なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


風化が著しい境界標(2)

削れて角が取れつつある境界標です。

駐車場の角に当たる境界標(遠くから)
別写真: 遠くから

周りの状況(上記別写真参照)から推測するに、
ここにかつて建物があったのが取り壊されて駐車場になり、
その日から車が出入りするようになったのでしょう。
繰り返し訪れる車のタイヤに踏まれながら、
徐々に身を削られていったのかもしれません。

急な環境の変化に耐えられなかった姿だと思うと、
見ててつらいものがあります。
過去の類似記事: 風化が著しい境界標(11/05/05)
前回のデカルトタッチ: 緑色の岩の壁(11/11/03)
更新日
2011/11/08
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/1801-7f089463

ページナビ