なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

福島第一さかえ原発

トリエンナーレ2013開催中の愛知県芸文センター。
各階の壁や床に、黄色いテープなどで
大きな図形が色々描かれていますが、
これは宮本佳明さんの作品なのです。
福島第一原子力発電所を原寸大で
再現しているんだそうです。

福島第一さかえ原発

写真はコンサートホールの階の辺り。
同心円はたぶん圧力容器の壁で、
その中にある一つ一つの小さな丸が
燃料棒(の断面)を表しているのでしょう。

線を引いただけの「図面」とはいえ、
自分の足元に原寸大の原子炉がある
(しかも触れることまでできてしまう)というのは、
少なくともニュースで見聞きするだけの状態と比べると
ずいぶん生々しい感触になります。
更新日
2013/09/14
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2223-6330cb2a

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。