なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

風に揺れる麻袋

コーヒーの麻袋です。
コーヒー店の室外機に掛けてあって、
風除けの役割を果たしています。

「CAFE LAVADO Y TRILLADO A MANO」

当然、風によって揺れますので、
動くディスプレイ看板としても機能しているようです。
誘うような動き、という言葉がぴったりでしょう。
スポンサーサイト
更新日
2012/10/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

水流風ガラスブロック

ガラスの壁に水を均一に流す仕掛けをよく見かけます
(アクアウォールと言うのでしょうか)が、
それをそのまま、二枚ガラスの間に閉じ込めて
瞬間凍結したような感じです。

アクアウォール風ガラスブロック

ガラスブロックでは定番の
「しかし、裏側だった」というテクスチャーです。
過去の類似記事: ジェルとその影(12/07/29)
過去の類似記事: 横縞ガラスブロック(12/04/17)
更新日
2012/10/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

キンモクセイ(2)

いつもだと真っ先に、香り高い花の部分に
触れてしまうところですが、説明文に
「葉は革質で全縁か先端部に細かい鋸歯があり…」
との記述があったので、葉っぱに注目してみました。

西日に透かして見るキンモクセイの葉

説明文のパネルは植物名が伏せられており、
めくって自ら確認するスタイルになっています。
別写真: 説明文(めくる前)説明文(めくった後)
過去の類似記事: キンモクセイ(07/10/10)
更新日
2012/10/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パンチングメタル+格子戸

一昨日に引き続き、マンションのゴミ収集場の
扉にパンチングメタルを使っているケース。
それに加えて格子戸となっていて、
強度アップだけでなく、より上品になっています。

「可燃ごみ」

一昨日の記事です。
過去の類似記事: パンチングメタルのモアレ模様(12/10/26)
更新日
2012/10/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

柱の足元

ビルの柱です。
工事で床タイルをめくっているため、
普段は見えない足元の部分が見えます。

隙間が見える足元

隙間に恐る恐る、指を少しだけ入れてみました。
万一この瞬間に地震が起きて柱が傾いたら…
と思うと、怖くて危険なタッチです。
過去の類似記事: 橋の継ぎ目(11/02/24)
更新日
2012/10/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パンチングメタルのモアレ模様

マンションのゴミ集積場の扉を
パンチングメタルにするのは流行なんでしょうか。
その扉が三枚重なって、モアレ模様を生成しています。

パンチングモアレ模様

今考えれば、扉を少しずつずらしていって
模様が移ろうのを楽しんでもよかったかもしれません。
過去の類似記事: メッシュドア(10/07/26)
更新日
2012/10/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

蛍光する車線規制看板

はがせる数字等の部分も含め、
全面が蛍光素材を使っています。
フラッシュで撮影すると全身が輝いて、
まばゆいばかりの看板となります。

「規制予定」

過去の類似記事: 採水口(消防隊専用)と蛍光色(07/12/08)
更新日
2012/10/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

講演「ユニバーサル・ミュージアムを目指して」

今日は南山大学のエクステンション・カレッジで
国立民族学博物館・広瀬浩二郎さんの講演
「ユニバーサル・ミュージアムを目指して
― 全ての人の好奇心のために― 」
を聞く機会がありました。

博物館では通常、「展示品にふれる」ことは
タブーとなっています。
これは資料の保存という点では当然なのですが、
その制約の中でも「さわる展示」への挑戦を
続けられています。

抹茶と砂糖のようなコケと砂
(今日は写真を撮っていません。
上記写真は、キャンパス内の植え込みの土の表面にあった、
コケと白い砂の混ざるテクスチャーです。)

今回の講演会の後ではワークショップがあり、
なんと南山大学人類学博物館の所蔵資料を
実際にいくつか触れることができました!

土器の重さに触れたり(逆に意外と軽かったり)、
石器のテカテカの部分とか薄い刃先の部分とか、
通常ならアンタッチャブルなものにたくさん
タッチしてきました。
目隠して触れるという体験も。
「うーん、これは土器かな~」と推測しながら
口縁部を手探りで見つけて指を突っ込んでみたり。

さて、
こんなブログを開設しておいて言うのもなんですが、
私は触れるということがあまり得意ではありません。
特に触感とか深く感じるいう話が大の苦手なのです。
それでも、今日学んだことをひとかけらでも
このブログに反映できたらいいなと思います。
これから、ゆっくりと時間をかけて。
更新日
2012/10/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

浄化槽の蓋

マンホールの蓋のように見えますが、
「SEPTIC TANK」とあるので、浄化槽の蓋でしょうか。
ただし下水道がないとは思えない地域(中区)なので、
現役ではないかもしれません。

噴水をあしらったメーカーのロゴ「HOTTA」が
中央を飾っていて印象的です。

「SEPTIC. TANK. NAGOYA. HOTTA.」
更新日
2012/10/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

編み椅子

背もたれの部分です。
縦目を交互に前後する横目のパターンを変えることで
模様を作っています。

椅子の網目模様

今回は、横目にスッと沿うような指スキャンです。
Keyword: パストレーシング
更新日
2012/10/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

スーパーのハロウィン飾り

ジャック・オ・ランタンが、法被を着ています。

「10月31日はハロウィンです。」

別写真: ジャックさんの手は発泡スチロール板
Keyword: 握手
更新日
2012/10/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

屋外スタンドライトの穴

お店を飾る、手作りっぽい照明です。
熱で開けたような、中央の穴に
指を突っ込んでみたくなります。

電灯の屋外カバー
更新日
2012/10/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

緑色の岩石の壁

壁のテクスチャーです。
緑色の岩石ですが、表面をツルツルに加工したのではなく、
個々の鉱石の粒々が生む凹凸が
はっきりわかるさわり心地でした。

緑色の岩石の壁
更新日
2012/10/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

束石(台形金具付)

この金具の部分を指で弾くと、いい音がするのです。

おそらく未使用の束石

Keyword: パーカッショナイズ
更新日
2012/10/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

赤囲み非常ボタン

エレベーター乗り場の非常呼出ボタン。
ボタンの四辺を赤いテープで囲まれています。
手作り感のある強調です。

「非常用」「非常のとき押しつづけると外部に連絡できます」「非常用ボタン」
別写真: 乗り場ボタン全景

ほかにも、「非常用」などと書かれたシールが
三箇所も張ってあり、ひょっとすると
誤押しのトラブルに悩まされているのかもしれません。

今回は、物理的な防壁を作るタイプではなく、
シールとテープで視覚的に目立たせる作戦のようです。
Keyword: アンタッチャブル
更新日
2012/10/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

グレーチングの切断面

道路のかたちに合わせて、斜めに切れています。
どんな工具で切るのかとか、
端面の処理はどうするとかはよくわかりませんが、
綺麗な切断面のように思えます。

斜めに切れたグレーチング
更新日
2012/10/16
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

駐輪場のチェーンロック(USB形状)

チェーンでロックするタイプの有料駐輪場。
チェーンの先っぽを機械に差し込むのですが、
差込口の形状が細い長方形で、USBみたいです。
(ただし、逆方向にも差し込めると思います。)

「213 差込口」

前に触れたチェーンロック(下記類似記事参照)は、
円形の断面をしているため、一つ弱点がありました。
それは、好奇心が引き起こすトラブルを防ぐため、
「指入れ厳禁」の注意書きが必要なことです。

その点、今回のは指を入れたくても
入らない形状になっており、
メーカーの工夫がうかがえます。
Keyword: ミミクリー
過去の類似記事: 駐輪場の「指入れ厳禁」(08/04/23)
更新日
2012/10/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

一本だけ紅葉する枝

季節の移り変わりを感じます。

フライング紅葉する枝
更新日
2012/10/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

点字に落書き

エレベーター非常ボタンの点字案内。
点字の凸の部分を縫うように、
鉛筆で落書きされた跡があります。

「ひじょーの とき おしつづけて ください」

もし点の間隔が指より大きかったら、
私もこんな風にパストレーシングして
ゲームにしてしまっているに違いありません。
「点字に触れたらミスになる」、よける系のゲームです。

実際は小さすぎますから、
爪を使ってちょっとまねてみる程度です。
Keyword: ゲーミフィケーション
更新日
2012/10/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ダブル測量鋲と「後退」

明示板にある「後退」の文字が気になりますが、
道路後退用地の意味でしょうか。
道幅が4mに満たない道路に面する土地では、
幅の不足分が後退用地として
実質道路扱いされる(建築物が造れない)
ような制度のようです。
今知ったばかりの単語なので、説明は自信ありません。

「後退」

二つ並んでいるので、「同時押し」をしました。
実際のボタン操作でもたまに見かける、
ちょっと自然ではない動作です。
裏ワザ的な操作や、誤押しを防ぐための操作、
通常はあまりない緊急時の操作を連想します。

Keyword: スイッチオン
下記は、過去にプレス機のスイッチを同時押しした例です。
これはおそらく誤押し防止を想定しているため、
ボタンが離れていて両手が必要です。
過去の類似記事: 産業技術記念館・ユニバーサルデザイン展(07/11/24)
更新日
2012/10/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

さわれる噴水

水たまりの周辺部から中央に向かって
噴水が出ていて、特に囲いなどもないので
さわることができます。

五箇所から放物線を描く噴水

やはり、指で水の流れをサッと遮るような
タッチをやってみたくなります。

その指を噴水口に近づけて
水を流れを塞ぐように試みると、
手ひどい反撃を受けることになります。

指で水流を遮る…つながりで。
過去の類似記事: 下向きの噴水(11/02/26)
水の出口を塞ぐ…つながりで。
過去の類似記事: 水場の小噴水(09/07/18)
更新日
2012/10/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ボタンと同じ上下表示

一見、非常呼出ボタンと上下ボタンが
極端に接近していて、誤押しの危険が…と思いましたが、
よく考えてみるとここはエレベーターの籠内。

「△▽」

△と▽はボタンではなくて、進行方向の表示です。
ボタンと全く同じ形をしています。
押してももちろん動きません。
そのすぐ上の呼出ボタンは…押すと動くので
決して押してはいけません。
Keyword: スイッチオン, アンタッチャブル
過去の類似記事: 非常ボタン平等主義(3)(12/05/25)
更新日
2012/10/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

エレベーターの△ボタン

大型の機械か何かに付いていそうな、
シンプルで丸くて黒い押しボタンです。
エレベーターっぽくない武骨さがあります。

「△」

「△」の刻印があるので、
上に行くとき用のボタンだとわかります。

照光式ではないので、かわりに上にある
小さいランプが灯るようになっています。

Keyword: スイッチオン
過去の類似記事: エレベーターの「下呼」ボタン(11/09/19)
更新日
2012/10/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

尖ってない上下ボタン

エレベーターの上下ボタンです。
ボタンそのものの形で上下を表すには
三角形のボタンが普通ですが、
かまぼこ状というかトンネルの断面のような
形状を使っています。
変わった形状の照光式押しボタンです。

かまぼこ断面状矢印ボタン

Keyword: スイッチオン
更新日
2012/10/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

回る立方体の看板

モーターでぐるぐる回る、スタンド看板です。


別写真: いつもの静止画

今回のタッチは、回転フレミングタッチと
言えばいいのでしょうか。
本来なら360度一周するまで追随したいのですが、
ちょっと気恥ずかしかったので、途中までです。
Keyword: フレミングタッチ
更新日
2012/10/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

豊田市駅の触地図

豊田市に行ったので、しばらくはそこで触れたものを。
豊田市駅の触知案内板ですが、全体に密度の低い
網点の凹凸で覆われているのが印象的です。
駅や建物は濃い網点です。

豊田市駅近辺の凹凸
別写真: マップ全体図

点字のドットはそれらの点群と対照的に、太めです。
点字にもボールド体とかフォントがあるんでしょうか。
更新日
2012/10/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

金属の女性

美容院のディスプレイ。
全身が金属でできた手作り人形が、
片手を挙げて案内しています。

金属の髪の女性
別写真: 全体像(遠景)

今回は失礼ながら、針金でできた金属製の髪の毛に
さわらせてもらいました。
これほど硬い髪先に触れる機会は、
おそらく今後もほとんどないでしょう。
もちろん、握手もお願いしています。
Keyword: 握手
更新日
2012/10/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

竹垣

本物の竹ではありませんが、
ランダムな高さににある節が
本物っぽさをかもし出している気がします。

竹垣風

節の高さはランダムですが、
階段状になっているところがあったり、
大きく段差があるところがあったりと、
偶然が生み出すリズムのようなものを感じます。

なんだか、自分の手をマリオに見立てて
節から節へとジャンプしながら歩き回りたくなります。
スーパーマリオのアスレチックステージみたいな
光景に見立てることができそうです。
Keyword: ゲーミフィケーション
更新日
2012/10/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

先住民としての境界標

おそらく、あとからレンガ舗装になったのでしょう。
境界標は動かすことができないため、
周りのコンクリートの「土地」を少し残して
そのまま残っています。

周りにビルが立ち並ぶ一軒家みたいな風景です。

レンガに囲まれる境界標

Keyword: 境界標, デカルトタッチ
更新日
2012/10/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ツルツル駐車場出口の坂

おなじみ、ビル駐車場出口の滑り止めテクスチャー
…と思ったら、何と滑り止めがありません!
むしろどちらかというと、塗装でツルツルしている印象です。
ところどころにあるタイヤ痕が生々しいです。

ツルツル駐車場出口
更新日
2012/10/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

駐車場のループコイル

コインパーキングで。
不思議なかたちの白線が描かれているようにも
見えますが、おそらく車両を検出する
ループコイルが下に埋まっているのでしょう。

ループコイルの経路

Keyword: パストレーシング
更新日
2012/10/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。