なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

欄干の終端(2)

シリーズになるかどうかはわかりませんが、
橋の欄干の終端です。
今回のは角を丸めるような加工をしていません。
エッジが立っている円柱の底面状の端です。

円柱状欄干の端

Keyword: ターミナル
過去の類似記事: 欄干の終端(14/09/20)
スポンサーサイト
更新日
2014/10/29
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

隅切り境界標

おなじみ、交差点角を面取り(すみ切り)してできる
135度の角に合わせた境界標石です。

隅切り135度境界標

今回のは花崗岩で、通常の直方体型の標石の
角を面取りしてできたようなかたちです。
いわば、標石自身が隅切りされているわけです。
(隅切りされていない同素材の標石も近くに
ありました…写真は撮ってませんが。)

標石自身が持つ2つの135度角のうち
片方だけに矢印が示されており、
こちらが実際の角に一致するようになっています。
角から見ると非対称のかたちです。
Keyword: 境界標, フレミングタッチ
更新日
2014/10/26
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

余白の多いエレベーター

先日・一昨日の続きで小幡緑地。
ゆとりーとラインのエレベーターのボタンです。

小幡緑地駅エレベーターボタン(かご内)

かご内のボタンですが、
非常ボタン・階数ボタン・開閉ボタンが
それぞれ妙に離れていて、
一方で階数ボタンどうしは妙に近接しています。
余白の大きなレイアウトですね。
なんだか高級感が現れてきています。

ちなみに乗降口側のボタンには、前に刈谷駅で見た
「ボタンはていねいに押してください」
の張り紙がありました。

小幡緑地駅エレベーターボタン(乗り場側)

過去の類似記事: 「ボタンはていねいに押してください」(12/06/16)
Keyword: スイッチオン
更新日
2014/10/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

どんぐりがいっぱい

先日の続きで、引き続き小幡緑地。
何百ものどんぐりが木の根元に集まっています。

どんぐりがいっぱい!

宮沢賢治「どんぐりと山猫」の世界を彷彿とさせますが、
もちろんどんぐりが自発的に集まるはずもなく、
何らかの人の企みによるものでしょう。

果実の部分は中央に、
ぼうし(殻斗)の部分は周辺に配置しています。

これだけ一度にたくさんのどんぐりに
触れるという機会はなかなかないでしょうね。
更新日
2014/10/13
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ラップ巻きによる樹木の保護

小幡緑地。
ラップを巻かれた木がありました。
カシノナガキクイムシによる被害(ナラ枯れ)を
防ぐためのようです。

ラップを巻かれた木(1) ラップを巻かれた木(2)

そういえば散策路中に、朽ちた木の破片を
ときどき見かけたのですが、これらもひょっとすると
被害に遭った木なのでしょうか。

さてタッチですが(といっても傷つけるわけには
いかないのでちょこっとだけです)、
ラップと木の間にコケ類が生えていて
水を吸ったままの状態なので、
少しプヨプヨしてみずみずしそうな感触でした。
更新日
2014/10/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

駐車場出口の滑り止め

おなじみ、地下駐車場出口の滑り止め。
個人宅または個人経営のお店だったと思います。
手作り感のあるはしご状の模様です。
キャタピラの足跡みたい…と書こうと思って
画像検索したら必ずしも似てませんでした。

手作り感のある駐車場出口の滑り止め
更新日
2014/10/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

クッションで保護されるブレース

名古屋駅の建設工事中のところ。
人が通るところに鉄骨のブレース(筋交い)があるため、
コーナークッションのような素材で全体を巻かれています。

守られるブレース
別写真: 近くから(クロス部分)
更新日
2014/10/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

トイレの手すり

バリアフリー!って感じがする手すり。
赤く塗られた金属製で、安心感のある太さ。
有機的な階段状のウネウネラインは、
さまざまな位置で掴むことができる配慮でしょうか。

トイレのバリアフリー手すり
更新日
2014/10/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。