なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


破れた結界(立入禁止テープ)

舗装ブロック一枚分の狭い区画を工事して、
表面をセメントで覆ったようです。
塗りたてのコンクリートに足を踏み入れないように、
正方形で「立入禁止」の黄色いテープが囲ってありました。

街なかに一時的に現れる立入禁止の区域って、
一種の結界みたいですね。
工事業者の人がテープを正方形に張って
おそらく呪文か何かを詠唱することで、
進入を妨げる不思議な力が働くのです。

しかし、もうコンクリートは十分乾いているので、
結界も役目を終えたのか、
テープの一辺もはがれてしまっています。

「立入禁止 入らないでください」(壊れている)
別写真: 近くにまだ有効な正方形の結界が

実は、写真右上を拡大してみると(別写真)
何者かが侵入した形跡があるようです。
つまり、結界を破る特殊能力を持つ者が、
塗りたてのコンクリートに足跡を残したのでしょう。

過去の類似記事: 塗りたてコンクリート(2)(08/02/27)
過去の類似記事: コの字形フェンス(10/02/07)
前回のデカルトタッチ: 防草シートとホトケノザ(10/03/03)
更新日
2010/03/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1206-e9a90f87

ページナビ