なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


下見板

板壁の張り方で、こんなふうに横板を
少しずつ重ねてゆくものを、下見板と呼ぶそうです。
たまたま近くで似たような構造を立て続けに見つけたので、
気になって触れてみるだけでなく、
名前も調べてみたくなりました。

「ニビシみそ」
櫛引仕上げ下見板

二枚中、上の写真は、大須二丁目酒場というお店です。
防腐加工した黒い木板とレトロ看板が
懐かしさを醸し出しています。
下のビルは、木板でなくて左官壁ですが、
下見板ふうのかたちを使っています。
こっちはちょっとモダンな雰囲気になりますね。
更新日
2011/07/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1675-33f1bc09

ページナビ