なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


ガラスと金属の間

階段の手すりの、落下を防止する面がガラス板です。
金属の柱と接続する部分に、ゴムが挟まっています。

直結してたらガラスが傷つくのは明白ですし、
ガラス本体は透明なため接点が目立つので、
緩衝という役割がわかりやすい例です。

円状のゴムが挟まっている

ものとものとが触れ合う場所シリーズ。
私もその部分に触れてみるというのが、
ルールになっています。
過去の類似記事: ホームドアの戸先ゴム(11/07/18)
更新日
2011/08/22
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1723-77f30151

ページナビ