なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


周辺緑化する壺庭

路面上の切断されたポール切り口などに
雑草が生えてできる小さな庭のことを
壺庭と呼びますが、今回のは円柱ポールが
入れ子になっていて、外の円と中の円の
間の部分だけ緑で覆われています。

内側の円は切れ目のあるC字形なので、
このまま植物が中央部まで浸潤しても
よさそうな気もしますが、中央部は
踏まれやすくて草が生えないのかもしれません。

一種の周辺緑化ですよね。
周辺緑地と中央砂漠地帯の境目に触れてみました。

外周部の壺庭

過去の類似記事: 入れ子パイプ(07/01/04)
更新日
2010/04/19
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1233-6a22d0d0

ページナビ