なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


ノーガードパトライト

駐車場出口のパトライトのシリーズ最後(4 of 4)。
今まで透明板の覆い付きに触れ続けてきましたが、
今回は無枠でノーガードの状態です。

ノーガードパトライト

今回は、存在しない立方体に対する
架空フレミングタッチです。
それではものにタッチしたことになりませんので、
立派な台座のほうに、通常のフレミングをしました。
Keyword: フレミングタッチ
更新日
2013/10/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パトライトとアクリル立方体(2)

引き続き駐車場出口のパトライト(3 of 4)。
先日同様に立方体のアクリル板で覆われています。
今回は赤色で、曇りガラス状の半透明。
直接光の眩しさを和らげるためでしょうか。
ただし上面は透明で、中身を覗くことができます。

赤い立方体枠のパトライト

Keyword: フレミングタッチ
更新日
2013/10/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パトライトとアクリル立方体(1)

先日に引き続き、駐車場出口のパトライト(2 of 4)。
やや黄色い、透明のアクリル板が覆いになっています。
枠のない立方体なので、純度が高い結晶のような
イメージになります。

黄色いアクリル板で覆われたパトライト

パトライトの光が枠で遮られないので、
大切な輝きがほぼ100パーセント、
死角なく発揮されることでしょう。
Keyword: フレミングタッチ
更新日
2013/10/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

パトライトと反フレミング派の角

駐車場出口のパトライトに立て続けに触れたので、
今日から4日間、記事に取り上げていく予定です。

アンチフレミング派のコーナー

ビル駐車場出口のパトライトは、
看板等に後付けで取り付けるパトライトと違って、
専用の立派な台や覆いが付随していることが
多いのが特徴だと思います。
音声出力装置(出庫時の警告音)も必要になるため、
駐車場設置業者さんがプランとして
セットで用意してくれているのかもしれません。

さて今回は、覆いを兼ねた立派な柱です。
柱の角の頂点の部分が少し尖るように出っ張っていて、
ちょっとした意匠になっているようです。

しかし、これは前に取り上げた、
フレミングタッチを妨げるようなかたちです。
きっと、世の中には反フレミング派というものが
一定数いて、フレミング派に対し
ささやかな抵抗を試みているに違いありません。

ではタッチしたくなくなるかというと逆で、
むしろチャレンジ精神をかきたてると言ってもいいでしょう。
要するに、良きライバルなわけです。
Keyword: フレミングタッチ
過去の類似記事: フレミングに挑戦する角(10/06/30)
過去の類似記事: 井桁状の枠(10/08/13)
更新日
2013/10/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

捨てられた(?)ペットボトル

思わぬところに捨てられているペットボトル。
今回は隙間にぴったり挟まっているわけでもなく、
風で簡単に吹き飛ばされそうな不安定な状態。

「伊藤園」

どうやら中に水が入ってるようです。
それで(見た目よりは)安定しているわけですね。
ふたが閉まっているので雨水が入るわけはなく、
そもそも捨てられたものなのかどうか
よくわからなくなってきました。
過去の類似記事: ペットボトルがフィットする看板の裏(12/01/30)
更新日
2013/10/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

縞鋼板上のペイント文字

オレンジ色のペイントによる禁止表示です。

「~禁止」

前に言っていた「比較」をやってみました。
すなわち、目をつぶって触れるだけで、
塗装面と非塗装面が区別できるでしょうか。
…時間がないせいもあって、よくわかりませんでした。
更新日
2013/10/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

滑り止めコンクリート模様

先日(13/10/03の記事)に引き続き、
コンクリートに櫛か何かで引いたような模様です。

コンクリートの素朴なすべり止め
別写真: テクスチャー拡大

今回は、ビル駐車場出口の坂。
斜めひし形の格子模様です。
ふつう坂道のすべり止めはもっと大きな模様ですが、
線状で浅い、肌理の小さな模様になっています。

過去に一度、個人宅(個人経営の店?)っぽいところで
より簡素で似たようなものがありましたが、
今回は立派なビルの地下駐車場です。
(ただし、奥のほうはもっとしっかりした
滑り止めになっているようです。)
過去の類似記事: 手製櫛引き滑り止め(13/02/18)
更新日
2013/10/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コンクリート枯山水

老舗和菓子店の両口屋是清。
お店の入口が枯山水みたいになっています。
「島」の部分を歩いて店内に入るかたちです。

枯山水の入口

とはいえ本物の砂利を使うと、
砂の上を歩いてしまう人が続出して
砂紋を引き直すメンテナンスが大変でしょうから、
コンクリートに櫛引模様をつけて
水の流れを再現しています。

過去の類似記事: 枯山水の砂紋(09/10/30)
過去の類似記事: 引っかき櫛引模様(12/09/12)
Keyword: グリッサンド, パストレーシング
更新日
2013/10/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

剣のように残る葉

虫に食われてしまった葉っぱです。
中央の軸(主脈・中央脈)だけが残っていて、
細身の剣のようになっています。
先っぽに触れるとツンツンして少し痛いですが、
丈夫ではなさそうなのでほどほどにします。

レイピア風に残る葉っぱ
更新日
2013/10/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ