なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


建築現場の枠箱

ビルの耐震工事か何かで。
中には何が入っているのかわかりませんが、
巨大な枠箱の中に何か建築材が入っているのでしょう。

触覚というより視覚を含めた問題なのですが、
前に述べたように、枠箱にフレミングタッチするのは
普通の箱に触れるのとは何か違う感触です。
面がないぶん辺が強調されているからでしょうか。
フレミングの三本の指が直接触れるのは、
面そのものではなく辺のほうですしね。
まあ、単にものめずらしいというのもあるでしょうけど。

枠箱と紙の二重梱包オブジェ

過去の類似記事: 日立三相モートルの枠箱(09/12/22)
前回のフレミングタッチ: 欠けたタイルの角(10/01/05)
更新日
2010/02/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1160-0a69ef6b

ページナビ