なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


彫刻「旅人の柱」

今日は久々に豊田市に行ってきましたので、
そこで触れたものをいくつか。

今回は、豊田市美術館の庭にある
彫刻「旅人の柱」(Traveller's Column)です。
作者はアルナルド・ポモドーロ(Arnaldo Pomodoro)さん
だそうです。

旅人の柱・前から(全体)

磨かれたブロンズの円柱に裂け目みたいなものがあって、
近づいてみると…

旅人の柱・前から(近く)

こんなふうに、梯子に見立てて二本指で
登ってみたくなるようなかたちになっています。
この作品を塔と見立てるなら、
クレイジー・クライマーみたいなもんです。

ちなみに裏側の裂け目はもっと大規模で
(わざわざ裏側に回った人だけに見せてくれる
サプライズがあるのがいいですね)、

旅人の柱・後ろから(近く)

もしかしてこの塔は、たくさんの人が中で過ごす
巨大都市タワーなのではないかというような感じです。
Keyword: グリッサンド
更新日
2014/06/25
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2291-05aeaafb

ページナビ