なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


信号柱

信号機の柱の土台部分。

信号柱(遠くから)

鉄の輪っかを重ねて作ったようなかたち。
土器を作るときに、粘土で紐を作り輪っかにして重ねますが、
そんな感じです。

信号柱(近くから)

近づいてみると、内部機器にアクセスできる
メンテナンス用の蓋もちゃんとあるようです。
Keyword: パストレーシング
更新日
2017/07/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

盲導犬の像

名古屋競馬場にある盲導犬の募金箱。

盲導犬

等身大の盲導犬の像がその上に。
色もそのままですし、毛並みの細かい具合まで
再現されていてリアルです。

ハーネスも本物なんでしょうかね。

ハーネス部分拡大

ハーネスには「KEIRIN」のマークが。
なるほどここは競輪場だから…
と一瞬納得してしまいましたが競馬場でしたね。
Keyword: 握手
更新日
2017/07/17
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

七ツ塚

前回の続きで桶狭間。

七ツ塚入口

何の変哲もない住宅街の、住宅と住宅の隙間。
矢印がないと見落としてしまうような細道を入ると…

七ツ塚

七ツ塚に到着しました。
信長が村人に戦死者を埋葬させたそうです。
今でも地元の方が供養しているのですね。

さて、今回は触れても大丈夫なのでしょうか。
(前回の件があるので慎重になってます…)

解説文を読むと、
「これを取り壊す者は、「たたり」があり、
命を失った者も居たそうです。」
とありました。
触れるだけならば問題なさそうですね。
でももちろん、失礼のない程度に。

七ツ塚解説文
更新日
2017/07/06
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

馬繋ぎのネズの木

緑区にある桶狭間古戦場公園。
ここにある枯れたネズの木は、今川義元が馬を繋いだ
木と伝えられているそうです。

ねずの木

ちなみに説明文によると、
この木に触れると熱病にかかるという言い伝えが。

ねずの木説明文

えっ!?
その文を読む前に触れてしまいました。
今回はうかつなタッチだったようです。

それから現在(いま記事を書いている日)まで
数日経っていますが、幸い何もありません。
更新日
2017/07/01
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

ページナビ