なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


透明パイロン

風化するパイロン。
写真がわかりづらいですが、
パイロンのてっぺんと足元だけが現存する状況で、
てっぺんは金属の棒によりその位置を保っています。

草生す場所のパイロン

かつて中間の部分だったところには、
草が生い茂っています。
消滅と新たな命の誕生が一つの場所に
同居している…というと重々しく聞こえそうですが、
透明になることによるスッキリ感と
夏草の雰囲気が重なって、むしろ
すがすがしさを感じるような気がします。

タッチは、その透明になったパイロンの部分です。
過去の類似記事: 中が抜けたパイロン(08/11/27)
更新日
2013/07/30
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2211-02f8ee3a

ページナビ