なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


矢勝川のヒガンバナ

今日は半田の新美南吉記念館に行ってきました。
近くにある矢勝川付近は「ごんぎつね」の舞台であり、
作品中の風景描写
墓地には、ひがん花が、赤い布のようにさきつづいていました。
にちなんで、堤防沿いに約200万本の
ヒガンバナが植えられているそうです。

堤防が一面の赤色に染まっていて、
少し離れて見れば本当に赤い生地みたいです。
残念ながら触れるという点では、一個一個
個別の花にタッチするだけなんですけどね。
巨大化でもして赤い絨毯の肌触りを
体感してみたい気分になります。

赤い布のような堤防
更新日
2009/09/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1029-b305f60d

ページナビ