なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新日
--/--/--
カテゴリ
スポンサー広告
この記事へのコメント
トラックバックはこちらから

欄干の終端

黒川の人道橋、田幡橋。
橋の欄干というか手すりは太い円形パイプ状で、
端っこは丸く収めてあります。

欄干の終端
別写真: 遠くから(親柱)

今回は、端っこに触れてみましょう。
でもクモの巣が張ってあるようなので
なでなでするようなことはできないのですが。

端っこに触れるというタッチのかたちは、
今までも何度かあったと思いますが、
これを機会に新しく名前を付けてみてもいいのでは。
さしずめ、「ターミナル」と呼んでおきましょう。

もちろん、
今までのフレミングタッチやデカルトタッチも、
ものの角ということは端っこですから、
ターミナルの一種ではあると思います。
しかし、基本的には一次元的なものの
端っこに触れることを指すことにしましょう。
要するに、終端の次元数と名前が対応して、
1次元 … ターミナル
2次元 … デカルトタッチ
3次元 … フレミングタッチ
となるわけです。
更新日
2014/09/20
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2318-b84c751f

ページナビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。