なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

電柱の陶器製マーク(2)

前に触れた電柱マーク(09/04/10)
番号が違うだけで、同じものです。
NCという記号が共通なので、
これを手がかりに会社名を検索してみると、
日本コンクリート工業製の電柱かもしれません。

「9-19-4<80>08NC-S」

中央のねじ切りしてある穴が相変わらず気になります。
さわりかたも前回とほぼ同じですが、
ネジになったつもりで小指をねじ込むように入れてみると、
ミミクリーになるということにあらためて気づきました。
しかも、小指にはねじ山の跡が残りますから(といっても
一回転分ぐらいですが)、インプリンティングの技法
の条件も満たしていることになります。

ネジ穴がタッチの技法の宝庫だったとは、驚きです。

過去の類似記事: 電柱の陶器製マーク(09/04/10)
前回のミミクリー: 電気たこ焼き器(10/01/08)
前回のインプリンティング: 穴あき金属板のベンチ(09/09/07)
更新日
2010/02/18
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 1
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

この銘板を制作している会社に勤めています。

ねじ穴は銘板を電柱に取り付ける工程で必要なもののようです。
数字は電柱の長さや太さなどを表しています。

自分が担当している銘板に会えるとは思っていませんでした。

投稿日
2016/10/05
投稿者
yosi
URL
URL
コメントの編集
編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1173-a3b79983

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。