なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


ひと皮むけたパイロン

長年の雨風や直射日光にさらされた結果、
パイロンというものは劣化してしまうのですが、
ここにあるのは劣化したパイロンの中に新しい
パイロンを差し込んで型崩れを防いだのでしょう。

まるでパイロンの皮がむけて脱皮したように
見えるといえば少々大げさになりますが
(中身があまり新しくないので)、
そんなふうに見立てると面白いです。

日焼けでむけた皮が気になるのと同様に、
むきたいけどむかないほうがいいという
もどかしさを感じながら触れてみます。

夕日にパイロンの皮が透ける
更新日
2008/09/24
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/661-80e21c81

ページナビ