なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


プッシュピン・マグマ

久屋大通駅セントラルギャラリー。

プッシュピン・マグマ(遠くから)

このクマの絵は、近づいてみると…

プッシュピン・マグマ(近くから)

たくさんの画鋲(押しピン・プッシュピン)で
できているのでした。
プラスチック製でダルマ型でカラーのやつですね。
5万本以上の画鋲を使用し大きさは約4m。
プッシュピンアートとしては
「世界最大かも!?」と書かれています。

残念ながらというか当然ですが作品自体にはさわれません。
代わりに、鑑賞者と間合いを取るための鎖にでも触れてみます。
Keyword: アンタッチャブル
更新日
2016/05/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

マンションの壺

マンションのオブジェ。
衝立的な役割をする複数の壁の間から、
大きな壺が見え隠れするようになっています。

壺

あえて半分隠すような配置にすることで
雰囲気がよくなっているような気がします。
石の彫刻と違ってあまり頑丈なものではないので、
正面に堂々と置くと壊されそうな気もしますし。

しかし今回はタッチのため、壺の正面まで近づいてみます。

壺の中身

中には砂利が入っていました。
確かに重しがないと転倒しちゃいますからね。
更新日
2016/05/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

安全太郎

道路工事で見かける、自動で旗を振るお人形さんです。

安全太郎3人組

恒例の握手タイム。

安全太郎の手

指の部分に蝶ボルト付きの穴が開いていますね。
ここに旗などを差し込んで留めるのだと思います。
今回の握手は、穴に指を突っ込むという
ちょっと風変わりなスタイルになりました。
Keyword: 握手
更新日
2016/05/21
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

歩道橋のスロープ

歩道橋の自転車スロープ。
滑りにくい緑色の素材を使ってありますが、
経年劣化でひび割れ、下地が見えかけています。

歩道橋のスロープ

下地は縞鋼板だったんですね。
Keyword: テクスチャー
更新日
2016/05/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

野田藤

名城公園の藤。
残念ながら遅かったみたいです。
が、端っこのほうでまだ辛うじて咲いていました。

「野田藤」 藤(近くから)
更新日
2016/05/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

陶壁

日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)。
地下鉄金山駅から階段を昇っていくと
荒々しい陶器の壁が出迎えてくれます。

陶器の壁 陶器の壁(近くから)

ネットで調べると、加藤唐九郎さんのものらしいです。
といっても私にはピンときませんけどね。
とにかく、過剰なまでの立体感には好感が持てます。
Keyword: テクスチャー
更新日
2016/05/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

鳥の蛇口

フラリエ(旧ランの館)の庭園で。
蛇口をひねるバルブが鳥のかたちです。
水を出すには、尻尾を手に持つかたちになります。

鳥の蛇口

遠くからの写真(立水栓全体)。
鳥の蛇口(遠くから)
更新日
2016/05/03
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ