なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


多目的トイレのスイッチ群

多目的トイレの、スイッチが並ぶ箇所。
トイレの制御卓(コンソール)と言っていいような様相です。

「流水音」「便器洗浄」「呼出」

流水音とその停止ボタン、便器洗浄ボタンと
非常呼出ボタン(紐付き)の、計4つのスイッチがあります。
なぜか流水音の起動スイッチだけ、
非接触式の手かざしセンサーなんですが、
これだけ方式が違うのは何か理由があるんでしょうか。

衛生上の理由で非接触式にするならば、
便座洗浄ボタンのほうこそふさわしいような気もします。
こちらのほうが使用頻度が高いと思いますし。

操作に迷いがなく確実に動作するという点で、
洗浄ボタンを通常式にしたのかも知れません。
確かに、流水音が鳴らなくても大事ではありませんが、
水が流れなくなったら、トイレとしては重大事故です。

ちなみに下記の記事は、便座洗浄ボタンが
非接触式になっている例です(流水音は非装備)。
過去の類似記事: 電車内トイレのスイッチ(07/03/25)
前回のスイッチオン: 基準点測量鋲(11/05/20)
更新日
2011/09/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1736-a7553b99

ページナビ