なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


「おいしいコーヒーの真実」の豆

映画「おいしいコーヒーの真実」のDVDや
フェアトレード関連のイベント等のPR用オブジェです。
映画の公式サイトによると、一杯330円のコーヒー代のうち、
実際に農家に届くお金はわずか3~9円だそうで、
日給0.5ドルで働く現地の人々なども紹介されています。

このオブジェは、普段飲んでいるコーヒーが
多数の低賃金労働者によって支えられているという
ことを、少々コミカルに示しているのだと思います。
コーヒーカップに入っている食品サンプルのコーヒーが
光沢たっぷりで、妙においしそうなのが皮肉です。

「こちらのコーヒー、チョコレートは展示用見本です。」

が、そういう社会的な話は別にして、
こういう通常ではありえない不安定なオブジェを見ると、
少し触れてみたくなるのはいつものことです。
さすがにコーヒー表面は触れてはいけないでしょうから
(すでに指紋が付いていましたが…)、
豆のほうを、そーっと指でつついてみました。
更新日
2010/05/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1248-1a5f9030

ページナビ