011/05/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

半開きの自動ドア

閉鎖されたパチンコ店でしょうか。
もう動かない自動ドアが、
少しだけ開いた状態で放置されています。

「銀玉天国」「満員御礼」

開いた扉の隙間を指を入れて、
スッと縦にトレースしてみました。
普段なら指を挟まれてしまう、危険な場所です。
前回のパストレーシング: 街路灯柱の溶接線(2)(11/05/18)
更新日
2011/05/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ソーラーパネル

三菱電機名古屋製作所の門。
社名看板の下に、太陽電池のパネルが輝いています。

多結晶シリコン太陽電池?

表面にさわってみたいのはやまやまですが、
発電の妨げになりそうなので触れませんでした。
アンタッチャブルと言うと大げさかもしれませんけど。
その代わりに、角に対してデカルトタッチを実行してみます。
前回のデカルトタッチ: サインキューブ(11/05/09)
更新日
2011/05/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

基準点測量鋲

金属製のポイントベース(明示板)。
太陽の光をいっぱいに浴びた金属に触れれば、
指にぬくもりが伝わります。
今日は日差しが強く、暑い一日でしたからね。

「基準点」

前回のスイッチオン: メタリック点字ブロック(11/05/06)
メタル系ポイントベースつながりで…
過去の類似記事: 路上スイッチ(07/01/15)
過去の類似記事: 赤くマークされた測量鋲(10/05/22)
更新日
2011/05/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

サイアミーズコネクション

Siamese Connectionの第三弾。
緑青に覆われた、消防隊専用の連結送水口です。
今回は記載がカタカナで、
「サイアミーズコネクシヨン」となっています。

「サイアミーズコネクシヨン」

写真ではみづらいですが、下に「CEC」とあります。
facilities01さんのブログ・イタンデイコウ!(10/03/15)
によると、株式会社建設工業社のロゴだそうな。
古くからある会社みたいです。

過去の類似記事: SIAMESE CONNECTION(2)(09/07/05)
前回の消防隊専用: 消防隊専用無線接続端子(11/04/26)
更新日
2011/05/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

街路灯柱の溶接線(2)

先日に続き、街路灯の溶接痕です。
今回は円柱にボックスを取り付けているため、
溶接線は円弧を描きます。

溶接線が描く円弧

先日はフレミングタッチで触れましたが、
通常はパストレーシングが似合いそうです。
前回のパストレーシング: NCNマンホール(11/04/06)

「ものとものが触れ合う」、先日の記事はこちら。
過去の類似記事: 街路灯柱の溶接線(11/05/17)
更新日
2011/05/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

街路灯柱の溶接線

街路灯か何かの柱に付属する、
何らかの装置を納めた箱だと思います。
箱の一辺が、溶接によって形成されています。

一辺だけ溶接されている箱

あらためて考えてみると、溶接箇所というのは
先日に述べた、まさにものとものとが触れ合う箇所ですね。
特徴としては、接続部分が線(一次元)であることと、
いったん金属が融けてできるビードの凹凸でしょうか。
一次元テクスチャーという言葉があるならば、
溶接線こそ代表的な存在となるでしょう。
過去の類似記事: 水銀灯柱(08/10/20)

今回は、フレミングタッチで触れてみました。
指で作る一辺が、溶接線と一致します。
前回のフレミングタッチ: 風化が著しい境界標(11/05/05)
更新日
2011/05/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

デッドボルト

まだあまり実践数がありませんが、
ものとものとが「触れ合う」場所に触れてみるシリーズです。

今回は、ドアのデッドボルト(閂)です。
扉を開けたまま鍵をかけ、デッドボルトを
出したままにしてつっかえ捧とすることで、
ドアが完全には閉まらないようにしています。

「MIWA BH」

ドアが閉まる時の力が、この小さな金具の
一点に集中しているのだと考えると、
どうしてもそこに注目してしまいます。
いわば、「ほら、ここ!」と指さされているような状態です。
あと、金具が気の毒に見えてくるというのもあります。

その力を実感するために、あえて自らの手を
戸枠と閂の間に挟んでみるのもいいかもしれませんが、
ちょっと痛そうで危険なので、ほどほどにしながら
それに近いことをやってみました。
過去の類似記事: 樹皮テープ(11/04/21)
更新日
2011/05/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

玄関の押しボタン

丸い押しボタンです。
ボタン表面に×印をつけた上で、
半透明の養生テープを上から張ることで、
二重に不可触性を表現しています。

「×」

単に使用されていないという意味かもしれませんが。
前回のアンタッチャブル: エレベーターの非常ボタン(6)(11/03/30)
更新日
2011/05/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

仮設点字ブロック

おそらく、仮設のものだと思います。
というのは、線状凸ブロックの部分はともかく、
地の部分は黄色くペイントされているだけだからです。
特に写真の右端部分は、地面の小石のテクスチャーが
そのまま黄色く塗られています。

この先の予定がチョークで描かれている点字ブロック

よく、ボディーペインティングで、
皮膚の表面に直接衣服を描くのがありますが、
あれに似た生々しさをちょっと感じてしまいます。
更新日
2011/05/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

果実袋

何の木だかはわかりませんが(ビワでしょうか)、
歩道に生えている木の実を紙袋で保護しています。
薄い紙のパリパリした触感と、
ちょこっと中身を手探りしたくなる気持ちが、
同時に楽しめます。

果実袋のある道路
更新日
2011/05/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

樹脂製の壁

壁テクスチャーシリーズです。
今回のは樹脂製で、艶のある表面です。
中指の関節で壁の表面を叩いてみると、
軽く音が響く感じがします。

艶のある壁模様
更新日
2011/05/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

忍者熊手

潮干狩り用の熊手。忍者熊手と言うそうです。
ゲームで出てくる「鉄の爪」のような、
手に装備する武器を連想させます。
一旦そう見立てると、さっそく装備したくなりますね。
気分は文字通り忍者か、またはドラクエのアリーナ姫です。

Eてつのつめ
更新日
2011/05/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

排煙装置のボタン

Cablexの排煙装置。
ボタンを保護する板は破壊板ではなくて、
上にスライドして開けるタイプです。
そのため、下部に小さな持ち手の部分があります。

「排煙 火災発生時はこのフタを上にスライドさせ赤ボタンを押して下さい。」

ちょっとだけ開いてみましたが、
中のボタンを確認する余裕はありませんでした。
過去の類似記事: 排煙口開放函(11/04/11)
更新日
2011/05/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

サインキューブ

樹脂製のスタンド看板。
注水式のおもりで位置を安定させるもので、
駐車禁止看板などに使用されるようです。
(ここでは、ゴミ出しの日を案内しています。)

黄色を切り抜いてできる十字

さて、気になるのは側面にある十字架。
チェーンを掛ける穴だと思います。
街中に突如、聖なる存在が現れたような気がします。
前回のデカルトタッチ: 風化が著しい境界標(11/05/05)
更新日
2011/05/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

警察のマンホール(4)

今回の滑り止めテクスチャーは、
蜂の巣のような六角形模様です。

「警」

過去の類似記事: 警察のマンホール(3)(11/04/10)
更新日
2011/05/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

横ガラリ

地中送電用の設備でしょうか。
「自動5端子ガス多回路開閉器」と記載があります。

さて、この装置には通気用(放熱用?)のために、
横に細い穴が、等間隔で並ぶかたちで開いています。
こういう換気口の類を何と呼ぶのかと調べると、
ガラリとかルーバーなどという名前があるようです。

「自動5端子ガス多回路開閉器」

上から降り注ぐ雨が装置内に入るのを防ぐためか、
それぞれの穴は下を向くように開いていますね。
したがって、同じグリッサンドをするのでも
上行形と下行形では触れ心地が変わります。
「音が変わる」というたとえ方がいいかもしれません。
前回のグリッサンド: 櫛引仕上げの壁(11/05/01)
更新日
2011/05/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

メタリック点字ブロック

ビルの敷地内で。
凸部分が金属製の点字ブロックです。
メタリックな滑り止めテクスチャーが輝かしいです。

メタル点字ブロックが あらわれた!
別写真: 線状ブロックにも同じ模様が(遠くから)

点状ブロックの凸部分を押すと、指に跡が残ります。
スイッチオンとインプリンティングの両方が
同時に達成されるので、触れる楽しさも二倍です。
前回のスイッチオン: ぽてパリくん(11/03/15)
前回のインプリンティング: キャスコーナー(11/01/31)
更新日
2011/05/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

風化が著しい境界標

今回触れた境界標は経年劣化が著しいのか、
ほとんど直方体の体をなしていない状態です。
見ていて心が痛みます。

標石としてのかたち

それでも、かつての勇姿をしのぶなどという
言い方は似つかわしくありません。
正確な位置決めはすぐ横にある
測量鋲に譲っているかもしれませんが、
今でも標石として、境界の原点を宣言するという
役割は立派に果たしていると思います。
前回のデカルトタッチ: バトル境界標(4)(11/04/20)
前回のフレミングタッチ: 紙製ゴミ箱(10/12/31)
更新日
2011/05/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

フライ旗

駅員さんが使っている、赤緑二色の旗です。
持ち手の部分は使い込んだ感じの色合いになっています。
端っこにちょこんと、一瞬だけ触れてみました。

赤緑二色旗
更新日
2011/05/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ゴミ入れのボタン

自販機横の分別ダストボックスです。
収納扉のボタンを押してみると、
上部の金具が開いて「バチン」と音がします。
もちろん勝手に扉を開けるわけにはいかないので、
そのまま金具を元に戻します。

「PUSH」
更新日
2011/05/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

塗り壁の川

再び塗り壁です。
三種類のテクスチャーを使って、
川の流れを表現しています。
砂壁のような表面は、天の川をも髣髴させます。

塗り壁天の川
更新日
2011/05/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

櫛引仕上げの壁

前にも触れた、塗り壁のテクスチャー。
料理屋さんの壁です。

塗り壁と金具

縦グリッサンド・横フィンガーコーミングのかたちです。
前回のグリッサンド: 忍び返し(11/04/27)
過去の類似記事: 塗り壁(10/09/19)
更新日
2011/05/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。