なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


擬態するドア(2)

前回の続き。
今回は立派な大理石の壁に擬態するドアです。

大理石擬態ドア(遠くから)

これってどうなっているんでしょうかね。
通常のドアを大理石でカバーしているのかも…でも
だとすると石の厚みはいかほどなんでしょうか。

近くからだとこんな感じ。

大理石擬態ドア(近くから)

金属製の取っ手と鍵穴部分は
若干余裕を持たせて大きめの円形でくり抜いてあるので、
背後に潜んでいる素材が隙間から見えそうな気がしますが、
凹んでいるだけでやはり大理石でした。
なかなかスキを見せてくれません。

前回の記事: 擬態するドア(16/07/21)
過去の類似記事: 壁に擬態する扉(09/10/13)
更新日
2016/08/12
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2456-91c20bac

ページナビ