なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


非常ボタンのミニマルな差異

おなじみ、エレベーターの非常呼出ボタン。
今回のは、形状は他のボタンと全く共通で、
ボタン外周に枠が付くことで特権化されています。

「TOSHIBA」「1↑」

わずかな違いですが、この枠で「間合いを取る」ことで
誤押しを防ぐ効果があるのだと思います。
前に述べた「凹ませる」と同じです。

今回の非常ボタン特権は、「赤くする」とか
「カバーで保護する」とかに比べると、大変控えめです。
非常ボタンのミニマリズムといえるかもしれません。
過去の類似記事: 非常ボタンの技法「凹ませる」(2)(12/06/21)
前回のアンタッチャブル: 赤い非常呼び出しボタン(12/06/22)
更新日
2012/07/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2016-18b5bceb

ページナビ