なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


木製シートの背もたれ

引き続きあいちトリエンナーレ。
トリエンナーレは美術作品の展示だけでなくて、
様々な講師を呼んでのレクチャーも多数開催しています。

それで、レクチャーの部屋の椅子。

木製シートの背もたれ

ほとんど木の板をそのまま使っていますね。
前回の記事で見た「都市の木質化プロジェクト」の
一環なのでしょうか。

座り心地の問題はどう解決しているかというと、
座面の部分についてはクッションを貸出してくれます。
背もたれの板の縁の部分はどうしているかというと、
パイプ状のクッション素材を使っているようです。

当ブログおなじみの、フレミング角に対する
L字形のコーナークッションがありますが、
あれをC字形(切り込みが入った円)にしたかたちです。
前回の記事: おもてなしベンチ(16/09/30)
更新日
2016/10/02
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/2470-0c23320f

ページナビ