なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

多目的トイレの流すスイッチ

前にも述べましたが、多目的トイレの便器まわりは、
ちょっとした運転台に似ています。
座ったままスイッチ群を取り扱うことで、
自分が「乗っている」トイレを操作できるからです。

トイレ・コンソール
別写真: 「流す」スイッチ×2

今回は非常ボタンが2つ(手元と床近く)と、
「流す」スイッチが2つ付いています。

「流す」ほうは、手をかざすだけのセンサースイッチと
通常の押しボタン(タッチスイッチ)の二種類があります。
でも、ぱっと思う分には、一つあれば十分そうです。
ボタンに触れることによる衛生面を気にする人から見れば、
センサースイッチだけでも十分でしょう。

で、思いついた理由ですが、
センサースイッチは動作の確実性がなかったり、
操作に戸惑う人がいるような気がします。
(調べたわけじゃないので、私の偏見かもしれません。)
なので、わかりやすくて確実に動作する
押しボタンスイッチも併設した…ということかもしれません。

いずれにせよ、選択できる分、楽しみは増えますね。
それに、スイッチは一つでも多いほうが、
ワクワク感が上がるような気がします。
過去の類似記事: 多目的トイレのスイッチ群(11/09/04)

一方で、電車内トイレのフラッシュスイッチは、
センサー式のみ搭載されていた記憶があります。
スペースの都合があるのかもしれません。
過去の類似記事: 電車内トイレのスイッチ(07/03/25)
過去の類似記事: 電車内トイレのスイッチ(2)(09/05/05)
スポンサーサイト
更新日
2011/09/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

駐輪場のベルトコンベア

動き出したらと思うと、軽々しく触れられないものです。

「危ない!ベルトに乗らないで!」
更新日
2011/09/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

二重コーナーガード

角を守るものシリーズです。
今回のは上端を見ると、内側はアルミ製、
外側がクッション性のある素材を使っていて、
二重構造になっていることがわかります。

上から剥がれかけているコーナーガード

内側の硬いレイヤーは建物の角を守るもので、
外側のやわらかいレイヤーは通行者を
守る役割があるのかもしれません。
硬軟を使い分けているわけです。

上のほうは剥がれていて、こちらに傾いてきています。
不安定な角にデカルトタッチを実践する例です。
前回のデカルトタッチ: 採水口の直交する蓋(11/08/26)
過去の類似記事: 剥がれかけコーナークッション(09/12/03)
更新日
2011/09/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

黒い土嚢袋

焼肉屋のスタンド看板を支える土嚢。
お店のデザインが黒基調なので、それに合わせて
土嚢も黒い袋を使っています。

UVカット機能付き?の土嚢袋

ただし、黒い土嚢袋じたいは見た目の理由で
黒いわけじゃなくって、耐候性のことを考えて
こういう色になっているんだそうです。
さらに、紫外線劣化防止剤によって
耐久性をアップさせているそうな。

それを、たまたまこの場面でうまく活用することで
デザインの一部として馴染んでいるんだと思います。
更新日
2011/09/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

バツ印私製標識

赤地の円に、白い×印。
道路標識「車両進入禁止」の横一文字を
×で置き換えたような標識です。
この先には入れないことと、私有地であることが
(私製標識なので)一瞬でわかります。

横X

×印は、Xの字を横向きにしたような角度です。
十字デカルト風の、斜交クロスタッチになります。
更新日
2011/09/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

スロープ歩道橋のタイル

引き続き、フルーツパーク入口にある
しだれ橋(ループ式・スロープ式の歩道橋)から。
足元のテクスチャーですが、正方形のタイルに
牛乳瓶の底で付けたような円形の模様が施されています。

四角と丸のテクスチャー
更新日
2011/09/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

火災報知器のベル

爪で軽く弾いて、ベルを鳴らしてみます。

「カジノンベル6型屋外用」
更新日
2011/09/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

バナナの葉

東谷山フルーツパークの熱帯果樹温室で。
順路を歩く見学者の顔を舐めるような位置に、
バナナの巨大な葉っぱがぶら下がってました。

葉っぱ越しに裏側から、太陽のぬくもりに触れてみます。

バナナの葉

残念ながら、果実には触れることができません。
バナナの場合はそもそも手が届かないですが。
別写真: 掲示「果物に手を触れないでください」
更新日
2011/09/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

袖ビーム代用クッション

工事による臨時のガードレール。
袖ビームを取り付ける距離的余裕がなかったのか、
反射材つきのコーナークッションみたいな素材を巻いて
端部を保護しています。
参考: 安全表示クッション材(コーナー用)

コーナークッションで代用される袖ビーム
別写真: 真上から

さて、肝心の触れ方についてですが、
まずは、クッション性のあるものの定番として、
ぬいぐるみのようなタッチをすることができそうです。

さらに、上記の別写真を見るとわかるように、
上から若干の隙間が開いているため、
指を入れると中身に直接触れられます。
通常は袖ビームで保護されていて触れることのない
ガードレール本体の端部です。

ものの端っこ・エッジというのは気になる存在で、
前述したbleeding edgeという言葉があるように、
場合によっては触れると危険ですらあります。
しかしその危なさが魅力でもあるわけで、
ときどき慎重に触れていくことになると思います。
とはいえ、刃物とか本当に危険なものは
アンタッチャブルですけどね。
過去の類似記事: ぬいぐるみ袖ビーム(11/07/22)
更新日
2011/09/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

土嚢

名古屋駅で。
土嚢なので土が入っているのは当たり前なのですが、
表面に土が付いていると少し生々しい感じがします。

冠水に備えた土嚢たち
更新日
2011/09/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

点字マップの△印

引き続き、アクロス小幡の点字案内板。
記号一覧の部分が点字のみになっていて、
視覚文字による併記がありません。

なので、私にとっては謎の文字列となるわけですが、
一番気になる三角の記号は、「げんざいいち」を
表しているようです。
もちろん、その三角にタッチしてみました。

「△ ‥‥ げんざいいち」
別写真: 全体図
更新日
2011/09/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エレベーターの「下呼」ボタン

再び小幡駅。
駅のエレベーターの上下ボタン(△▽)が、
通常の産業用押しボタンスイッチみたいになっています。

「下呼」
別写真: 操作パネル全景

下るほうは「下呼」というラベルが付いていました。
もちろん上がるほうは「上呼」です。
言われてみれば確かに、上下ボタンはエレベーターを
「呼び出す」、いわば召還ボタンなんですね。

では、さっそく起動してみましょう。
エレベーターのボタンなんて、
普段は何気なく押してしまっているのですが、
今回は巨大な装置を操作している感覚になります。

実際、日常で触れる家庭の電気機器から見れば、
エレベーターは重機械と呼びたくなるぐらい
大規模な装置だということに、今更ながら気づきました。

前回のスイッチオン: 多目的トイレのスイッチ群(11/09/04)
更新日
2011/09/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

有料駐車場の料金投入ポスト

小幡駅前のコインパーキングです。
ここの料金の支払いかたは、
備え付けの封筒に車両No.と日付を記入した上に
料金を同封してポストに投函するという、
実にほのぼのとした決済システムです。

「投函口 ポスト」
別写真: 決済方法を説明する看板

しかし、駐車場はパイロンで封鎖されており、
今はもう使用できません。
周りの状況から察するに、
通常の現代的な自動清算機に改装される模様で、
ちょっと残念な気もします。
更新日
2011/09/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

御影石の三本線

歩道にある花崗岩製のベンチ(座板は木製)。
表面を磨いたツルツルだけでは物足りないと感じたのか、
アディダスみたいな三本線の意匠が施されています。

粗い織り目のある布テープを貼ってはがした跡の
ようなテクスチャーになっています。

御影石の三本線模様

過去の類似記事: 御影石の壁(11/09/07)
更新日
2011/09/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

点字ブロックの小模様

地下鉄駅出口の点字ブロック。
点ではない地の部分は、何もない黄色い平面のことが
多いような気がしますが、今回見かけたのは
よく見ると少し模様が付いています。
縞鋼板の模様を控えめにしたような感じでしょうか。

小さな模様付き点字ブロック

滑り止めテクスチャーにしては凹凸が浅いですし、
そもそも点字ブロックの突起自身が
十分に滑り止めの効果を発揮してそうです。
存在理由はよくわかりませんが
(白杖への効果があるのかもしれません…)、
ふだん何気なく何度も通り過ぎている場所に、
模様があるということを発見しました。
更新日
2011/09/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

離心円ツリーサークル

先日に引き続き、街路樹の根元保護。
今回のはツリーサークルと呼ばれる円状の保護板です。
しかし、木の位置が想定から外れたのか、
円の中心からはだいぶ離れています。
成長につれて、端っこの部分はすでに円に内接しており、
一部を飲み込みつつあるようです。

ツリーサークルに食い込みつつある木
更新日
2011/09/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

街路樹保護コンクリート

街路樹の根元を保護する素材です。
よく見かけるのは穴の開いた鉄板(tree grill)ですが、
ここはコンクリートで固めているような様子です。

歩行の妨げにならない程度の緩い凹凸と
砂地のようなテクスチャーが施されていて、
遠目には自然な砂土の地面と見間違えそうです。

自然な砂地に見えるコンクリート保護

過去の類似記事: 街路樹保護蓋(10/10/26)
更新日
2011/09/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ツヤグラプロ

Planning 1 Inc.製のヘアアイロンです。

「TSUYAGLA CURL&STRAIGHT ツヤグラプロ」

やはりここはミミクリーの規則に従って、
手の指で髪の毛を模倣し、
挟まれてアイロンされてみたいと思います。

実際は、指と髪とは太さが100倍以上違いますから、
大きさ的に強引な模倣ではあります。
それに、実際のプレートの温度は
220度まで上げられるそうなので、
もちろん触れられないと思います。
前回のミミクリー: 自転車ロック装置(11/08/08)
更新日
2011/09/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

欠けたタイルの角(2)

繊細な角に触れてみるシリーズ。
今回は、タイルでできた段差の角です。
痛々しいぐらいに欠けてしまっています。

欠けたタイルの角

階段(段差)部分のタイルとしては、
タレ付階段タイルという、L字形のものがあるようです。

しかし、さすがに三面角の部分は用意されてないのか、
斜め45度に切ったものを2つ組み合わせているようです。
したがって、本当の角の最先端(bleeding edge)は、
タイル本体ではなくて目地にあたるのかもしれません。

今回触れた部分の壊れかたを見る限り、
タイルより目地のほうが若干強いというか、
残っている部分が大きいような気がします。
過去の類似記事: 欠けたタイルの角(10/01/05)
前回のフレミングタッチ: 菱餅状階段(11/08/29)
更新日
2011/09/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

送水口と大き目のバルブ

バルブのハンドルが、大きめのサイズです。
消防用の送水口にしてはでかい気がします。

送水口(遠くから)
別写真: バルブ拡大「YAMATO VALVE」

“回してはいけない”アンタッチャブルどころか、
両手で力を込めないとそもそも回せそうにないです。
前回の消防隊専用: 採水口の直交する蓋(11/08/26)
更新日
2011/09/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

火災報知器

顔に見える火災報知器です。
非常電話と、対になっているダミーの端子口が
両目に相当するわけです。

「火災報知器」「非常電話」「強く押す」
更新日
2011/09/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 1
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

櫛状の滝

名古屋インターシティーで。
櫛状に水が流れ落ちる仕掛けですが、
一部がガラスの裏面に張り付いたまま
水滴となって流れています。


別写真: 静止画

水の流れる表面をテクスチャーと呼ぶのは
さすがに無理があるかもしれませんが、
広い意味で、テクスチャーが裏面に存在するために
触れたくても触れられない例になるでしょう。
過去の類似記事: 地中埋込アッパーライト(11/08/17)
更新日
2011/09/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

チョコレート状グレーチング

グレーチング(のようなもの)です。
細長い長方形の格子によるものと違って、
正方形を並べたようなかたちです。
表面が錆びるタイプの鉄を使っているせいもあり、
一口タイプのチョコレートを並べたようにも見えます。

チョコグレーチング
更新日
2011/09/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

御影石の壁

三本の縦線による凸の部分があります。
壁全体としてはツルツルに磨かれていますが、
凸部分だけザラザラの表面になっていて、
対照的なさわり心地です。

――凸凸凸――
更新日
2011/09/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

郵便受け

古い郵便受けです。

「POST」

下部の透明プラスチック板の部分(拡大写真)が、
経年劣化して不思議な模様を形成しています。
前に見た互助会の看板に少し似ていますが、
なにか共通の経年劣化パターンがあるのでしょうか。
過去の類似記事: 互助会の看板(11/06/26)
更新日
2011/09/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

両家の名前入り境界標

岩田さんと小島さんの敷地を分ける境界標でしょうか。
両家の名前が書いてあるのが面白いです。
隣家同士の親密な様子が思い浮かびます。

「岩田|小島」
更新日
2011/09/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

多目的トイレのスイッチ群

多目的トイレの、スイッチが並ぶ箇所。
トイレの制御卓(コンソール)と言っていいような様相です。

「流水音」「便器洗浄」「呼出」

流水音とその停止ボタン、便器洗浄ボタンと
非常呼出ボタン(紐付き)の、計4つのスイッチがあります。
なぜか流水音の起動スイッチだけ、
非接触式の手かざしセンサーなんですが、
これだけ方式が違うのは何か理由があるんでしょうか。

衛生上の理由で非接触式にするならば、
便座洗浄ボタンのほうこそふさわしいような気もします。
こちらのほうが使用頻度が高いと思いますし。

操作に迷いがなく確実に動作するという点で、
洗浄ボタンを通常式にしたのかも知れません。
確かに、流水音が鳴らなくても大事ではありませんが、
水が流れなくなったら、トイレとしては重大事故です。

ちなみに下記の記事は、便座洗浄ボタンが
非接触式になっている例です(流水音は非装備)。
過去の類似記事: 電車内トイレのスイッチ(07/03/25)
前回のスイッチオン: 基準点測量鋲(11/05/20)
更新日
2011/09/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

猫にエサをやらないで

真っ白なプラスチックの板に、
手書きの文字で書かれています。
立体感のある筆跡です。

「ここで猫にエサをやらないで下さい.」

「文字の凹凸に触れる」つながりで…
過去の類似記事: 感謝の文字(11/08/18)
更新日
2011/09/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

バツ印のエスカレーター乗降板

エスカレーターを乗降するときに、
必ず乗っかる金属製のプレート。
乗降板(ランディングプレート)と呼ぶそうです。

「HITACHI」

考えてみれば、ここは滑り止めテクスチャーの宝庫。
今回のは、×印を並べたテクスチャーで、
なんだかかわいらしい印象です。
×印の意外な一面を見たような気がします。
更新日
2011/09/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

「>>>」模様のスロープ

緩いスロープの滑り止めテクスチャーです。
点字ブロックみたいな色のブロックに、
「>>>」のような、進行方向を思わせる模様が
施されています。

「>>>」
更新日
2011/09/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。