なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

斜め切断によるプチスロープ

前回に続き、溝蓋の135度角の処理。
今回はコンクリート製の溝蓋です。

コンクリートの斜め切断によるスロープ(遠くから)

コンクリートごと斜めに切断してあります。
スリット状の刻みが何箇所か入っているのは
コンクリートカッターが付けたものなのでしょうか。

そして、切断面に近づいてみると…

コンクリートの斜め切断によるスロープ(近くから)

実はこれ、ちょっとしたスロープになっています。
上から見て斜めなだけではなくて、
横から見ても斜めに切断しているわけです。

もしかすると、隣のコンクリートとの
ちょっとした段差を避けるための、
細部まで気を使った配慮なのかもしれません。
こんなところにもバリアフリー!

道路のバリアフリーというものが
やはり問題になっているのでしょうね。
特に側溝は、段差に引っ掛かったり
表面が滑ったり穴に嵌ったり
といった危険と隣り合わせです。

もちろん道路を作る側もそれを認識されているようで、
「バリアフリー溝蓋」的なものも販売されているようです。

でも今回のは、既製品じゃなくて
手製(?)のバリアフリーであるところに
なんだか好感が持てます。
こういうところにも手作業の跡があると
嬉しくなりますね。

そういえば、過去に触れた溝蓋キャップも
バリアフリーの工夫なんですね。
過去の類似記事: 溝蓋キャップ(11/06/21)
スポンサーサイト
更新日
2014/07/31
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

結束バンドで結わえられる角

グレーチングの角。
整然したと縦横のラインも、
このような135度の角に対しては
何らかのかたちで妥協せざるを得なくなります。

結束バンドで結びつく角(遠くから)

今回のは苦労がしのばれるケース。
斜めに切断したのはいいのですが、
大きな隙間が開いてしまうためか、
金属製の結束バンドで結わえられています。

結束バンドで結びつく角(近くから)

さらに近づいてみると、
ほどけてしまった結束バンドや
過去に針金を使った形跡があったりして、
苦戦している様子がよりリアルに伝わります。

過去の類似記事: 鉄製側溝蓋(11/03/05)
過去の類似記事: グレーチングの切断面(12/10/16)
更新日
2014/07/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

松の鱗

名東区の牧野ヶ池緑地。
大きな松の木の樹皮です。
堂々たるテクスチャー。

大きな松の鱗

恐竜の鱗、とでも呼びたくなります。
と言ってもあくまで語感によるイメージで、
実際の恐竜の鱗がこんな風ではないとは思いますが。

園内の別のところには、赤い松の樹皮もありました。
赤い松ということは、やはりアカマツなんでしょうか。

赤い松の樹皮
更新日
2014/07/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

タッチパネル式自販機

イオン名古屋茶屋店にある飲料の自販機。
タッチパネル式のディスプレイになっています。
次世代型の自動販売機というやつでしょうか。

「選ばれた商品です」

商品はディスプレイ上に表示されていて、
これをタッチすることで商品が選べるようです。
通常の自販機にあるサンプルと違い、
立体でなくなるのがちょっと残念ではありますが。

そしてディスプレイならではのギミックとして、
商品に「おすすめ」とアニメーション表示されたり、
上3分の1のエリアに(多分広告の)動画が
表示されていたりします。

試しに、お金を入れずに商品にタッチしてみましょう。
上の写真をクリックして拡大するとわかりますが、
タッチした商品が選択されて枠で囲まれています。

このままお金を投入するとどうなるのでしょうか。
ひょっとすると、商品選択後にお金を投入するという、
通常の自販機とは逆の手順でも購入できて
しまうのかもしれません。

いつも通りお金を入れて確かめたりはしないので
実際はどうなのかわかりませんが、
もしそうなら、次のお客さんが知らずに
お金を投入したときに悲劇が起こります。

そう思った私は、慌ててキャンセルの方法を考え、
とっさに返却レバーを押してみます。
そうすると予想どおり、選択がキャンセルされ
元の状態に戻りました。

お釣り返却レバーが、パソコンのEscキーみたいな
役割を担っているわけですね。
この辺は説明されなくても直感的にわかる
という点も興味深かったです。
更新日
2014/07/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

消火栓放水中

真夏日の炎天下。
こんな時に消火栓が放水中だなんて、
粋な計らいだとは思いませんか。

消火栓という名の湧水

都会の湧き水と言っていいような冷たい水に
両手で触れて、一時の涼を楽しんでみました。
Keyword: 消防隊専用
更新日
2014/07/15
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

変圧器塔の角

歩道でよく見かける変圧器塔。
角の部分には、反射材を塗装してあるようです。

「変圧器塔箱」

視覚的に角を強調して(特に夜)
衝突から守るかたちになっていますが、
物理的な緩衝にはなっていません。
小さな衝突の痕跡がたくさんついていますね。
やはりクッション的なもののほうが安心感があります。
Keyword: デカルトタッチ
更新日
2014/07/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

駐輪場のタイヤ痕

ドラッグストアの駐輪場。
白い壁に向かって自転車を止める箇所です。
前輪が直立する壁に接触するかたちになるので、
壁にタイヤの跡がたくさんついています。

壁にタイヤの跡

地面に近いところは斜め向きで、
上に行くほど垂直に近くなっている
ようにも見えます。
また、上に行くほど密度が高くて、
地面すれすれなのは稀になります。
ハンドルを左右に思いっきり傾けると
下のほうに斜めに接触するのかもしれません。

今回の模様も触れてわかる類のものではありませんが、
いつも通りにタッチします。
更新日
2014/07/10
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

停電時洗浄ボタン

「環境に配慮した洗浄装置」をうたう木村技研製の、
水洗トイレの手かざしセンサー。
右下の凹んだ位置に、小さく
「停電時洗浄ボタン」というものが付いています。

「停電時洗浄ボタン」

やはり万が一にも水が流れないということは
重大な事態だとメーカーが認識しているのでしょう。
やはりバックアップシステムが必要ですよね。

このボタンは非常時に使われるボタンではありますが、
アンタッチャブルというわけでもなさそうですので、
水を流す時に押してみました。
(もしいけないのでしたらごめんなさい…)
凹んだ位置にあるので爪で押すような感じになりますが。

しかし、残念ながら作動しませんでした。
通常時は無効化されているのかもしれません。
Keyword: スイッチオン
更新日
2014/07/07
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。