なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


ディスプレイ調整中

商業施設内で情報を表示する、大型のディスプレイ。
調整中のため、表面をフィルムで保護してありますが、
気泡がいたるところに入っています。

「information」「調整中」

あくまで仮のシートなので、
家庭用(PCモニター、デジカメ等)の
ディスプレイ液晶保護シートに見られる
気泡よりもはるかに大型です。
指よりも大きくて、思うように動いてくれません。

昆虫の大型種を発見したような気分になれます。
更新日
2012/05/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

カップ飲料自販機の扉

自動扉なので、取っ手がありません。
つかみどころがないタッチです。

「扉が開くまでしばらくお待ちください」「自動扉 AUTO DOOR」
更新日
2012/05/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

角に刺さる測量鋲

コンクリート角の測量鋲。
斜めに刺さっています。

東海市の測量鋲

前回のフレミングタッチ: バス通過お知らせボックス(12/05/28)
更新日
2012/05/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

バス通過お知らせボックス

東海市循環バスのバス停。
小型のボックスで、バスが通過したら10分間
「あしあとマーク」が表示される仕組みのようです。
ちょっと遅れてバス停に着いたときに便利ですね。

「バスが通過したあと 10分間 あしあとマークが表示されます」

バス接近を伝えるような大掛かりな
バスロケーションシステムよりも、
簡素で安価にできるのだと思います。

装置がちっちゃいので、コーナーガードが目立ちます。
フレミングで触れたくなるポイントです。
前回のフレミングタッチ: 負傷した角(12/05/19)
更新日
2012/05/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

上部が欠けた地蔵たち

衣浦の堤防の、一般車は入れない静かな場所。
お地蔵さんたちが並んでいますが、
首や上半身が大きく欠けてしまっています。
かつて頭だった部分でしょうか、
体の断面上に置いてあるだけの状態です。

首や上半身が欠けたお地蔵さんたち

しかし、菊の花が供えられているので、
今でも地元の人に慕われていることがわかり、
一安心です。

別写真: 一番奥の地蔵
三面観音でしょうか。
背中になぜか、「ハヤブサ」「シボレー」と
読める文字があります。
前回の握手: 守る軍手(12/05/05)
更新日
2012/05/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

水張り水田

まだ茶色く濁っている、静かな水面です。
手のひらで表面を共有してみました。
プラナリティー的なタッチです。

茶色い静かな水面
更新日
2012/05/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

非常ボタン平等主義(3)

今回の車いす用のエレベーター非常呼出ボタンは、
通常ボタンより離して配置する配慮すらなく、
むしろ「開く」ボタンの真横だったりします。

「非常の時押し続けて下さい 外部に連絡できます」

誤押しガードや形状の配慮といった特権がない非常ボタン。
今回は特に、回りになじんでいるというか、
むしろ自ら進んでそうなっているようにみえます。

いわば、王族の人が平民と同じ普段着で
コンビニとかユニクロとかにいるような状態です。
ただし色だけは非常ボタン用のオレンジ色なので、
まあこれは自ずと現れる風格みたいなものなんでしょう。

さて、タッチはもちろんアンタッチャブルなんですが、
これだけ常用ボタンと接近していると、
なんだかいつの日かうっかり押してしまいそうで、
ちょっとドキドキしますね。
過去の類似記事: 非常ボタン平等主義(2)(12/05/22)
前回のアンタッチャブル: 非常ボタン平等主義(2)(12/05/22)
更新日
2012/05/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

バス停の肩

名古屋市交通局のバス停。
昔からある、四角くて黄色い行灯タイプのものです。

バス停と青空

今回は、肩タッチです。
フレミングタッチをするには背が届きません。
更新日
2012/05/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

基準点測量鋲の輪

銀色の明示板の外側に、
黄色い輪っかみたいなものが付いていますが、
これを先日の金環食に見立てるのは、少々強引でしょうか。

「基準点」

前回の測量鋲: 測量鋲とチョークライン十字(12/05/04)
前回のスイッチオン: 多機能トイレ制御盤(12/05/02)
更新日
2012/05/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

非常ボタン平等主義(2)

これも、威厳を感じさせないエレベーター非常ボタン。
位置が高く、独自色を使っている(オレンジ・黄色系なのは
標準で決まってるんでしょうか)といったこと以外は、
他のボタンとの差異がありません。
もちろん、要人警護のプラスチックガードも
付いていません。

「非常時押しつづけると外部に連絡できます」

過去の類似記事: 非常ボタン平等主義(12/04/11)
前回のアンタッチャブル: 非常ボタン平等主義(12/04/11)
更新日
2012/05/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

トイレットペーパーカッター(2)

プラスチック製で、刃というよりは櫛みたいな印象。
それもやや太目の。
なのでさわったときの「あたり」もマイルドですが、
紙をカットするのは、私の場合、少し難しかったです。
といっても、数回でスパッと切れるようになりましたが。

「紙がなくなりましたら、ステンレスカバーを矢印の方向に回転させてください。」

前回のグリッサンド: スパイラル傘立て(12/04/29)
過去の類似記事: トイレットペーパーカッター(12/01/04)
更新日
2012/05/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

黒御影石風の街路灯柱

黒地に白をまぶしたテクスチャー。
実際は金属製の柱です。

黒御影石風の街路灯柱
更新日
2012/05/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

負傷した角

隣家が空き地になったために、むき出しになった角。
工事の影響か車が突っ込んだのかわかりませんが、
ガムテープで幾重にも止めてあります。
包帯でぐるぐる巻きになったような状況です。

ガムテープコーナー壁

前回のフレミングタッチ: 境界標「名港管」(12/04/20)
更新日
2012/05/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

余ったチェーンぐるぐる巻き

余ったプラスチックチェーンをポールに。
思ったよりきつく巻いてありました。

チェーンぐるぐる巻き
更新日
2012/05/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

取っ手付き充填グレーチング

たぶん、透水型の舗装を充填してある
グレーチングの蓋です。

グレーチングの取っ手

通常のグレーチング用フックでは
持ち上がらない可能性があるのか、
T字形の取っ手が付いているのが面白いです。

引っ張り出してみたくなりますが、
もちろんそのままでは危険なのですぐに戻します。
過去の類似記事: 自然石グレーチング(10/10/14)
更新日
2012/05/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

歩道ブロック模様の描画

タイル敷き歩道にあるマンホールなどの蓋で、
周りと同じ素材を蓋に貼り付けて
模様を合わせてあることがあります。
過去の類似記事: 警察のマンホール(3)(11/04/10)

敷きブロック模様のペインティング

今回は何と、表面に模様を描くかたちで
周りと調和しようと試みているのです。

色や模様は合っているにしても、
テクスチャーは別物になってしまいます。
(このブログでは、繰り返し模様という大雑把な意味でも
テクスチャーと言うことがあるので、
その意味では合っているわけです。)

しかし、懸命に合わせようとしている様子が伝わって、
好感が持てます。
今回は、タイル本来のザラザラした表面と、
蓋の上のツルツルを、比較しながら触れてみました。
更新日
2012/05/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

電動チェーンゲート

チェーンが上下する隙間の
ゴムスリットの中が気になるところですが、
もちろん「接触禁止」の警告に従います。

「!注意 接触禁止」

前回のアンタッチャブル: 非常ボタン平等主義(12/04/11)
更新日
2012/05/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

擁壁の謎の表面

謎のテクスチャーに触れるシリーズ。
擁壁の成分か何かが流出したりしたのでしょうか。
生命感のある、やわらかそうな表面です。

白い謎の表面

過去の類似記事: 壁の樹枝状模様(11/06/27)
更新日
2012/05/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ポストの足元

昔ながらの、タバコ屋の角の郵便ポスト。
錆びていて一部が剥がれ落ちています。
人の傷口に触れるのはよろしくないとは思いますが、
そっと触れてしまいました。

ポストの足元
別写真: 遠景
更新日
2012/05/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ツイン境界標

名古屋駅に近い路地。
境界の角が二段に付いているので、
境界標も二つになっています。
ツインタワーと呼ぶには背が低すぎますが、
そんな風格も少し感じられます。

境界標のツインタワー

デカルトタッチもツインになります。
前回のデカルトタッチ: 測量鋲とチョークライン十字(12/05/04)
更新日
2012/05/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

絞り模様ツリーサークル

三たび、有松駅。
街路樹保護蓋も、絞り模様のテクスチャーです。

絞り模様の鉄板

先日の記事です。
過去の類似記事: 有松駅前・バス停の椅子(12/05/10)
更新日
2012/05/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

有松駅前・バス停の椅子

再び有松駅。
石製のバス停の椅子に、絞り模様が彫ってあります。
真っ黒な光沢のある石に、模様の箇所だけ
ザラザラのテクスチャーになっているため、
印象深いです。

絞り模様の椅子

絞り模様を硬い物体に彫ったものつながりで…
過去の類似記事: 有松駅の昔話レリーフ(10/03/02)
更新日
2012/05/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

有松駅の点字案内板

黒一色の描線を原則とする、シンプルな案内図。
「バリアフリー経路」だけは赤い線にして、
目立つようにしています。

「名鉄線 有松駅 2階 ご案内」

今回は、経路に沿います。
前回のパストレーシング: スパイラル傘立て(12/04/29)
更新日
2012/05/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

取っ手付きパイロン

駐車場パイロンの一工夫。
パイロンに穴を開け、太い結束バンドを通して
手提げバッグのように持ち運びできます。
持ち手の部分はホースを使っています。

「月極」「専用」
更新日
2012/05/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パトライトの台座

ビル駐車場の出口。
立派な大理石の壁と一体化するように、
パトライトの台座も同じ大理石を使用しています。

パトライトの燭台

台座の形状が三角形になっていて、いかにも
折りたたんで壁の中に収納できそうです。
もちろん実際はびくともしません。

動きそうで動かない。
つまりここは、パワータッチ(イモビリティ)の使いどころです。
前回のパワータッチ: バス停の土台(12/01/10)
更新日
2012/05/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

御用水跡の噴水

水が吹き出さない噴水シリーズ(?)です。
堀川(黒川)を上っていくと、御用水跡街園という
川に沿った公園というか緑道があるのですが、
三階橋の南辺りに到達するとこの噴水があります。

桶三兄弟噴水

小中大の三つの樽があって、
上から順に水があふれ出ていく様が
いわば噴水になっているわけです。

無駄にハイスピード動画にしてみたりします。


今回のタッチですが、噴水自体に触れるには
少々危険な位置にありますので、
手をかざして水の飛沫に触れて
楽しんだほうがよさそうです。
過去の類似記事: 凹凸噴水(12/04/30)
更新日
2012/05/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

守る軍手

町工場にある、ポールの先っぽ。
金属の切り口がむき出しになるので、
何らかの防護が必要な箇所です。

しょぼくれているようにも見える軍手

本来は球状の先端になっているようですが、
それを失ったのか、軍手をかぶせてあります。
我々を危険な先端との接触から守る存在として、
即興的にその役割を担っているのでしょう。

手袋とは握手できますね。
お役目ご苦労様というねぎらいを少しこめた、握手です。
前回の握手: ドラクエの勇者(12/04/21)
更新日
2012/05/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

測量鋲とチョークライン十字

団地が建てられつつある場所の周辺。
リアルタイムで測量が行われているのでしょう。
測量鋲のある箇所を中心に、
チョークラインで引いた十字が重なっていて、
神々しくなっています。

測量鋲と十字・黒 測量鋲と十字・白
黒バージョンと白バージョンがあります。

前回のデカルトタッチ: 凹凸噴水(12/04/30)
前回の測量鋲: 図根多角点(12/04/22)
更新日
2012/05/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エクスパンドメタルの破れ

破れとは言っても、指で触れてもびくともしません。
布や紙との違いを実感します。

破れ箇所から水面を覗く
更新日
2012/05/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

多機能トイレ制御盤

多目的トイレの中枢部にある、制御スイッチ群です。
今回のは何と、合計で22個ものボタンが付いています。
まさに多機能という言葉がふさわしい、圧巻ものです。

「止 おしり やわらか ビデ 乾燥」

トイレを運転台に見立てるつながりで…
過去の類似記事: 多目的トイレの流すスイッチ(11/09/30)
前回のスイッチオン: 図根多角点(12/04/22)
更新日
2012/05/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

タケノコ

名古屋市内にも「山の竹やぶ」が残っている場所は
いくつかありますが、そのうちの一つ、細根山です。
オアシスの森として、「地主の方々のご協力で、
市民の森として開放しています。」とありました。

掘り出されたタケノコ
別写真: 生えているタケノコ入口の掲示

ときどきタケノコが掘り取られたものが、
散策通路上の足元にも転がっています。
竹やぶの管理のために、間伐を行ったのでしょう。
こういうふうに人の手が必要なんでしょうね。

今回は、皮を一枚、ちょっとめくっては戻してみます。
更新日
2012/05/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ