なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


櫛状の滝

名古屋インターシティーで。
櫛状に水が流れ落ちる仕掛けですが、
一部がガラスの裏面に張り付いたまま
水滴となって流れています。


別写真: 静止画

水の流れる表面をテクスチャーと呼ぶのは
さすがに無理があるかもしれませんが、
広い意味で、テクスチャーが裏面に存在するために
触れたくても触れられない例になるでしょう。
過去の類似記事: 地中埋込アッパーライト(11/08/17)
更新日
2011/09/09
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1741-726697e4

ページナビ