なんでもタッチ!

ルール: 街じゅうのいろいろなものに、手で触れる。


排煙装置のボタン(2)

前にも触れた(07/04/02)、排煙装置のボタン。

なんと、普通のスイッチなのです。

「排煙装置 Cablex」「開」「停」「閉」

「開」ボタンが赤く塗られている以外は、
電気ポット等の家電製品のボタンと変わりません。
そして、何より違和感を覚えたのは、
非常ボタンならではのカバーがないことです。
これでは非常っぽさが感じられないではないですか。
(比較写真: 近くにあった別の排煙ボタン)

誤って押したとしても被害が少ないからなのか、
通常時でも換気のため開閉を行うからなのか、
カバーをいたずらで破壊されるのを見越してなのか、
理由はわかりませんが、ある意味スマートです。
「非常用」が醸し出す緊張感も和らぎますしね。
ただし、うっかり壁にもたれかかったときなどに
間違って押しそうな、別の緊張感が生まれてきます。

例によってボタンに触れるのですが、
今回は誤って押したら大変ですから、
いつもより慎重に、羽のようなタッチをしました。
こうやって触れてみると、あのプラスチックカバーが
とても頼もしい存在に感じられてきます。

今回はタッチの技法「スイッチオン」には
含まれなさそうです。
更新日
2009/07/28
カテゴリ
ふれる
この記事へのコメント
コメント : 0
トラックバックはこちらから
トラックバック: 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURI
http://toucher.blog82.fc2.com/tb.php/968-ec5c9111

ページナビ