なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


木村崇人「星の住む部屋」

再びトリエンナーレの作品。
天井にある光源が星の形になっていて、
麦わら帽子や葉っぱのある木の枝などをかざすと、
隙間から漏れる光がすべて星の形となって
影の中に現れます。

ちなみに星の光源はよく見ると回転しています。
また、麦わら帽子などは事前に用意されていますが、
もちろんそれ以外のもの、
たとえば自分の手で影絵を作ったりすると、
指と指の隙間から漏れる光が星になるのです。

展示されているのは小さな部屋の中ですが、
8月には名城公園の藤棚とクレーンで吊るした
光源を使った、大規模なイベントもあったようです。

麦わら帽子の星の影
別写真: 麦わら帽子
更新日
2010/10/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1425-7c05c147

ページナビ