なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


円柱の標石

庄内川・矢田川の堤防沿い。
「国」と上面に一文字だけ書いてある境界杭です。
河川を管理する国土交通省の印でしょうか。

「国」
別写真: 真上から見るともちろん真円

円柱の標石はあまり見ないような気がします。
なので今回はデカルトタッチにはなりません。
Keyword: 境界標
更新日
2012/08/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

電柱の腹巻き(2)

何度か触れている、電柱標識板の張り紙防止。
今回は表面の細かい凹凸模様で防ぐのではなくて、
間隔の広いイボイボによって防いでいるようです。

手のひらで押さえてみると、何かのツボを
刺激されているような気持ちになります。

電柱の腹巻き
別写真: 近くから

過去の類似記事: 電柱の腹巻き(12/03/13)
更新日
2012/08/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

口の字滑り止め

おなじみ、駐車場出口スロープの
滑り止めテクスチャー。
口の字が並ぶコンクリートという点では、
先日の記事に似ているかもしれません。

□□□□□…
更新日
2012/08/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

風通しのよいブロック塀

正方形で中が抜けている、
ロの字形のブロックを重ねた壁です。

□□□□□…

視覚的な遮蔽効果はありませんが、むしろ
わざと中を見せているのでしょう(お店ですし)。
風通しも見通しもよいだけでなく、
もちろん腕も通ってしまいます。
更新日
2012/08/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

櫛引き仕上げと金具

櫛引き仕上げの左官壁。
そこに金具を取り付けたため、
接着部分も櫛のような凹凸になっています。

櫛引模様の接着部分

Keyword: グリッサンド
更新日
2012/08/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

触れる木材サンプル

先日に引き続き、工事見学コーナーの一角で。
触れることができる、木材のサンプルです。

六種類の木材サンプル

左から順に、ケヤキ・クワ・ヒノキ・マツ・クリ・スギ
なのだそうです。
とは言っても、さわって違いがわかるかといわれると
正直うーんわかりませんと思いました。
左の二つぐらいは明らかに重いというのはわかります。
更新日
2012/08/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

鉋屑

名古屋城本丸御殿の復元工事。
今日は現場見学会があって、
普段は入れない特別コースを歩けました。
(見学自体は今日限りではありません。)

見学者用通路と鉋屑
別写真: 壁塗り体験中の人たち

そのほかにも、親子限定ですが
左官などの匠の技体験コーナーもあったようです。

もちろん復元中の建物や
展示されている工具等は触れられませんので、
たまたま通路脇にあった鉋屑に触れてみました。
更新日
2012/08/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ツルツル-ザラザラのストライプ

ビル本体と歩道の間になる地面の部分。
大理石なのですが、歩行者が通行するため、
ツルツルの鏡面仕上げでは危険なのかもしれません。
滑り止めとして、
ツルツルの面とザラザラの面が交互になっており、
ストライプ模様になっています。

ツルザラ交互テクスチャー

今回のタッチは、グリッサンドです。
いつもの凹凸の繰り返しによるものはなく、
テクスチャーが交互に配置されることによるものです。
ちょっと珍しいケースかもしれません。
Keyword: グリッサンド
更新日
2012/08/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

蝉の抜け殻

真っ赤に塗られた鳥居の柱で。
落ちないように、そっと触れました。

蝉の抜け殻
更新日
2012/08/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

かまぼこ凹凸の壁

建物の壁の装飾なのですが、近づいて写真に撮ると
そうとは思えないようなテクスチャーです。
小さいかまぼこ状の凹凸が、心地よいパルスとなります。

かまぼこ状凹凸テクスチャーの壁

Keyword: グリッサンド
更新日
2012/08/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

欄干の隙間

手のひらを縦にして
隙間スキャンしたくなるかたちです。
しかし、実際スパッとまっすぐ隙間を通すのは不可能で
左右のコンクリートに触れまくりなので、
とくに手の甲がコンクリートに当たると痛いです。

欄干の隙間から見る堀川
別写真: もう一つの隙間

過去の類似記事: 彫刻「夢卵(殻を破って)」(12/08/15)
更新日
2012/08/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パイプ断熱材の経年劣化

たぶん、パイプを巻く断熱材だと思います。
空気をたくさん含むソフトな存在は
やはり経年劣化の影響を受けやすいのでしょうか。

ちくわ断面状断熱材

シリーズというわけでもないですが、
経年劣化により触れると崩れてしまいそうなものは
気になる存在です。
今回は形状的にはグリッサンドですが、
そんなことをしたら壊れてしまいそうです。
更新日
2012/08/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

楓の葉

先っぽの若い葉っぱは緑色が薄くて柔らかく、
枝の根元に近づくほど緑色が濃くなって
硬くなっていく様子がわかります。

橋の上から触れるカエデの葉
更新日
2012/08/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

グレーチング上のエクスパンドメタル

グレーチングの危険が指摘されているのを
どこかで読んだことがあります。
車椅子・ベビーカーのキャスターや
自転車(ロードレーサー)の細いタイヤなどが
嵌まってしまうケースがあるという話です。
滑りやすいという問題もありますね。

エクスパンドグレーチング

その対策なのかどうかはわかりませんが、
グレーチング上にエキスパンドメタルを
覆うことで、細かくて滑りにくそうな
テクスチャーに再構成されています。

ただし、下記の類似記事と同様に、
隙間にゴミが溜まりがちという難点があります。
過去の類似記事: 縞鋼板+金属網(11/01/07)
更新日
2012/08/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

網入りガラス

火災時に飛び散らず、延焼を防ぐガラスです。
これも、直接は触れられないテクスチャーですね。

網入りガラス越しに見る
更新日
2012/08/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

正八角形の柱

ちょっと珍しい柱かもしれません。
親指と人差し指で、135度の内角タッチです。

正八角柱の大理石
更新日
2012/08/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

彫刻「夢卵(殻を破って)」

平田隆広さんによる、ビル玄関の彫刻。

夢卵(近くから)
別写真: 正面から

殻の隙間を、指でパストレーシングしたくなります。
イライラ棒みたいに、なるべく上下の殻に触れないように
指を動かすと、ゲーム感覚のタッチになります。

「触れたら、ミスになる。」

考えてみれば、鬼ごっこやコンピュータゲームなど、
ゲームではよく採用されるルールです。
今後のタッチに取り入れられる機会があると楽しそうです。
いわゆるゲーミフィケーションというやつでしょう。
Keyword: パストレーシング
更新日
2012/08/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

植え込みブロックの角

植え込み花壇のブロック。
角の処理が美しいです。
斜めに切ったブロックや、小立方体のブロックを
うまく組み合わせています。

植え込み花壇のコーナー

Keyword: フレミングタッチ
更新日
2012/08/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

下見板(2)

ビルの装飾的な壁。
巨大な下見板ふうのギザギザになっています。

茶色い下見板

グリッサンドするにはもちろん巨大すぎます。
自分が巨大化した姿を想像しながら
壁に手を当てて、上を見上げていました。
過去の類似記事: 下見板(11/07/05)
更新日
2012/08/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

木目模様コンクリート壁

コンクリート打ち放しの壁ですが、
表面の模様が木の板のようになっています。

木目模様コンクリート壁

これは型枠の木の模様がそのまま、いわば
インプリンティングされて残ったものなのでしょうか。
しかし色は灰色ですし、コンクリ板特有の丸い凹み
(セパ穴と言うそうです)もあるので、
木目調がもつ印象と矛盾しているような
面白いテクスチャーです。

さわり心地は、もちろんコンクリートです。
更新日
2012/08/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

Y字バーキャッチャー

駐車場のゲート。
遮断機のバーの先っぽを格納する箇所です。
Yの字になっていて、バーが左右にぶれても
確実にキャッチしようという意気込みを感じます。

「注意 さわるな」

実際に手指をバーのように入れたくなる、
つまり、ミミクリーしたくなるかたちですが、
「注意 さわるな」とあるので、さわれません。
明らかに安全な非可動・非接触の部分にとどめます。
Keyword: アンタッチャブル
更新日
2012/08/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

板ガラスのオブジェ

ビルの植え込みのオブジェ。
中心となるのは一枚のガラス板です。

ガラス板のオブジェ

彫刻のようなガッチリ安定したものでは
なさそうにも見えますし、実際
あまり触れられることを想定した場所に
建っていませんので、そっと触れてみます。
更新日
2012/08/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

測量鋲のボンド

一見明示板ですが、小さくて形も正円じゃない
ところからすると、ボンドか何かでしょう。
コングルーボンドというのがあるようなので、
それかもしれません。

測量鋲とコングルーボンド

むにゅっとしたまま固まっているのは
やはりタッチ心をくすぐるポイントかもしれません。
Keyword: 測量鋲, スイッチオン
更新日
2012/08/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

車椅子用インターホン

車椅子でお越しの
お客様は、インターホン
をご利用ください。

「♪」「National」

ビルの入口。
曲線が優雅な階段ですが、今となっては
バリアフリーの障害になっているのがわかります。
Keyword: アンタッチャブル
更新日
2012/08/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 1
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ベンチの四つ穴

歩道にある石製のベンチ。
ちょっとした意匠として、四つの丸穴が開いています。
かたちそのまま、四本の指を突っ込んでみます。

四つ丸穴

前に触れた、アディダス模様ベンチのそばです。
過去の類似記事: 御影石の三本線(11/09/17)
更新日
2012/08/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

地下鉄駅の排水蓋

おなじみ、溝蓋の滑り止め。
凸になった○の部分にのみ滑り止めが施されていて、
全体としては控えめな印象です。

「KANESO」

掲載写真は縮小のため字が読みにくいですが、
「KANESO」(カネソウ株式会社)の銘があります。
過去の類似記事: メタリック点字ブロック(11/05/06)
更新日
2012/08/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

春日井のマンホール

高蔵寺近辺で。
三つが近接して、セットになっていました。
中央に大きな井桁「#」の模様があるものと、
市章(桜のマークの中に小さい斜め#)の中に
「雨」や「汚」の文字があるものがあります。

#のマンホール
#の中央に「雨」の文字
#の中央に「汚」の文字
更新日
2012/08/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

鎖とクモの巣

水路への侵入を防ぐため、鉄の鎖を張っている場所。
それと同時に、クモの巣が同じようなかたちで
張り巡らされています。

鎖とクモの巣
別写真: クモ(拡大)

強度でいったら何桁も違うであろう二つの素材が
コラボレーションしているようにも思えます。
もちろん触れる時は、片方は堂々と強く、
もう片方は触れてるか触れてないか
わからないぐらいの強さになります。

タッチのダイナミックレンジの広さというものを
感じるよい機会だったと思います。
更新日
2012/08/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ペンギン

公園「ぺんぎんこうえん」の入口。
脇をビシッと締めるように気をつけをしていて
腕をなかなか離してくれなさそうではありますが、
そこを何とかお願いして握手しました。

「ぺんぎんこうえん」

Keyword: 握手
更新日
2012/08/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

藁の動物

藁で作った馬か何かでしょうか。
(最初は竜だと思っていました。)
素朴なつくりです。

藁竜

Keyword: 握手
更新日
2012/08/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

境界上の階段

先日の続きみたいな記事。
階段のど真ん中に境界杭がある状態です。
もちろん普通に打ち込んでは
通行人の邪魔になるだけでなく危険ですから、
回りと平面を合わせてツライチになっています。

階段の中央の境界杭

今回のツライチは、審美的な理由というよりは、
実用的な要請によるものでしょう。

そのせいかどうかは知りませんが、
先日のに比べるとやや精度が甘いようです。
階段の面より少し凹んだ状態になっています。
実用上問題なければ十分、ということかもしれません。
Keyword: 境界標, デカルトタッチ
過去の類似記事: ツライチ境界杭(2)(12/07/31)
更新日
2012/08/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ