なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


セパ穴

打ち放しコンクリート壁にある丸い凹み。
これはセパレータ(型枠を支えるために通す金属の棒)
の穴で、セパ穴と呼ぶのだそうです。

閉じたセパ穴
開いたセパ穴

上のは通常の、塞いである穴です。
下のは詰め物が取れたのかわかりませんが、
セパレータの棒が見えてしまっています。
錆びてますけど大丈夫なんでしょうか。

一度名前を知ってしまった以上は、
おへそみたいに気になって
指で押したくなる部分です。
過去の類似記事: 木目模様コンクリート壁(12/08/12)
更新日
2012/09/05
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2072-4b0d6c9b

ページナビ