なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

角の最前線に立つ境界標

狭くて交通量の多い交差点の角。
車の衝突が怖いので、その対策がとられています。

建物から遠くて踏まれる境界杭

今回のは、建物を角から離し、
さらに花壇を緩衝地帯として設置し、
その花壇の角もRをつけて円弧状にすることで
とにかく危険な角とは距離を置く方針のようです。

しかし、それで割を食ってしまったのが
角の最前線に立つ境界標です。
車に踏まれて角が取れてしまっています。
路肩ブロックもひびが入り、傾いてきています。

やはり角は危険な場所です。
前に述べた、bleeding edgeという言葉を
思い出さずにはいられません。

過去の類似記事: 風化が著しい境界標(2)(11/11/08)
過去の類似記事: 交差点角の保護ブロック(12/07/16)
Keyword: 境界標, デカルトタッチ
更新日
2012/09/11
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2078-7c62dd3e

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。