なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


彫刻『切れた2本の信号』

歩道にある変圧器塔の上になぜか設置されている、金属製の彫刻です。
(もうすこし引いて撮った写真はこちら)
パイプや棒を何重にも入れた太いパイプをスパッと切って、断面を見せています。
円が対称的に重なる姿はマンダラを想像させます。

そういえば前にタッチした入れ子塩ビパイプもちょっと似ています。
ただし非対称なんでマンダラっぽくはないです。

「『切れた2本の信号』 1992年 八木麟太郎」

更新日
2007/10/04
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/305-eb64b2fb

ページナビ