なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


ジェゴグ

本日はジェゴグ(竹のガムラン)を聴きに行きました。
矢場町のフラリエ(旧ランの館)のオープニングイベントで、
名古屋音楽大学のスカルサクラによる演奏です。

ジェゴグ・アンサンブル全体

ちなみに特等席は「楽器の下」だそうで、
最後の曲では実際に我々観客が
楽器の下にもぐる機会を与えてくださいました。
大地を揺らす圧倒的な響きに触れることができます。

ジェゴグ・下から

コンサート後には、ちょこっと楽器を鳴らすことも
できました。

ジェゴグ・演奏台

演奏者さんの説明によると、
ジェゴグは四音音階です(ガムランは通常、五音音階)。
八本の竹筒は、n本目とn+4本目が同じ音なのですが、
この二つは少しだけ音高がずらしてあって、
同時に鳴らすとそれがうなりとして聞こえるのだそうです。
更新日
2014/09/27
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2320-7d831331

ページナビ