なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


階段の手すり子

階段の手すりです。
手すりを支える等間隔の柱が、Cの字に曲がっています。
(こういう柱の名称が相変わらずわからないのですが、
手すり子・バラスターというのでしょうか。
ただし、装飾のある石柱とは違い単なる金属棒です。)

この曲線によって優雅な感じがするのはいいのですが、
手すりがカーブする部分では柱の間隔が
極端に狭くなって窮屈そうになってしまいました。

指も入らないほどの隙間。
入れてみたくなりますが、無理は禁物です。

間隔が狭くなるバラスター
更新日
2010/08/23
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1359-adabb375

ページナビ